Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

オランダのクリスマスほか、冬のイベント2017

晩秋から年末年始にかけて旅行する方におすすめ、冬ならではのイベントをまとめてみました。元祖サンタクロースの伝説から、洞窟、水上、古城などユニークな場所でのクリスマスマーケットまで…オランダならではのイベントに参加して、冬の美しい景色を楽しんでみませんか。

アムステルダム ダム広場

アムステルダム ダム広場(イメージ)

聖ニコラスの到着、アムステルダム
日程:2017年11月19日
サンタクロースの原型とされる「聖ニコラス(オランダ語でシンタクラース)」の到着は、オランダの子供たちが、1年で最も楽しみにしているお祭りといっていいかもしれません。12月6日の聖ニコラスの日の前月、赤いマントを着た聖人ニコラスが従者ペーターとともに、スペインから蒸気船に乗ってオランダにやってくる、と古くから言い伝えられています。聖ニコラスの到着のイベントでも、伝説の通り聖ニコラスの一行は、船でアムステルダムの港に到着します。その後、子供たちにお菓子を配りながら市内を賑やかにパレード。毎年オランダではテレビ中継されるため、プレゼントを運んでくるとされる聖ニコラスは多くの子供たちに信じられています。

聖ニコラスの到着 アムステルダム イベント クリスマス オランダ

光のアートの祭典、グロウ(アイントホーフェン)
日程:2017年11月11日~18日
アイントホーフェンは国際企業「フィリップス」が誕生した町であり、オランダ第5の都市です。フィリップスの成長を後押しした製品のひとつに電球があるという理由からだけではないでしょうが、アイントホーフェンでは毎年、光をテーマにしたアートの祭典「グロウGLOW」が開催されています。デザインの町とも呼ばれるアイントホーフェンでは、光の祭典もアート寄り。国内外のアーティストによる光のアートが披露され、町の各所を光のオブジェが彩ります。70万人以上が見学する人気のイベントです。アイントホーフェンはオランダ南部にあります。アムステルダム(電車で1時間20分)から日帰りもできますし、アントワープ(電車で1時間50分)へ向かう途中に立ち寄るのもおすすめです。

アイントホーフェンについてはこちらの記事もご参照ください。

マジカル・マーストリヒト
2017年12月2日~2018年1月1日
オランダでもカトリック色の残る南部のマーストリヒトは、クリスマスのお祝いも盛んです。旧市街はクリスマスイルミネーションに彩られ、フライトホフ広場にクリスマスマーケットとスケートリンクが出現します。オランダの冬の名物オリボーレン(丸い甘いドーナツ)や焼き立てワッフル、ホットワインの屋台が楽しめます。マーストリヒトでは、15世紀のゴシック教会を改装したデザインホテルKruisherenがおすすめです。また700年前の教会を改装し「世界一美しい本屋賞」を受賞したこともあるドミニカネン(Dominicanen)という本屋があります。あわせて訪れてみましょう。

マジカル・マーストリヒト

マジカル・マーストリヒト

デザインシティ アイントホーフェンを体感する秋のイベント

ファルケンブルグの洞窟クリスマス・マーケット
日程:2017年11月17日~12月23日
マーストリヒト郊外のファルケンブルグという小さな町では洞窟内でクリスマスマーケットを開催しています。マール石という石を切り出した跡にできた大きな洞窟の中に、50を超える店舗が並びます。ファルケンブルグでは水曜日と土曜日の夜にクリスマスパレードが行われます。可愛くライトアップされた洞窟マーケットを冷やかし、お祭りムードの町を歩くだけでも楽しいもの。

ファルケンブルグの洞窟のクリスマスマーケット

ファルケンブルグの洞窟クリスマスマーケット

11月21日~26日 デ・ハール城のカントリー&クリスマス・フェア
日程:2017年11月21日~26日

デ・ハール城の庭園を埋め尽くす200以上のお店が建ち並ぶマーケット。クリスマス・グッズだけでなく、インテリア雑貨や洋服など様々なものが売られます。10:00-22:00 (最終日は18時まで)

アムステルダム・ライト・フェスティバル
2017年11月30日~2018年1月21日
水の都アムステルダムの運河やアムステル川沿いを中心に、町の各所が光のオブジェで彩られ、光のアーティストたちの作品が展示されます。イベントやルートガイドなどは公式HP(英語)にて後日公開の予定。何気なく町を歩いていると、目を楽しませてくれるアートがあちこちで見つかるのが面白いイベントです。

アムステルダム・ライト・フェスティバル

Amsterdam Light Festival 2016

Amsterdam Light Festival 2016

Amsterdam Light Festival 2016

Amsterdam Light Festival 2016

12月15日 ゴーダ・キャンドルライトの夕べ
ゴーダは15世紀の昔からキャンドルの生産地として有名。2017年で62回目を迎えるこのイベントには毎年3万人ほどが参加します。市民は窓辺にたくさんのキャンドルが灯し、昔の衣装に仮装した人や動物が練り歩いたり、ちょっとした広場でコーラス隊や楽団が演奏を繰り広げたりと、地元の人のクリスマスを祝う雰囲気にひたることができる心温かいイベントです。ハイライトは市庁舎前の広場での音楽イベントとクリスマスキャロル斉唱。その後、巨大なクリスマスツリーに明かりが灯されます。

ゴーダ キャンドルライトの夕べ Photo by Hedwig Schipperheijn

ゴーダ キャンドルライトの夕べ Photo by Hedwig Schipperheijn

ドルトレヒトのクリスマス市
2017年12月15日~17日
全長2.5キロメートル、300店舗が並ぶオランダ最大規模のクリスマスマーケット。ドルトレヒト(Dordrecht)はロッテルダムから電車で15分。

ドルトレヒトのクリスマス(c)Dordrecht_Marketing

ドルトレヒトのクリスマスマーケット (c) Dordrecht Marketing

12月15日~24日 ハーグのロイヤルクリスマスフェア
2017年12月15日~24日
国王の住む町ハーグで開催されるクリスマスマーケット。マウリッツハウス美術館にも近いランゲフォールハウトLange Voorhout周辺に約100店舗が並びます。正午~午後9時(24日は18時まで)

12月16日~2018年1月7日 ヘットロー宮殿のクリスマス
かつてオランダ王家の夏の離宮だったヘットロー宮殿は現在ミュージアムとして公開されています。この時期はクリスマス仕様となり美しく飾られ、まるでオランダ王家に招かれたような宮殿を訪問することができます。

ヘットロー宮殿のクリスマス

ヘットロー宮殿のクリスマス

ライデンのクリスマスマーケット
2017年12月15日~27日
昨年(2016年)オランダのベスト・クリスマスマーケットに選ばれました。ライデン市内を流れるライン川の支流ニューウェ・ラインNieuwe Rijnの水辺や水上に約70店舗が並びます。オランダらしいスケートリンクも登場します。ライデンはアムステルダム中央駅から電車(InterCity)で35分。シーボルトゆかりのミュージアムや植物園、風車博物館などがみどころ。オランダ最古のライデン大学に日本学科があり、街中の建物に俳句が描かれていたりと、親日的な雰囲気を感じる町です。

*日程等は変更になる場合があります。最新情報は公式HP(イベント名からリンク)などでご確認ください。

2017年ベルギー・フランダースのクリスマス

ページトップへ