Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ハーレムで「最も美しいレンブラント100」展開催

affiche_de_100_mooiste_rembrandts古都ハーレムにある「タイラース・ミュージアム」でちょっと変わったレンブラントの企画展が開催されています。実はこの美術館にはレンブラントのエッチング作品が265点とほぼすべての作品を収蔵しています。素描画も12点収蔵。そのなかで選りすぐりの100点を一堂に展示した「最も美しいレンブラント100(De 100 mooiste Rembrandts)」展を今月末から来年1月19日まで開催しています。風景画、宗教画、自画像、愛する妻など様々なテーマのレンブラントのエッチングを見ると彼の卓越した才能を感じることができるでしょう。
タイラース・ミュージアムは1784年に豪商ピーター・タイラー氏の邸宅や収集品を活用し誕生した、オランダ最古のミュージアムとして知られています。歴史を感じるミュージアムの建物は18世紀当時からほとんど変わっておらず、中央が吹き抜けの楕円形の展示ルームは圧巻です。展示品は絵画のほかにも様々なものがあり、化石、コイン、古書など当時の裕福な市民が収集したものが並んでいます。

展覧会名: 最も美しいレンブラント100 De 100 mooiste Rembrandts
日時: 2013年9月28日〜2014年1月19日 (月曜日は休館)
場所: タイラース・ミュージアム Teylers Museum
ウェブ: Teylers Museum(英語)

Frans_Halsmuseum,_Haarlem_72dpi_1280x780px_Eハーレムで、タイラース・ミュージアムと合わせて訪れたいのが「フランス・ハルス美術館」です。オランダの黄金時代17世紀は、その冨と栄光をキャンバスに残そうと、富裕な一般市民の間で肖像画の人気が高まります。フランス・ハルスは当時、オランダで最も有名な肖像画家でした。フランス・ハルス美術館はその名の通り、この肖像画の巨匠による世界最大のコレクションを収蔵しています。フランス・ハルスは一般市民による当時の自警団「射撃隊組合」の集団肖像画でよく知られていますが、画家はこのような肖像画の大作というジャンルでいくつもの傑作を残しています。フランス・ハルスをここまで有名にさせた理由はもうひとつ「新しいこと」を試み、成功した点です。鮮明に表現された人物が、いまにも動き出しそうな描き方。それはハルスが一瞬を切り取り、キャンバス上で再現する方法を熟知していた証と言われています。

フランス・ハルス美術館のウェブサイト(英語) 
(月曜日は休館)

初秋の古都ハーレムの街並

初秋の古都ハーレムの街並

ニューヨークのハーレムの地名のもととなったオランダの「ハーレム」は、しっとりとした古都の風情をもつ小都市です。周辺に住宅街が広がり、のんびりとした雰囲気もあります。アムステルダムから直通の電車で20分と交通も便利。オランダの黄金時代の2大巨匠の作品とを訪ねて、半日ほど足を延ばしてみてはいかがでしょう?

モーツァルトも訪れて弾いた聖バーフォ教会の有名なパイプオルガン

モーツァルトも訪れて弾いた聖バーフォ教会の有名なパイプオルガン

ページトップへ