Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ゴッホ没後125年 タリスに乗ってゴッホの足跡をたどる旅へ

タリス ニュース

巨匠フィンセント・ファン・ゴッホは、故郷オランダをを離れ、欧州各地を旅しながら絵画の傑作を生み出しました。 高速列車タリスに乗って、その足跡を訪ねる旅に出てみませんか?

(c) Van Gogh Museum

(c) Van Gogh Museum

ゴッホはベルギーとの国境に近い村ズンデルトで生まれ、オランダ南部で育ちました。ブリュッセル、ロンドン、パリで働いた後、アムステルダムで勉強し、ブリュッセルの南にあるボリナージュで宣教師になりました。数年後、アントワープでアートを数か月学び、南フランスのアルルやサン=レミ=ド=プロヴァンスに旅立ちます。亡くなる前の数か月間は、パリ近郊のオーヴェル=シュル=オワーズに滞在しています。

ゴッホがその人生を通じ、たくさんの刺激を受けた旅先の多くは、タリスを使って簡単にアクセスすることができます。もちろんゴッホが生きた時代と比べ、はるかに早く快適な旅が楽しめます。

125年前の7月にゴッホは亡くなりました。今年は記念の年として、ゴッホを讃える特別企画展や文化イベントが、生誕のオランダを中心に、ベルギーのモンス、フランスのオーヴェル=シュル=オワーズやモンマジュール修道院などのゴッホゆかりの欧州各都市で開催されています。

● アムステルダムのゴッホ美術館では、ヨーロッパを代表する2人の画家ゴッホとムンクの作品を競演させるという大変ユニークな企画展を、2015年9月25日から2016年1月17日まで開催します。また同時期に美術館の新しいエントランスホールが完成する予定です。ゴッホ美術館では、タリスの乗車券を提示して、特製グッズを手に入れましょう。

● オランダでは他にもたくさんの特別企画展やイベントで記念年をお祝いします。ゴッホの作品を多く有するクレラー・ミュラー美術館やブラバント州にあるゴッホゆかりのスポットへ足を延ばしてみましょう。

タリスは時速300kmで走るオランダ、ベルギー、フランスを結ぶ高速列車です。ゴッホの足跡をたどる旅には快適な1等がおすすめ。下記のサービスが1等のチケット料金に含まれます。

– オーガニックの食事(朝食、ランチ、軽食、夕食などご旅行の時間帯に合わせて)
– WIFI
– 新聞や雑誌
– タクシー予約サービス
– 足を広く伸ばせる快適な座席

THALIW150410-01_Reseau_Thalys_TP_02_JP-03

LOGO_THALYS_HORIZ_EN_REDタリスのチケットはヨーロッパ鉄道・取扱旅行代理店でご予約・ご購入いただけます。

※ヨーロッパの鉄道の情報 www.railguide.jp
www.facebook.com/raileurope.jp

ページトップへ