Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

オランダ 春の企画展

もうすぐチューリップなど色鮮やかな花に彩られるオランダ。花のシーズンを旅する方におすすめ、今春のオランダのアート企画展をお知らせします。

ゴッホ美術館(アムステルダム)

ゴッホのオランダ時代の風景画2点(画像)は、14年前に盗難にあい、奇跡的に昨年イタリアで発見されたものです。

アムステルダム ゴッホ美術館 ヌエネン 教会 オランダ

アムステルダム ゴッホ美術館 スヘフェニンゲン 海岸 風景 オランダ

北海沿岸のスヘフェニンゲンを描いたもの(画像下)と、画家修業の初期に家族とともに住んだヌエネンの村の教会を描いたもの(画像上)は、ゴッホ美術館でも数少ないオランダ時代の風景画です。両作品のオランダへの帰国を祝い、絵画が修復に入る前に収蔵元のアムステルダムのゴッホ美術館で約2か月間、展示されることとなりました。
別館や本館入口の設計を日本の建築事務所が手掛けたり、度々作品の来日があったり(2017年は北海道、東京、京都で ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 開催)、日本とゆかりの深いゴッホ美術館は、アンネの家と並んでアムステルダムで最も人気の高いスポットのひとつでもあります。常設展で世界最大のゴッホ絵画のコレクションが観られます。ぜひ訪れたい美術館です。

企画展名: Van Gogh Returns
会期:2017年3月21日~5月14日
会場:ゴッホ美術館
企画展の概要(英語) www.vangoghmuseum.nl/en/whats-on/exhibitions/van-gogh-returns

● 関連記事
ゴッホ2大コレクションと画家の故郷を訪ねて

マウリッツハウス美術館(ハーグ)

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」(画像下)で知られるマウリッツハウス美術館で、春の企画展として静物画の≪食べ物≫をテーマにした「スローフード展」がスタートしました。

フェルメール「真珠の耳飾の少女」(c)Mauritshuismuseum

フェルメール「真珠の耳飾の少女」(c)Mauritshuismuseum

Clara Peeters, Still Life with Cheeses, Almonds and Pretzels, c. 1615, Mauritshuis, The Hague.

Clara Peeters, Still Life with Cheeses, Almonds and Pretzels, c. 1615, Mauritshuis, The Hague.

オラニエ=ナッサウ家の流れを汲む貴族ヨハン・マウリッツが住まいとしていた瀟洒な邸宅内にある美術館の空間で、17世紀の裕福な人々の生活を想像しながら観る、リアルなフードアートには新鮮な驚きがいっぱいです。マウリッツハウス美術館が最近購入した作品のほか、スペインのプラド美術館などから、同テーマの作品が借り出され、果物やチーズなどの食材の細部から食器やテーブルナプキンに至るまで、20点ほどの丁寧に描かれた静物画が堪能できます。

企画展名:Slow Food
会期:2017年3月9日~6月25日
会場:マウリッツハウス美術館
企画展の概要(英語) www.mauritshuis.nl/en/discover/exhibitions/slow-food/

● 関連記事
宝石箱のようなマウリッツハウス美術館

ハーグ市立美術館

デ・スタイル芸術運動100週年を迎える今年、オランダでは関連の企画展が各地で開催されています。

デ・スタイルを代表するモンドリアンカラーに染まるハーグの街

デ・スタイルを代表するモンドリアンカラーに染まるハーグの街

Bart van der Leck - Compositie No. 8 (1917). Collectie Gemeentemuseum Den Haag

Bart van der Leck – Compositie No. 8 (1917). Collectie Gemeentemuseum Den Haag

なかでもデ・スタイルを代表する画家モンドリアンの世界最大のコレクション(300点以上)を収蔵するハーグ市立美術館では、所蔵する作品を年間を通して展示するほか、特別展も開催します。その第一弾が「ピエト・モンドリアンとバート・ファン・デル・レック~新しい芸術の発明」です。モンドリアンと3年ほどを芸術運動を共にし、よき友人でもあったバート・ファン・デル・レックに焦点が当てられます。デ・スタイルの立役者となった2人の画家の作品約80点を展示し、原色(赤、青、黄)の謎に迫ります。ニューヨークのMoMAなどから貸し出された作品も観られます。

企画展名:PIET MONDRIAN AND BART VAN DER LECK – INVENTING A NEW ART
会期:2017年2月12日~5月21日
会場:ハーグ市立美術館
企画展の概要(英語)www.gemeentemuseum.nl/en/exhibitions/piet-mondrian-and-bart-van-der-leck

● 関連記事
モンドリアンからダッチデザインまで デ・スタイル100周年

ページトップへ