Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

世界遺産プランタン・モレトゥス印刷博物館(フランダース)

プランタン・モレトゥス印刷博物館はルネッサンスおよびバロック時代にさかのぼる印刷出版工房。当時パリ、ベニスと並び世界の印刷術の先端をいく都市であったアントワープで創業されました。

博物館の名前は16世紀後半最高の印刷出版者であった創業者のクリストフ・プランタン(1520-1589)およびプランタンの後継者モレトゥスに由来します。

16世紀以降のヨーロッパ世界でもっとも名声を馳せた印刷所だった同所は、現在も書物および写本3万、木版画1万5千、銅版画3千、インキュナブラ150、その他絵画やデッサンなど、世界最大の展示数を誇る印刷博物館として世界中に知られています。特に世界一古い印刷機や親交のあったルーベンスの絵画など一見の価値があります。当時の大富豪の邸宅、暮らしぶりも見ることができます。

1867年まで実際印刷業に使用されていた博物館は、建物自体に建築的価値があると同時に、当時のヨーロッパで最大の印刷出版所の生活と仕事の完全なる例証であることから2005年世界文化遺産に登録認定されました。

また、同博物館所蔵の古文書は2001年にユネスコの「世界の記憶」として認定を受けています。

プランタン・モレトゥス印刷博物館
Museum Plantin-Moretus/Prentenkabinet
Vrijdagmarkt 22-23 2000 Antwerpen
ウェブサイトwww.museumplantinmoretus.be

ページトップへ