Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ロイヤルデルフト、ファッションデザイナーとの企画展も

デルフト焼、唯一の窯元
1653年創業のロイヤルデルフトは17世紀から続く、唯一のデルフトブルー陶器の窯元です。デルフト焼は、ここでいまも長年の伝統を継承し、すべて手作業で絵付けされています。

ロイヤルデルフト 2017 オランダ工房見学
ロイヤルデルフト・エクスペリエンス(窯元の見学コース)では、数世紀にわたるロイヤルデルフトの世界が体験できます。まず、歴史と制作方法について映像で紹介があり、そのあと、職人による白地の陶器に象徴的な藍色を絵付けする様子が観られます。

ロイヤルデルフトと同様、デルフトの町とゆかりの深い、オランダ王家と画家ヨハネス・フェルメールをテーマに展開する展示ルームに進みます。続いて、デルフトブルー陶器のアンティークからモダンデザインまでのコレクションの展示があり、工房での制作過程を見学できます。

最後にショールームで、ハンドペイントされたクラシックな模様から最新のデザインまでの、全コレクションをご覧ください。オランダらしいお土産品と合わせて、デルフト焼のショッピングをお楽しみください。

体験してみよう
工房訪問のしめくくりに、ロイヤルデルフトの職人気分を味わえる、絵付け体験に参加してみませんか?美しい中庭を眺めるブラッセリーで一息。コーヒーで一服したり、デルフトブルー陶器の食器を使ったハイティーやランチもおすすめです。

ロイヤルデルフト 2017 オランダ

ファッションデザイナーとの企画展

オランダ人デザイナー、テス・ファン・ザリンゲ(Tess van Zalinge)とロイヤルデルフトがコラボしたコレクションが、2017年5月19日から7月15日まで、ロイヤルデルフトにて展示されます。

テス・ファン・ザリンゲの最新コレクションは、ハンドペイントされたロイヤルデルフトの風合いがそのまま、テーラーメイドの洋服に映し出された、いまだかつて見たことのないユニークなデザインです

アムステルダムのファッションウィークで発表されたコレクションの大部分が、デザイナーが最初にインスピレーションを得たロイヤルデルフトで展示されます。この企画展のため、ショッケ・ビールマ(Sjoukje Bierma)がぴったりの素敵なイラストを、デルフトブルー(藍色)で描きました。伝統工芸のデルフトブルーから作られた、インスピレーションに満ちたファッション体験ができます。

ロイヤルデルフト 2017 ファッション オランダ

工房見学に日本語のオーディオガイドをご用意しています。個人の方も安心してご参加いただけます。

ロイヤルデルフトはデルフト駅徒歩15分、旧市街から10分です。デルフト駅まではアムステルダム中央駅(約55分)、ロッテルダム中央駅(約15分)、ハーグ中央駅(約15分)といった主要都市からのアクセスが便利です。

住所
Rotterdamseweg 196
2628 AR Delft
電話
+31 (0) 15-760 0800
Eメール
info@royaldelft.com
2017年 開館日時
10月31日まで、毎日 午前9時~午後5時
11月1日~12月31日、月曜日~土曜日 午前9時~午後5時
日曜日 正午~午後5時
休館:1月1日、12月25日、12月26日
※最新情報はウェブwww.royaldelft.com (英語)を確認のこと

ページトップへ