都市ガイドオランダ、ベルギー・フランダース地方の主要都市の紹介

【都市ガイド】オランダ

オランダの正式国名は「オランダ王国」、英語ではKingdom of the Netherlandsと表記します。オランダ語ではKoninkrijk der Nederlanden「ネーデルラント」といいます。「ネーデルラント」は低い土地という意味で、古くからベネルクス3国 の地域がこう呼ばれてきました。日本語の「オランダ」に由来するHollandは西海岸にある「ホラン ト」と呼ばれる一部の地域の呼称です。歴史的に大きな役割を演じてきた「北ホラント」と「南ホラント」の2州の名からきています。オランダにはチューリップ、風車、チーズ、木靴、運河、絵画の巨匠、デルフトブルーの陶器、治水事業や自転車の普及などたくさんの分野で世界的に知られるアイコンがあります。日本の九州ほどの国土と約1700万人の人口という小さな国ですが、多彩な魅力を放っています。日本の皆さまをお待ちしています。ぜひオランダへお越しください。

世界遺産 ベームスター干拓地のチューリップ畑

世界遺産 ベームスター干拓地のチューリップ畑

チューリップ、春の球根花
トルコ原産の小さな花はオランダに持ち込まれたときにその人気から価格が高騰。家1軒の値段と取引されるなど世界初のバブル景気を引き起こしました。品種改良のおかげでたくさんの色とりどりの花が生まれ、春ともなれば、西海岸を中心に満開の頃を迎えます。チューリップやヒヤシンスは、オランダの風景を色彩豊かなタペストリーへと変化させます。

風車
古来からある風車を最もよく活用したのはオランダ人と言われています。平地の国オランダでは風が常に吹くという好条件があり、製粉、製材、揚水、製紙、製油などの動力として使える風車はそれこそ国中に作られました。最盛期では1万基あったといわれ、現在は動力としての用途は終えたものの、オランダの風景になくてはならないものとして約900基が残されています。
詳しく読む

運河
低地のオランダは干拓によって国土の1/4が造られました。干拓地以外の土地も海や河川に挟まれ、水をいかに上手くコントロールするかが大きな課題としてありました。そこでオランダの街づくりに欠かせないのが水路や運河です。アムステルダムをはじめ、ユトレヒト、デルフト、アルクマール、ライデンなど多くの街の中心に運河が築かれています。水位をコントロールするだけでなく、物流を支えた運河は街にとってなくてはならないものでした。また水が放つ光や優しさは、都市の景観に優美さを与えています。

絵画の巨匠
光と影の技法で知られるレンブラント・ファン・レイン、主に親密な室内空間を描いた静謐の画家ヨハネス・フェルメール、風俗画の世界を構築したヤン・ステーン、生き生きとした肖像画で知られるフランス・ハルスなど、オランダの画家達は16世紀と17世紀にかけてその名を世界に轟かせました。オランダ絵画の黄金時代と呼ばれています。
また近代に入ってからは、紆余曲折の青春時代とその後のたった10年の画家生活で沢山の傑作を残した画家フィンセント・ファン・ゴッホやデ・スタイル派を世に知らしめたピート・モンドリアン、グラフィックデザインの世界にいまも大きな影響を与えているM.C.エッシャーなどを輩出。

建築とデザイン
20世紀から現代にかけては、G.T.リートフェルトをはじめ多くの建築家やDroog Designブームを皮切りにプロダクトデザイナーたちが斬新な作品を発表し、建築・デザインの世界に影響を与えてきました。

自転車
オランダでは自動車が飛躍的に増えた1970年代以降に、政府によりにサイクリングが奨励されてきました。いまや3万キロ近い自転車専用道路が国中に張り巡らされ、1人あたり約1.1台の自転車保有率は世界一を誇ります。国の政策に後押しされ、また平坦な土地柄、サイクリングが容易であったオランダでは日常から余暇まで、サイクリングの人気が大変高いものとなっています。オランダ人は自転車に乗って生まれてきたと言われるほど。旅行者もこの恩恵にあずかり、気軽に安全にサイクリングを楽しむことができます。
詳しく読む

伝統工芸
16世紀以来、デルフトの街で生産されている世界的に有名なデルフト焼は、中国や日本の影響を受けています。その独特の藍色からデルフトブルーの愛称で親しまれてきました。最盛時にはデルフトに33の工房が存在していましたが、現在まで残っているのは「ロイヤル・デルフト」ただ一つとなっています。詳しく読む
オランダを代表するもうひとつの工芸品に木靴があります。湿気に強く冬温かく安全靴の代わりになる木靴は長年オランダ人の愛用の品でしたが、現在は安全靴の代わりとして農家などで愛用されるのみとなりました。 25の木靴職人がいます。典型的なオランダのお土産として好評です。

チーズ
考古学的発掘により、オランダの国土では何千年も前からチーズが作られていたことが証明されています。ジュリアス・シーザーの戦記にも書かれています。典型的なオランダのチーズは直径60cmほどの丸くて黄色いもので、中世頃から外国にも輸出されるようになりました。熟成半年ほどのフレッシュな若いヤングと1年以上の風味の強いオールドに大きく分かれます。チーズ取引の中心だったゴーダ、エダム、アルクマールではいまでも中世さながらのチーズ取引きの様子を再現したチーズマーケットが行われています。

※オランダの社会や経済など国全般については、在日オランダ大使館のウェブサイトをご参照ください。

ページトップへ