Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ゲントの街がミュージアムに…TRACKのみどころ(フランダース)

TRACKは、2012年5月12日-9月16日まで、4か月にわたりベルギーのゲントで行われる文化イベント祭りです。ゲント市立現代美術館(SMAK)の芸術ディレクターを中心に始められたアートプロジェクトで、約40の国際的なアーティストの作品が見られます。
出展されている作品はどれも各アーティストが、ゲントの文化や歴史をグローバルな視点から解釈したもの。例えば、トルコ出身のアーメット・ウァーユットの作品は、ベルギーの社会運動から着想。ベルギー生まれのシュルレアリスムの画家マグリットの代表作「ピレネーの城」の空中に浮かぶ岩を模したオブジェを空に浮かべ、街をゆく人をあっと驚かせています。
作品はゲントの街の6地区に点在し、屋外で無料で見られるものもあります。ぜひ街を散策しながら、ゲントの歴史や文化を知り、またモダンアートに出会ってみてください。刺激いっぱいの街歩きとなるでしょう。またTRACK期間中は、ジャズやオペラなど様々なライブパフォーマンスが行われ街全体がアート1色となっています。

参照≫TRACK主要作品を写真で紹介したTABLETの記事 http://agenda.tablethotels.com/ja/2012/05/on-track/

日本人アーティストの活躍

参加アーティストのひとりが、名古屋出身の西野達(Tazu Rous)さん。現在、ベルリンと東京に拠点を置き、ヨーロッパを中心に大胆で冒険的なプロジェクトを数多く発表しています。例えば、街灯や駐車された車を展示の一部にしてしまうなど、身の回りにありふれたものを、プライベートな空間に置くことで、違った経験になる、といった斬新なプロジェクトを数多く手掛けています。今回のプロジェクトで取り上げたのは駅舎。しかもその時計塔という街のシンボルを覆ったハコの正体が実はホテルとなっています。この特別なロケーションのホテル、宿泊費が105ユーロとリーズナブルということもあって、ただいま予約で満室となっているようです。どんなホテルか気になった方は「Hotel Gent」に宿泊した元BRUTUS副編集長のブログを覗いてみて下さい。 http://fukuhen.lammfromm.jp/?p=16643

参照≫駅舎にあるたった1部屋のHotel Gent ウェブサイト http://www.hotel-gent.net/

会場の6地区

1.シタデル公園周辺 ゲント美術館(MSK)、ゲント市立現代美術館(SMAK)、ゲント市博物館(STAM)といったミュージアムが集まるゲント・シント・ピータース駅とシタデル公園の周辺は、若きアーティストたちのアトリエや音楽家たちのリハーサルの場となります。 2.ゲント大学周辺 ベルギー人建築家ヘンリ・ファン・デ・ヴェルデ作の大学図書館ブックタワーをはじめ、フォールアウト・アートセンター、聖ピータース修道院アートギャラリーなどがあります。 3.旧市街中心部 フランダース・オペラ、トラードエクスチェンジ等で行われます。 4.トルハウス フラテルス広場、トルハウスラーン通り周辺では、キナス・ガーデン、聖ヤン・デ・デオ、カンポ、フォートマン・ハウス、マリア・ゴレッチ教会、フォーヘレンザング公園などで開催。 5.マチャリウス ゲントの町の起源となったエリアです。ゲント・ダムポート駅、聖バーフ修道院、アウトリッド公園などで開催。 6.ガスメーター・サイト かつての産業地区が新しい住宅地、ビジネス地区に生まれ変わったところ。

TRACK鑑賞券
個人:10ユーロ、団体(15名以上):7ユーロ
※屋内展示共通チケット。開催期間中有効。

開催日時
5月13日-9月16日 12時-18時(月曜は屋内展示は休み)

ウェブサイト http://www.track.be/

 

ページトップへ