お便り最新観光ニュース、メディア情報、イベント、キャンペーンのお知らせ

9月の特集★ベルギーでファッションを楽しむ

ファッション・キャピタル
アントワープ

(c) Ulrike Biets for Modo Brussels

(c) Ulrike Biets for Modo Brussels

おしゃれな人が多く住むベルギーのなかでも、アントワープはモードの先端を行く、ファッション・キャピタル。 1980年代後半に、ドリス・ヴァン・ノッテンらアントワープ王立芸術アカデミーのファッション科卒業生がモード界で国際的な成功をおさめ、アントワープ・シックスとして世界に知られるようになりました。その後もアカデミーはマルタン・マルジェラなど次々とクリエイティブなデザイナーを輩出。ファッションにおけるアントワープの名を確固たるものにしました。

アカデミーの卒業ファッションショー

(c) Frederik Beyens

(c) Frederik Beyens

アントワープ王立芸術アカデミー・ファッション科で毎年行われる卒業ファッションショーは、生徒のコレクションを審査する場というだけではありません。ファッション業界の金の卵を探す業界人や、他に類を見ない素晴らしいグラン・デフィレの雰囲気を味わおうと国内外からファッション好きや関係者が集まります。ヘアメイクなどもプロ顔負けの大変高いレベルが披露されます。世界中から数千人もの観客が集まる素晴らしいファッションショー。ぜひいちど覗いてみてください。毎年6月中旬に開催。約1ケ月前に観覧チケットがオンラインで販売されます。

アントワープのファッションスポット

アントワープ ファッションまず訪れたいのがモードナシー(Modenatie)。アントワープ王立アカデミー・ファッション科やフランダース・ファッション・インスティンテュート(ファッションの振興と発展を目指したサポート機関)が入っているこの建物には、ファッションを学ぶ学生が出入りしています。旅行者でも利用できるのが「MoMuモード博物館」。ここでは年2回の期間ごとにファッションにまつわる企画展が開催されています。1階にはファッションやアートの書籍を集めた書店とカフェがあります。
モードナシー(Modenatie)があるナショナルストラート(Nationalestraat)はドリス・ヴァン・ノッテンの旗艦店Modepaleisなどデザイナーズショップが立ち並ぶ、アントワープのファッションの中枢です。

モードナシーの今秋の企画展は「MoMu Now」と題された現代デザイナー展。同ミュージアムが所有する25,000点の服飾を中心としたコレクションに、この5年間で現代に活躍するデザイナーの作品7,000点が加わりました。その中からベルギーのデザイナー作品を中心にハイライトを展覧します。2015年1月4日までの開催。

詳しく見る

ドリス ヴァン ノッテン アントワープ ショップさらに、来年前半(2015年2月13日〜7月19日)は、アントワープ出身のデザイナードリス・ヴァン・ノッテンの回顧展が開かれます。彼の作品全体を概観する展覧会の試みは初めてのものです。

ファッション・ウォーク

アントワープ王立美術館(改修工事中)からスヘルデ川岸にかけての「ザウド地区」には、デザイナーズショップを始め、おしゃれなレストラン、カフェ、アンティーク&ブロカンテのショップが集まります。ファッション好きにはいくら時間があっても足りないかもしれません。

下記リンクより、アントワープ市観光局によるおすすめショップ・リスト(英語)がご覧いただけます。アントワープでお買い物を楽しむときのご参考にどうぞ。
http://antwerp.citypath.eu/shop
 
——————————————

9月のプレゼントのお知らせ

このファッション特集とデザイン特集にちなんで、アントワープを拠点とするベルギーのカジュアルバッグブランド Kipling(キプリング)のポーチとノートのセット(3名様)、オランダの雑貨スーパーHEMAのマスキングテープ(3名様)、オランダ・インテリアの本(1名様)、デザイナー・イナマットのTシャツ(子供用と大人の女性用をセットで1名)を、合計8名様にプレゼント。

応募受付 2014年9月30日(火)

※応募多数の場合は抽選となり、当選者への発送をもって当選発表と代えさせていただきます。
 
 
※ 本キャンペーンの応募は締め切りました

ページトップへ