Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

画家ヒエロニムス・ボス没後500年 記念展

2016年はオランダ南部出身の画家ヒエロニムス・ボスの没後500年という記念の年です。ボスは1450年頃、オランダのデン・ボスDen Bosch(正式名称はスヘルトゲンボス ‘s-Hertogenbosch 「伯爵の森」の意味)に生まれました。その作品は、怪物、悪魔、天使、聖人などが登場し、幻想と奇怪、悪夢を表現しながら、誘惑、罪などを説くといった他には類をみないもので、独特の作風は当時から人気を博しています。稀有な画家ボスの故郷デン・ボスでは、没後500年を記念し一年を通じてイベントが予定されています。

Header small

● ボス500年特設HP(英語)

なかでもハイライトとして国内外のアート好きが注目しているのが、記念特別展「ヒエロニムス・ボス」です。本展では、祭壇画など20点の絵画と、19点の素描を展示。史上最大規模のボス回顧展です。ボスの作品は500年以上前に作られているため、現存する状態のいい作品が少ない上、扱いや運搬が難しいものが多く、これほどたくさんの作品が一堂に会するのは非常に珍しいことなのです。2007年から作品の調査や貸し出しの交渉が行われ、没後500年を迎える2016年ついに開催の運びとなりました。

a Hooiwagen_Haywain

主要な展示作品(予定)
プラド美術館(マドリード)「干草車」「聖アントニウスの誘惑」「愚者の石の切除」
ルーブル美術館(パリ)「愚者の船」
ナショナルギャラリー(ワシントンDC)「守銭奴の死」
アカデミア美術館(ヴェネツィア)「隠者たち」
グルーニング美術館(ブルージュ)
メトロポリタン美術館(ニューヨーク)
ボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館(ロッテルダム)

特別展開催期間: 2016年2月13日〜5月8日
場所: デン・ボスの北ブラバント博物館 公式HP(英語)

入場制限とオンラインチケット販売について
本展には世界中からたくさんの観覧希望者が訪れると予想されています。館内の混雑を避けゆっくり観てもらえるよう、一定時間ごとに入場者数が制限されることとなりました。特別展のチケットは2015年12月より北ブラバント博物館の公式HP(英語)にて販売が始まりました。観覧日時を指定し、事前に入場券を購入することで確実にご覧いただけるようになります。

f Het Noordbrabants Museum

画家の暮らした街 デン・ボス

画家が生まれ育った故郷で行われるボスの回顧展。記念特別展を訪れるなら、合わせてホームタウンを歩いてみたいもの。以下に主な見どころとホテルをご紹介します。

IMG_1918

● 聖ヤン大聖堂
1370年から1529年にかけて建造された聖ヤン大聖堂はデン・ボスの象徴であると同時に、オランダで最も美しい大聖堂のひとつに数えられます。ブラバント風ゴシック様式の凝った装飾はオランダでは珍しいもの。画家ヒエロニムス・ボスの影響を受けた96体の彫像は必見です。

IMG_1985

● ヒエロニムス・ボス・アートセンター
かつての教会の建物を利用し、ボスの独自の世界観を展示したアートセンター。壁にはボス作品の原寸大のレプリカが展示され、柱の間にボスが描いた奇妙な生物のモビールが浮かんでいます。エレベーターで最上階まで登ると、塔の上からデン・ボスの街を一望できます。

Jeroen Bosch Art Center - normal_jpg_5918

● マルクト広場
街の中心。広場にはヒエロニムス・ボスの像があります、ボスが住んでいた家が広場に面して建っています。

Standbeeld Jeroen Bosch - normal_jpg_2064

● 中世の運河めぐり
街の中心にはかつて運河が流れていました。運河の上に徐々に建造物を建て増していったため、現在は表から一部の水面が見えるのみ。この運河を巡るツアーがあります。街を支えてきた運河の解説(英語)を聞きながら城壁の外にある開けた気持ちのいい場所まで、中世にタイムトリップをするかのようなボートの小旅行が楽しめます。歴史ルートの所要は約50分。料金大人7ユーロ。他にもいろいろなコースがあります。4月〜10月運行。

IMG_1953

● おしゃれなレストランが集まるストリート

マルクト広場から徒歩5分のコルテ・プット通り(Korte Putstraat)はデン・ボスのおしゃれで美味しいレストランが集まるレストラン・ストリートです。毎日夕方になるとたくさんの人がやってきてテラス席が賑わいます。

ボス500年記念特別展を訪れるのに便利なホテル

● Golden Tulip Hotel Central
街の中心、マルクト広場に面したブラッセリーの上がホテルになっています。アクセスと設備がよく快適。

● The Duke
おしゃれなレストランが集まるストリートにあるプチホテル。ビストロも併設。

● Hotel t’Keershuys
14世紀にはキャンドル工房として運営され、また当時、街を通り抜ける門でもあった建物をリノベーション。
歴史ある雰囲気を残しつつ2014年にホテルに生まれ変わりました。

● Best Western Euro Hotel
マルクト広場まで徒歩2分。商業施設も近く便利なホテル。

 

ページトップへ