Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

有田焼展がアムステルダム国立美術館で始まる

日本の有田焼をテーマにした展覧会「Arita Porcelain Today」が、オランダのアムステルダム国立美術館(アジア館)にて、2016年4月22日(金)から10月9日(日)まで開催されます。

'Colour Porcelain' collection by Scholten & Baijings

‘Colour Porcelain’ collection by Scholten & Baijings

創業400年「2016/project」
佐賀県・有田の地で、有田焼が誕生したのは1616年のこと。2016年で400年という節目を迎え、佐賀県では有田焼400年事業として多岐にわたるプロジェクトが進められています。そのうちのひとつが、有田焼の新ブランド「2016/project」です。世界の16名のデザイナーと有田焼の窯元が協働し、これまでに約300点に上るコレクションが完成しました。

オランダとのつながり
17世紀、有田焼とその魅力を世界に届けたのがオランダ東インド会社です。有田焼はオランダ東インド会社によって、欧州各国に輸出され、世界的な名声を獲得しました。有田焼の新ブランド「2016/」立ち上げプロジェクトには佐賀県、有田町のほか、オランダ王国大使館も携わりました。クリエイティブディレクターには、日本の柳原照弘さんと、オランダのデザインデュオ、ショルテン&バーイングスが選ばれています。

Arita Porcelain Today展
~17世紀に生まれた有田焼が、初めて異文化と融合する~

ショールテン・バーイングスの作品と有田焼の伝統的な絵皿(アムステルダム国立美術館所蔵)Photo by Scheltens & Abbenes

有田焼の伝統的な絵皿(アムステルダム国立美術館所蔵)とショルテン・バーイングスの作品
Photo by Scheltens & Abbenes

2016年4月22日より、オランダのアムステルダム国立美術館で開催される「Arita Porcelain Today展」では、有田焼の伝統を現代のデザイナーの手によって新たに表現した「2016/project」を展覧します。

有田焼の産地である佐賀県から依頼を受けた、オランダ人デザインデュオのショルテン&バーイングス、そして日本人デザイナー柳原照弘さんが、オランダと日本とのクリエイティブ産業の協力および交流を記念して、有田焼の未来を形にしました。ヨーロッパ、アメリカ、日本のデザイナー16名※と10社の窯元・企業が提携。古くから受け継がれた手法と伝統的な技術に基づいた日本の磁器の最高峰を、コンテンポラリーコレクションとして表現しました。

気鋭のデザイナーたちが作り出した有田焼のコレクションを、オランダを代表する美術館で鑑賞してみませんか?イタリア・ミラノの国際家具見本市「サローネ・デル・モービル」でお披露目されたコレクションが、オランダのアムステルダム国立美術館にやってきます。約6ヶ月にわたり、同美術館所蔵のコレクションとともに、日本とオランダの新たな交流、素晴らしいコラボレーションをご覧いただけます。

※「2016/ collection」は、Ingegerd Raman(スウェーデン)、Studio Wieki Somers(オランダ)、BIG-GAME(スイス)、Christien Meindertsma(オランダ)、柳原照弘(日本)、Kirstie van Noort(オランダ)、Tomas Alonso(イギリス)、Christian Haas(デンマーク)、藤城成貴(日本)、Kueng Caputo(スイス)、Pauline Deltour(フランス)、Stefan Diez(デンマーク)、ショルテン&バーイングス(オランダ)、Saskia Diez(デンマーク)、Leon Ransmeier(アメリカ)、TAF(スウェーデン)によりデザインされました。

「酒井田柿右衛門展」が同時開催
アムステルダム国立美術館・アジア館では、同時に酒井田柿右衛門の展覧会を開催します。15代目酒井田柿右衛門が、アムステルダム国立美術館のために創った特別な作品が、同美術館が収蔵する17世紀の柿右衛門作品とともに展示されます。「柿右衛門」は日本の磁器の最高峰と言われています。初代酒井田柿右衛門(1596年~1666年)によって名付けられ、代々その子孫によって受け継がれてきました。アムステルダム国立美術館は、オランダ最大の柿右衛門コレクション110点を収蔵しています。

展覧会
名称 Arita Porcelain Today
会期 2016年4月22日(金)~10月9日(日)※会期中無休。9時~17時まで。
会場 オランダ・アムステルダム国立美術館
公式HP(日本語)
https://www.rijksmuseum.nl/jp/general-information-japanese

ページトップへ