Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

フェルメール「小路」故郷デルフトへ/絵画の展示情報

アムステルダム国立美術館 所蔵 ヨハネス・フェルメール「小路」

アムステルダム国立美術館 所蔵 ヨハネス・フェルメール「小路」

フェルメールの「小路」が320年ぶりに故郷デルフトに帰郷します

17世紀の画家フェルメールはオランダのデルフトに生まれ、生涯のほとんどをこの町で過ごしました。フェルメールのものとされる30数点の作品でいまもデルフトに残っているものはありません。来春、60年ぶりにフェルメールの作品が故郷に帰ってくることになりました。

2016年3月25日から7月17日(予定)まで、アムステルダム国立美術館所蔵の「小路」がデルフトのプリンセンホフ博物館で特別展示されます。(その間、アムステルダム国立美術館に「小路」は展示されませんので、ご注意下さい)

女性を主人公にした室内のささやかな風景を描くことの多いフェルメールの作品の中で、風景(屋外)を描いた現存する作品はたったの2点。そのひとつ「小路」のモデルとなった通りはデルフトのフラミング通り40-42番であるという、アムステルダム大学美術史教授の最新の研究結果が先日アムステルダム国立美術館で発表されました。絵画に描かれている右の家に叔母が住むなど、画家にとって縁の深い場所だったそうです。

デルフトの旧市街は17世紀の建物が数多く残り、フェルメールが生きた時代を彷彿とさせる風情たっぷり。フェルメールが実際に歩いた通りを気ままに歩き、その足で街並を描いた作品を鑑賞できるまたとないチャンスです。特別展が開催されるプリンセンホフ博物館は、デルフトの繁栄の歴史を紹介する絵画、陶器、タペストリーなどを常設展示するミュージアムです。元修道院の建物は、16世紀にオランダ建国の父ウィレム1世が暮らし、暗殺された場所としても知られています。

来春は、フェルメールの故郷デルフトを訪問する絶好の機会となります。オランダ王家ともゆかりの深い古都をゆっくりと観光してみてはいかがでしょうか?

画家フェルメールの故郷デルフトはいまも17世紀の風情が残る

画家フェルメールの故郷デルフトはいまも17世紀の風情が残る

デルフトはデルフト焼(デルフト・ブルー)で知られる伝統工芸の町でもある

デルフトはデルフト焼(デルフト・ブルー)で知られる伝統工芸の町でもある

おすすめスポット
● 17世紀から続くデルフト焼の工房 ロイヤルデルフト
● その名も・・ホテル・ヨハネス・フェルメール
● 全作品のレプリカ展示やアトリエ再現など フェルメール・センター

絵画の展示情報

● フェルメールの名作が英国からやってきます

オランダ ハーグ マウリッツハウス美術館 フェルメール 英国王室コレクション展

2016年秋に予定されている英国王室のオランダ訪問を機に、ハーグのマウリッツハウス美術館にて特別展「日常の巨匠たち:フェルメールの時代のオランダ画家 英国王室コレクションから(仮題)」が予定されています。オランダ黄金時代の日常生活を紹介する作品を中心に約20点が、英国王室コレクションから貸し出されます。ハイライトはフェルメールの「音楽の稽古」。他にもヤン・ステーン、ヘラルド・テル・ボルフ、ピーテル・デ・ホーホ、ハブリエル・メツーなどフェルメールと同時代の画家作品の展示が予定されています。

期間 2016年9月29日〜2017年1月8日
会場 マウリッツハウス美術館

● フェルメール「手紙を読む青衣の女」貸し出し情報

アムステルダム国立美術館 所蔵 ヨハネス・フェルメール「青衣の手紙を読む女」

アムステルダム国立美術館 所蔵 ヨハネス・フェルメール「手紙を読む青衣の女」

アムステルダム国立美術館所蔵の「手紙を読む青衣の女」はワシントンのナショナルギャラリーで2015年12月1日まで開催されている企画展のため、現在アメリカに貸出し中ですが、2016年初めにアムステルダムに戻る予定です。

● ゴッホ作「ひまわり」の展示情報

アムステルダム・ゴッホ美術館 所蔵 ゴッホ「ひまわり」

アムステルダム・ゴッホ美術館 所蔵 ゴッホ「ひまわり」

アムステルダムのゴッホ美術館所蔵の「ひまわり」は修復のための調査に入ります。そのため2016年1月18日から3月24日まで「ひまわり」はゴッホ美術館に展示されない予定ですので、訪問の際はご注意下さい。

※情報は2015年11月現在のものです。日程等、予告なく変わるもの場合があります。

ページトップへ