Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

アムステルダムのステデライクミュージアム リニューアルオープン

(C) Stedelijk Museum Amsterdam, Matisse

数年間にわたり改修工事を行っていたモダンアートの殿堂、アムステルダムの市立美術館ステデライクミュージアムが工事を終え、2012年9月23日にグランドオープンすることになりました。

1895年のオリジナルの建物はその良さを活かしつつ改装が行われ、所蔵する豊かなモダン&コンテンポラリーアートのコレクションの常設展スペースとしてリニューアルされます。

元々の建物の1階部分の半分は、ゴッホ、カンディンスキー、シャガール、マティス、モンドリアンなど1870年代から1960年代の作品を展示。 1階の残りの半分は、1900年以降の産業デザイン、グラフィックデザイン、美術工芸品のスペースとなり、リートフェルトなどデ・スタイル派の作品が展示される予定です。2階は、アンディ・ウォーホルなど1960年代以降現在までの作品が中心となります。

Benthem Crouwel Architects 設計により増築された新棟は、約1万㎡の展示スペースを誇り、主に企画展に使われます。1895年に建てられた元々の建物とは全く異なるテイストの建物ですが、新棟と旧棟とは見事な調和を見せています。

日本企業の貢献

テイジン・トワロンBV(帝人グループ企業/本社オランダ ・アーネム)がステデライクミュージアムの新館正面およびキャノピー(ひさし)の建設費用総額約200万ユーロ(約3億円)相当を寄贈し、その一環として、当該箇所にテイジン・トワロンが生産するパラ系アラミド繊維「トワロン®」とトーホー・テナックス・ヨーロッパGmbHが生産する炭素繊維「テナックス®」の複合材料が使用されることになりました。強度に優れ、温度が変動しても膨張せず、シームレスな表面を作れるこの複合材料が使用される面積は約3,000m2。日本企業の最先端の技術が、アムステルダムのミュージアム広場にこの度新しく仲間入りする建物に使用されています。

新しいホテル、これからのミュージアム広場

アムステルダムのミュージアム広場(Museumplein)近辺では、かつての音楽院を改装した高級ホテル「コンサバトリウム」(www.conservatoriumhotel.com)が昨年末にオープン。さらに来年には広場の中心的存在であるアムステルダム国立美術館の本館が10年ぶりに改修工事を終え、グランドオープンする予定です。次々と新しくなるこのエリアから目が離せません。

http://www.stedelijk.nl/en/news/news-items/overview/stedelijk-museum-opens-september-23rd

ページトップへ