Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

アムステルダム国立美術館が日本の能装束を展示

大倉コレクションの能装束展

アムステルダム国立美術館では、10月21日から、日本で数百年の歴史を持つ「能」の舞台で使用した装束を紹介する特別展を開催します。舞踊と唄、囃子が一体となった演劇「能」は、14世紀から続く日本の伝統芸能です。この展覧会の中心となる作品は、18世紀に作られた金色の絹地に夕顔が刺繍された装束です。

大倉コレクション 国立美術館 アムステルダム 日本 オランダ

「大倉コレクションの能装束」は2016年10月21日から12月13日まで、アムステルダム国立美術館で開催されます。この展覧会は、ホテルオークラ・アムステルダムとアムステルダム市との共同事業で、ホテルオークラ・アムステルダムの設立45周年を記念して企画されました。

能について

能は、14世紀後半頃、将軍・足利義光(1358-1408年)の統治時代にその基礎が確立されました。能役者舞踊や身振り、謡によって、深遠で優美な「幽玄」を表現しようとします。能の根源にあるのは、この世のはかなさ、苦悩や救いなどの仏教の世界観です。能の筋立てや舞台構成、演技の型は17世紀からあまり変化はありません。

アムステルダム国立美術館での能装束の展示は、古の能舞台が生み出したであろう華やかな雰囲気を思い起こさせるでしょう。シテ方が薄暗い橋を渡って舞台に登場すると、金銀の糸をふんだんに使った装束が暗闇に浮かびあがります。

大倉コレクションについて

大倉集古館は1917年に設立された日本で最初のプライベートの美術館です。創設者の大倉喜八郎氏(1837-1928)は文明開化の直後、越後国新発田から江戸に出てきて大倉屋(乾物店)の開業を皮切りに様々な事業を展開した実業家です。跡を継いだ息子の喜七郎氏(1882-1963)は1962年に東京でホテルオークラを創業しました。大倉喜八郎、喜七郎父子は美術愛好家としても知られ、その風潮は今でも大倉家に引き継がれています。

大倉集古館から出展される7領の能装束は、能装束の中でも代表的なものです。展示の中心となるのは、18世紀に作られた絹地に夕顔の文様が刺繍された「縫箔(ヌイハク)」です。

アムステルダム国立美術館 Rijksumuseum Amsterdam
公式HP(日本語)

日本とアムステルダムの関係
アムステルダム市、及びその首都圏にとって日本との関係はとても重要で、両国間の行政府や各種協会などを通じて、経済関係をより強固なものにするための知識の共有や相互の文化交流等が行われています。

ページトップへ