Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

オランダ話題のスポット おしゃれなカフェでハイティーを

オランダでは最近、紅茶と一緒にお菓子や軽食をたっぷり食べる「ハイティー」がちょっとしたブーム。一風変わったカフェでないようなロケーションでもハイティーが楽しめるのです。

(c)Tassenmuseum Hendrikje - Museum of Bags and Purses

(c)Tassenmuseum Hendrikje – Museum of Bags and Purses

● 優雅な気分!オランダ王室ゆかりの宮殿でいただくハイティー

中部の町アペルドールンの郊外にオランダ王室ゆかりの「ヘットロー宮殿」があります。かつて王族の狩猟の館として建てられ、豊かな森に囲まれた宮殿は、ユリアナ女王の御代には夏の離宮として使用されていました。いまは約300年に渡る王室の暮らしの歴史を感じることができる貴重なミュージアムになっています。代々の肖像画、装飾の凝った調度品や家具、豪華なシャンデリア、磁器や銀食器などのコレクションが並べられ、まさにロイヤルな雰囲気。そんなインテリアの中でハイティーをいただくことができます。

ハイティーは「ウィルヘルミナ王妃の間」にて毎日正午からはじめられます。まずはオレンジ(オランダ王家の名前に由来)が入ったプロセッコで乾杯。スコーン、マフィン、ミニサンドイッチ、ビスケット、チョコレート、プチ・フルールなどと共に紅茶が供されて、22.95ユーロ。2名から注文できます。

オランダ王室は、日本の皇室と深い交流がありますが、ここヘットロー宮殿は日本の皇太子ご一家が訪れた場所でもあります。本物の宮殿でゆっくりと時を過ごしながら、両国の歴史に思いをはせてみませんか?

ヘットロー宮殿 Paleis Het Loo Nationaal Museum(英語ウェブ)
アクセス:アムステルダム中央駅からアペルドールン駅まで鉄道で1時間。アペルドールン駅からバス10番、16番、102番、またはタクシーで10分。

アペルドールン ヘットロー宮殿 オランダ

● アムステルダムの乗馬学校というユニークなセッティング

アムステルダム 乗馬学校 オランダオランダ最古の乗馬学校がアムステルダムの街中にあるのをご存じでしょうか?市民の憩いのフォンデル公園に並行してはしる「フォンデル通り140番地」にクラシックなバロックスタイルの建物が印象的な、現役の乗馬学校があります。当時シックなエリアだったこの場所に、エリートの子女のために1882年に完成した建物は、いまもいきれいに保存され使われています。由緒ある乗馬学校ですが、レッスンのないときはパーティなどに使われることも多く、実はハイティーも楽しめるのです。事前にEメールでの予約が必要で、乗馬学校の見学料込で24.50ユーロです。乗馬学校ならではのメニューとして、乗馬経験のある方はレッスンとハイティーをセット(49ユーロ)で楽しむこともできます。予約Eメール(英語) contact@levendpaardenmuseum.nl

オランダ乗馬学校 De Hollandsche Manege
住所 Vondelstraat 140, 1054 GT Amsterdam(アムステルダム市内・フォンデル公園そば)

● 四世紀の歴史を伝える伝統工芸に囲まれて

ロイヤル・デルフト ハイティー オランダ

オランダ伝統の陶器デルフト焼の工房ロイヤル・デルフトでも最近ハイティーを始めました。
特徴的な上品な藍色で絵付けされたデルフトブルーの食器は、いまも大変高級なものです。目でもその美しさを味わえるのが楽しい、デルフト焼の工房ならではのハイティーも人気があります。カップやお皿に可愛く並べられたスコーンやマカロンなどのスイーツがたまりません。ハイティーのみは19.50ユーロですが、せっかくなので食器ができるところが見られる、工房見学と合わせたプラン(29.50ユーロ)に参加してみてはいかがでしょう。ブラッセリーは趣のある中庭に面しています。

ロイヤル・デルフト 中庭 オランダ

ロイヤル・デルフト Royal Delft
住所 Rotterdamseweg 196, 2628 AR Delft(デルフト市内、鉄道のデルフト駅から徒歩15分)

● ファッションと豪商の館 バッグミュージアムのおしゃれカフェ

アムステルダム ハンドバッグ・ミュージアム オランダ

アムステルダムの運河沿いの館にある「ヘンドリッキェ・バッグ・ミュージアム」は、世界でも類を見ない女性のバッグとお財布のために捧げられたミュージアム。中世ヨーロッパから現代までのハンドバッグ、ポーチ、財布、旅行鞄など4,000点にのぼるコレクションは世界最大です。時代とともに変遷するスタイル、素材、用途など女性のバッグの歴史が手に取るようにわかります。ファッションや小物が好きな女性、バッグのコレクター、服飾デザインに興味がある方などにとっては何時間居てもあきない、隠れた宝石のようなミュージアムです。ミュージアムの入っている館は17世紀建造。当時の裕福なオランダ人の暮らしを伝える美しい天井画やマントルピースなどに味わいがあります。その雰囲気が活かされたエレガントなカフェでハイティーが楽しめます。カフェ利用は予約不要ですが、ハイティーを希望する場合は2名以上で事前予約が必要となっています。ボリュームによってHigh Tea Hendrikje(21.50ユーロ)とHigh Tea Classic(28.50ユーロ)があります。

アムステルダム ハンドバッグ・ミュージアム オランダ

ヘンドリッキェ・バッグミュージアム Hendrikje Museum of Bags and Purses
住所: Herengracht 573, Amsterdam(アムステルダム旧市街・ヘーレン運河沿い)

オランダには、まだほかにも美味しい&ユニークなハイティーが味わえる場所がいろいろあるかもしれません。ぜひ探してみてください。そして観光で疲れた足をゆっくりと休めて、地元っ子気分でハイティーを楽しんでみてください。

ページトップへ