Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

リール市美術館 特別企画展 「高い水平線、ブリューゲルの国」

Proverbs Pieter Brueghel II, KMSKA (photo Lukas-Art in Flanders)

Proverbs
Pieter Brueghel II, KMSKA (photo Lukas-Art in Flanders)

 16世紀のフランドル派の画家ピーター・ブリューゲル(父)は農民たちの生活を多く題材にしたことから、「農民画家ブリューゲル」と呼ばれていました。ブリューゲル本人は当時の教養階級に属していましたが、農民たちの生活を実に生き生きと描いていることに驚かされます。実際、非常に細かい部分まで描き込まれているため、当時の歴史や風俗を知る貴重な資料として、今日も研究が続けられているほどです。ブリューゲルの作品はのちのフランダース出身の風俗画家や現代のアーティストにいたるまで多大な影響を与えました。

 アントワープ王立美術館の長期改修工事に際して、ブリューゲル(父)の後継者であり同じく画家として活躍したピーター・ブリューゲル(子)ほか、同美術館所蔵の絵画50点を中心にしたコレクションが、アントワープ近郊のリール市美術館にて特別展示されます。ピーター・ブリューゲル(父)に影響を受けた画家やアーティストとの関連をひも解く内容となります。

ブリューゲルランド 企画展特別企画展「高い水平線、ブリューゲルの国」
High Horizon. Bruegel Land, Early 21st Century

日程:2014年4月27日〜2015年3月19日
会場:Stedelijk Museum Wuyts-Van Campen and Carolyn Baron
住所:Florent Van Cauwenberghstraat 14, Lier
開館:火曜〜日曜 10〜12時、13〜17時(月曜、祝日は休館)
アクセス:アントワープから電車で17分。リール(Lier)下車。駅徒歩10分。Grotemarktのそば。
展覧会のウェブ(英語)http://www.kmska.be/en/tentoonstellingen/Nu/Bruegelland.html

 ブリューゲル家はピーター・ブリューゲル(父子)や次男のヤンなど画家を多く輩出した芸術一家。長くフランドルのアートシーンに影響を与えてきました。ベルギー国内では、下記の美術館でブリューゲル・ファミリーの作品を見ることができます。

ブリューゲル街道 ベルギー
● アントワープのマイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館
● ブリュッセルのベルギー王立美術館
● ブルージュのグルーニング美術館
● アントワープのロコックス邸
※ 他の美術館への貸出しなどで展示されない場合もあります

ベルギーの原風景を画家ブリューゲルの目線とともに訪ねてみませんか?

 ブリュッセルの南西に「ブリューゲル街道」という名で知られる、ブリューゲルが実際に絵を描いたとされる風景をたどるルートがあります。ルートの全長は45kmと長いものですが、シントアナペーデ(Sint-Anna-Pede)の教会ガースベーク城(Kasteel Gaasbeek)がおすすめ。 ブリューゲル街道は美しい田園、緩やかな丘、牧草地、林などが広がる緑豊かなエリアです。 秋の黄葉でも知られ、高台にあり周囲を森に囲まれたガースベーク城から見渡すと黄金色の木々の広がりに癒されます。 家具などの調度品のほか、タペストリー、絵画などの美術品のコレクションが豊富な邸宅を覗いてみましょう。 城からの風景は、ブリューゲルの「穀物の収穫」に描かれています。 花が咲く季節には、ガースベーク城向かいにある「グルーネンベルグ公園(Park Groenenberg)」でアザレアやシャクナゲなどの季節の花を楽しんだり、世界中のバラを集め栽培している「コロマバラ園」(観覧無料)に立ち寄ってみましょう。

ページトップへ