都市ガイドオランダ、ベルギー・フランダース地方の主要都市の紹介

マーストリヒト

マース川沿いに発展したローマ時代から続く、オランダ最古の都市は、オランダ最南端のリンブルグ州の州都でもあり、ベルギーとドイツの国境に接しています。文化の交差するヨーロッパの十字路は、EU欧州連合の創設を定めたマーストリヒト条約(1992年)が調印された場所として一躍知られるようになりました。教会や城壁が続く歴史的な街を散策すると、オランダの西部の都市にはない独特の雰囲気が感じられます。丘陵地帯に広がる果樹園が美しい景観を作り、郷土料理も豊富。美味しいレストランに恵まれ、グルメが集まる町として知られています。

マーストリヒト ワイナリー ワイン畑 郊外 オランダ

ランドマーク

フライトホフ広場 Vrijthof
マーストリヒトの中で最も活気のある広場です。古い石畳が敷かれ豊かな緑が生い茂る美しい広場は、中世の時代から聖セルファースの墓を訪れる巡礼者で賑わってきました。広場の周りには気持ちのいいカフェやレストランが集まり、様々な文化イベントが開催されます。

マーストリヒト フライトホフ 広場 オランダ

聖セルファース教会
フライトホフ広場に面した聖セルファース教会はロマネスク様式の教会。聖セルファースは4世紀にマーストリヒトにやってきた最初の司祭です。死後、埋葬された場所に、現在の聖セルファース教会の礎となる小さな木のチャペルが建てられました。聖人セルファースの墓に敬意を表すため、多くの巡礼者たちがこの教会の宝物殿を訪れます。オランダのなかでカトリック信者が多く残る南部に位置するマーストリヒトには、いまも多くの教会と大聖堂が2つあります。

聖ピータースの砦と地下通路
マーストリヒトは、マース川沿いの戦略的に重要な位置にあったため、古くから幾度も包囲攻撃や外敵の侵入を受けてきました。そのためこの町では、7世紀にわたり町を包囲する市壁、城砦、防護壁を建設し続けました。5,000人の兵士を収容できる長大な地下迷路も町の防護の一環として作られました。なかでも1701年から1702年にかけて建設された「聖ピーターの砦」はその最も重要な部分。砦の内部をガイドと共に見学できます。マーストリヒトの観光案内所(VVV Maastricht)で予約しましょう。

マーストリヒト 聖ピータースの砦 ツアー オランダ

ミュージアム

ボネファンテン・ミュージアム Bonnefanten Museum
マース川沿いの旧工業地帯に立地し、13世紀から近現代の芸術作品まで幅広い時代のアートコレクションを収蔵、展示する美術館。常設や企画展のすばらしさはもちろん、イタリア人建築家アルド・ロッシの設計の空間と光が織りなす素晴らしい建築も見逃せません。

マーストリヒト ボネファンテン ミュージアム 建築 オランダ

郊外の町と3国の国境点

ファルケンブルグ Valkenburg
マーストリヒトの郊外にある村、ファルケンブルグの正式名称は、ファルケンブルグ・アーン・デ・グル(Valkenburg aan de Geul)。小さな村ですが「シャトーホテル・セント・ヘルラーヘ(Chateau St. Gerlach)」やスパ「テルメ2000(Termae 2000)」、レストランなど観光施設が揃い、居心地のいいリラックスした休日が過ごせます。11月下旬から12月下旬にかけて行われるクリスマスマーケットは、石を切り出した跡にできた洞窟で行われる冬の人気イベント。ファルケンブルグの鉄道駅はオランダ最古の駅舎です。

ファールス Vaals
マーストリヒトの東にオランダの最高地点(標高322m)のファールスがあります。ここでオランダとベルギーとドイツの3つの国の国境が交わります。3国の国境が交わる地点には目印の石があり、たった数歩で3か国周遊ができます。近くに展望台があるので、3つの国の景色を一望のもとに眺めてみましょう。マースリヒトからバスで50分。

ファールス 展望台 国境 オランダ

ページトップへ