都市ガイドオランダ、ベルギー・フランダース地方の主要都市の紹介

【都市ガイド】フランダース

べルギー(正式名称 ベルギー王国、オランダ語 Koninkrijk België、フランス語 Royaume de Belgique、ドイツ語 Königreich Belgien と表記され、英語では Kingdom of Belgium )は九州より少し小さいサイズの国土に約1130万人の人が住んでいます。EU(欧州連合)の主要機関が置かれている首都ブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は、EUの首都とも言われ、政治的、経済的にヨーロッパで重要な場所です。1830年にネーデルラント連合王国から独立。オランダ語の一派であるフラマン語が公用語の北部フランダース地域と、フランス語が公用語の南部ワロン地域とに大きく分かれ、またドイツ語が公用語の地域もあります。

(c) O.van de Kerchove

(c) O.van de Kerchove

北部のフランダース地方に住む人々はフランダース人と呼ばれています。主要な街は中世の繁栄の面影を色濃く残し、美しい建築、運河、ミュージアム、ベルギービールが飲める心地よいカフェが旅行者を迎えます。郊外には、緑の丘を縫って広がる長閑な道と静かに流れる運河と農園が織りなす優しい風景が広がっています。 都市部には、石畳の道、ベギン会院、ゴシックスタイルの大聖堂、ルーベンスやブリュ―ゲルといったフランドル派の画家からアンソール、マグリットなどの近代画家まで、世界に知られた珠玉の作品を観賞できる美術館があります。こうした歴史や素晴らしい建築を楽しむのはもちろん、マーケットで掘り出し物を探したり、ギャラリーと呼ばれるショッピングモールを冷やかしたり、時代の先端を行くシェフの料理を味わったりと、旅行者の楽しみは尽きません。

ビール

ベルギーは、中世のころからビールの名産地として知られています。季節生産のものを入れると1500種類以上のビールがあり、その多くにビールが一番おいしく飲めるようにデザインされた専用のビールグラスがあります。まるでワインの愛好家のように、ベルギー人はビールにこだわります。ビール通は昔から多彩な種類(味と性質)からベルギービールを愛好してきました。ラズベリーやチェリーなどのフルーツビール、夏にぴったりのホワイトビール、香ばしいチョコレートビール、古代の醸造方法を使ったグーズビール、ブラウンビール、トラピスト(修道院)ビール、自然発酵を用い寝かせ、独特の酸味があるランビックビールなど、味も香りも多岐にわたり、ビール好きはもちろん、ビールが苦手な人ですらも必ず好きな味が見つかるでしょう。有名なビアカフェは常に数百種類のビールを揃えています。

チョコレート
年間のチョコレート消費量が一人約8キロと言われるベルギー人にとって、チョコレートは文化であり、芸術であり、DNAに備わっているものと言われます。美食を追求した結果、美味しいチョコレートが作られるようになったベルギーには、2000軒以上のチョコレートショップがあり、人気のゴディバ、高級なピエール・マルコリーニ、プラリネ発祥のノイハウス、コート・ドール、ヴィタメールなど、世界中に最高品質のチョコレートを届けるメーカーがあります。
かつては飲むものだったチョコレート(カカオ)を食べるものに加工する技術を発展させたベルギーでは、チョコレートといえばいまもプラリネが主流です。多くのショコラティエが繊細なプラリネを手作りしています。純粋なココアを使い、美しく象られたチョコレートの中に様々なフレーバーが詰まっています。どんな小さな町や村に行っても、贅沢なプラリネを売るチョコレートショップがあります。お気に入りのチョコレートショップを探してみてください。

グルメ
食にこだわるフランダース人の住むフランダースの町には、ミシュラン星のレストランをはじめ、たくさんの美味しいレストランがあります。ムール貝の白ワイン蒸し、牛肉のビール煮込み(カルボナード)、クリームを使った魚貝スープ(ワーテルゾーイ)などの郷土料理にも美味しいものが多く、一方でワッフルや元祖フライドポテト(フリッツ)などの気軽なグルメもあります。冬野菜のチコリ、ブリュッセルの春の芽キャベツ、夏の名物の北海エビなどに代表される食材も豊かで、ビールと共に料理に活かされています。
ベルギーのお菓子
ベルギーの郷土料理
新進気鋭の若手シェフ(英語)

ファッション
ベルギーにはファッション分野が発展する土壌として、芸術の遺産と織物貿易の歴史があります。アントワープでは、1980年代から1990年代にかけて「アントワープ・シックス」として知られる6人のデザイナーが世界にブレイク。当時まだ古風なイメージがあった街をオートクチュール天国に変えました。350年以上の歴史をもつアントワープの王立アカデミーは欧州で最も歴史のある芸術学校のひとつ。この名門のファッション科には世界各地から生徒が集まり、新しいモードの発信地として注目されるようになりました。アントワープのスタイルがしばしば前衛的でと描写されるのに対し、ブリュッセルのスタイルはロマンチックとして知られます。2つの街から発信されるモードを楽しみましょう。アントワープの観光案内所ではファッション・ショッピング・マップを配っています。

伝統工芸 レースタペストリー
ベルギーでレース産業が起こったのはルネッサンスの頃にさかのぼります。神聖ローマ皇帝カール5世が、フランダース地方の全ての修道院やベギン会の女性が身につけるべき技術として、レース作りを奨励しました。当時は男性、女性を問わず襟や袖口をレースで飾るのが流行しました。18世紀のレース産業の全盛時、その担い手は女性職人たちでした。ボビンレースが盛んなブルージュやブリュッセルでは、いまでも女性達がひとつのボビンで100本の糸を扱うようなデリケートな作業を行っています。お土産としても人気のベルギーレース。本場の技術やアンティークに触れてみてください。
フランダースはヨーロッパのタペストリー産業でも中心的な役割を果たしてきました。宗教、神話、歴史的なテーマ、狩猟や収穫のシーンなどが描かれ、その繊細な織りと多彩な色が称賛されました。フランダースのタペストリーはまさに国の文化遺産。現存する最古のものは、13世紀にさかのぼります。14世紀になるとブルージュ、アウデナールデ、ゲントなどで作られるようになります。16世紀には、中心がブリュッセルとアントワープに移り、なかでもアントワープはヨーロッパ各地への供給地となりました。以降、18世紀までフランダース地方は高品質なタペストリーの生産地でした。現在は、メッヘレンに1889年に創設された王立デ・ウィット・タペストリー工房(De Wit)が、タペストリー制作の伝統と技術を保存・継承する役割を担っています。

参照 ベルギー大使館

ページトップへ