Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

フランダースのラファエロ ミヒール・コクシー展

markt F1ミヒール・コクシーは、フランダースのラファエロと称されている才能あふれる画家。 16世紀に活躍しました。 10年ほどイタリアのローマで過ごし、同地で古典的な手法を学びつつ、ラファエロやミケランジェロ、ダ・ヴィンチといったルネッサンスの巨匠の作品から影響を受けます。 故郷に戻ると、ブリュッセル、アントワープ、メッヘレンの顧客から、祭壇画、ステンドグラス、タペストリーのデザイン絵などを依頼され制作に励みます。 そののち、神聖ローマ皇帝カール5世とフェリペ2世により宮廷画家に任命されるという栄誉を受け、画家としての成功の頂点を極めます。 コクシーの作品に影響を受けた同時代の画家はたくさんいます。 ルーベンスもその一人です。 しかし残念なことに、時代を経てコクシーの名は徐々に忘れ去られてしまいました。 今回の企画展は、コクシーの作品とその才能に再び脚光をあてようとする試みでもあります。 この才能あふれる画家初となる回顧展では、多数の絵画、ステンドグラスの窓、タペストリーのデザイン絵などが、ルーヴェンのミュージアムMの壁を覆い尽くします。 なかにはゲントの大聖堂の祭壇画「神秘の子羊」の模写といったユニークな作品も見られます。 フランダース地方、そしてヨーロッパ全体の絵画の流れを想定しながらご覧いただくと興味深いものとなるでしょう。

M gevel straatkant会場となるルーヴェンのミュージアムMは、同地の貴族ファン・デル・ケレン家の館を利用した街を代表する美術館です。 ルーヴェンとその周辺エリアを中心に、新旧のアート作品、絵画、彫刻、写真、ビデオ、映画、デザイン、建築までが集められています。 常設展では400点を展示し、特に後期ゴシックと19世紀のものが充実しています。 例えば、ファン・デル・ウッェイデンの『トリニティ』(15世紀半ば)、ペルメークの『ランドスケープ』(20世紀半ば)などがあります。 12世紀の木彫『上智の座の聖母』をはじめとする彫刻、陶磁器、金銀細工品、ステンドグラス、テキスタイルなどのコレクションもあります。屋上のテラスから市街の素晴らしいパノラマを望むことができます。

展覧会名 ≪ミヒール・コクシー フランダースのラファエロ≫
Michiel Coxcie. The Flemish Rafael

会期 2013年10月31日〜2014年2月23日
会場: ルーヴェンのミュージアムM(英語)
アクセス ブリュッセル中央駅から直通列車で約25分
ベルギー鉄道(英語)

ページトップへ