Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

17世紀から続くデルフト焼の窯元、ロイヤルデルフト

1653年創業のロイヤルデルフトは、17世紀から現在まで歴史が続いている唯一のデルフト焼の窯元です。いまも職人がひとつひとつ丁寧に絵付けをするロイヤルデルフトのデルフト焼には、数世紀にわたり守られてきた伝統が息づいています。

デルフト ロイヤルデルフト 内観 オランダ

ロイヤルデルフトは一般公開されています。「ロイヤルデルフト・エクスピリエンス」では、長年続いてきた窯元の歴史を知ることができます。映像と音声による解説で、歴史と製造方法について学んだ後は、職人が絵つけをしている様子を見学してみましょう。陶器の名前にもなっている古都デルフトには、デルフト焼の他に2つの大事なオランダを象徴するものがあります。ひとつはオランダのロイヤルファミリーです。「ロイヤルファミリーの部屋」では、オランダ王家のために作られたデルフト焼の食器類が並んでいます。「フェルメール」という名前のついたダイニングルームは、17世紀のイメージで作られています。デルフト焼と共に、街の歴史に名を刻んできた画家について想いを馳せてみましょう。

デルフト ロイヤルデルフト 体験 ワークショップ オランダ

デルフトブルーと呼ばれる独特な藍色をしたアンティーク陶器のコレクションが、ミュージアムに展示されています。工房では、製造現場を間近に見ることができます。そして最後に訪れるショールームには、丁寧に絵付けされたクラシックなデルフト焼とモダンなデルフト焼、全てのコレクションが可愛いお土産物と一緒に、展示・販売されています。

デルフト デルフト焼 ロイヤルデルフト オランダ

クラフトに興味のある方は、デルフト焼の手業を体験できるワークショップもおすすめです。自分で絵付けをして、デルフトブルーの陶器を作ってみませんか?
美しい中庭に面したブラッセリーでは、軽食や休憩を。デルフトブルーの食器を使ったハイティーやランチも楽しめます。

日本語のオーディオガイドがあるので、言葉に不安な方も安心です。免税手続きも可能。日本円・JCBを含む主要クレジットカードでショッピングができます。

デルフトまではアムステルダム、ハーグ、ロッテルダムから電車が乗り入れています。駅から工房まで徒歩15分ほどです。

開館日時

2016年3月21日(月)~10月31日(月)
毎日 午前9時〜午後5時

2016年11月1日(火)〜12月31日(土)
月曜日~土曜日 午前9時~午後5時
日曜日 正午~午後5時

※1月1日、12月25日、12月26日は休館。最新情報は公式HP(英語)をご覧ください。

住所 Rotterdamseweg 196, 2628 AR DELFT
電話 +31 (0)15 760 08 00
Eメール info@royaldelft.com
公式HP www.royaldelft.com

ロイヤルデルフト ロゴ オランダ

ページトップへ