Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

メッヘレンの伝統工芸 カリヨン、タペストリー、ヘット・アンケル・ビール醸造所

©Toerisme-Mechelen

©Toerisme-Mechelen

16世紀初頭にネーデルラント(現在のベルギーとオランダ)の首都として、23年間、華やぎの時を過ごしたメッヘレン。そのときの統治者がオーストリアのマルガレータ王妃だったことは、メッヘレンが今もこぢんまりとした、絵のように美しい町であることを象徴するかのようです。町の中心となる広場グロートマルクトに、この「オーストリアのマルガレータ」の像が優美な姿で立っています。

(c) www.milo-profi.be

(c) www.milo-profi.be

メッヘレンで最も威厳を感じさせる建物は、ゴシック様式の聖ロンバウツ大聖堂でしょう。 付属する鐘楼は高さ97m。 49個の鐘から成る大規模なカリヨンが2組あり、最古のものは1480年の鋳造です。 聖堂の翼廊にはヴァン・ダイクの祭壇画『磔刑図』が飾られ、一方、後期ゴシック様式の聖ヤン教会にはルーベンスの祭壇画『マギの礼拝図』があります。 かつての王宮だった、オーストリアのマルガレータ宮は、16世紀初頭に建てられたルネサンス様式の建物。 中には入れませんが、美しい回廊や中庭を見学できます。 また、メッヘレンにもベギン会院がありますが、現在建物は一般住宅として利用されていて、一帯は静かな住宅街になっています。 静かな散策路としておすすめです。 喉が渇いたら、ベルギー最古の醸造所の1つ、ヘット・アンケル醸造所に併設されたビアレストランで地ビールを飲みましょう。 メッヘレンで味わえる至福の時の1つは、オープンテラスの椅子にゆったりと腰掛け、空を流れる美しいカリヨンの音色を聴きながら、ビールグラスを傾けることかもしれません。

≪歴史≫ 13世紀と14世紀、毛織物産業の発展によりメッヘレンは繁栄し、冨と力を有する町になりました。 15世紀にはブルゴンディ公の統治下に入り、更なる繁栄を遂げます。 1473年、シャルル勇胆公は、いくつかの政治基盤をメッヘレンに移し、フランス革命までは最高裁判所もここに置かれていました。 16世紀前半の皇妃マルガリータ・デ・アウストリアの統治下では、ネーデルランド(現在のオランダ、ベルギー、ルクセンブルグの3ヶ国を指します)の首都になります。

(c) www.milo-profi.be

(c) www.milo-profi.be

しかし、マルガレータ皇妃の死後、多くの政庁がブリュッセルに移され、メッヘレンはまた静かな地方都市に戻りました。19世紀には、メッヘレンも産業革命の波を受けます。 1835年、ヨーロッパ大陸で初となるブリュッセルからメッヘレンまでの鉄道路線が開通。 その後メッヘレンはベルギー鉄道の要所となり、それを受けて金属加工業も発達します。

≪カリヨンの聖地≫ 旧市街のランドマーク、聖ロンバウツ大聖堂の鐘楼で513段の階段を上ると、頂上から素晴らしい町の大パノラマが見られます。 鐘楼の中にはカリヨンの演奏室があり、コンサートが行われることもあります。 カリヨンのコンサートはベルギー各地で開かれますが、その発祥の地はここメッヘレンです。 現在は郷土博物館となっている16世の貴族の邸宅、ブスレイデン邸にはカリヨン学校があり、教会の鐘の鳴らし方を学ぼうと、世界中から生徒が集まります。

(c) Layla Aerts

(c) Layla Aerts

≪タペストリーの世界≫ カリヨンと並んでベルギーの文化の歴史を象徴するフランダース地方の織物、タペストリー。 王立デ・ウィット・タペストリー工房は、フランダース地方において中世から盛んになったタペストリー制作の伝統と技術を保存・継承するベルギー唯一の施設として、1889年に創設されました。 新旧タペストリーの展示や、製造・修復の実演を楽しめます。

Het Anker, Mechelen 2 (c)www.milo-profi.be≪歴史あるビール醸造所≫ 世界的に知られる、メッヘレンの地ビール「グーデン・カルロス」を造るヘット・アンケル醸造所を訪ねてみましょう。 ベルギー最古の醸造所の1つで、その歴史は1369年まで遡ることができます。 かつてのベギン会院の建物の一部が利用された醸造所は、ガイドツアーで見学と試飲ができます。 自慢のビールとそれに合う料理を出すレストランが併設されています。 また22部屋とこじんまりしたホテルがあり、ビールのテイスティングやディナーのついたパッケージが人気です。

≪メッヘレンのスペシャリティ≫レストランでぜひ味わいたいのがメッヘレンの郷土料理「メッヘレン・クッコー(メッヘレン地鶏)」。 一般には野菜やローストポテトが添えられていますが、いろいろなレシピが工夫されています。 肉は歯ごたえがしっかりしていて、とても美味。 ビールとの相性も抜群です。

©Toerisme Mechelen

©Toerisme Mechelen

上記ヘット・アンケル醸造所はもちろん、市庁舎そばのブラッセリ―「デ・メット」などでも美味しい「メッヘレン・カッコー」が食べられます。 またメッヘレンの名物には、近郊で生産されるホワイトアスパラガスもあります。 ホワイトアスパラガスの旬は5月から6月にかけて。 ぜひこちらもお試しください。

メッヘレン Mechelen への交通: ブリュッセルとアントワープの間に位置する。ブリュッセル中央駅から直通列車で約30分。アントワープ中央駅から直通列車で約35分。

ページトップへ