お便り最新観光ニュース、メディア情報、イベント、キャンペーンのお知らせ

11月の特集 シンタクラース祭りとクリスマス

ブリュッセルの「聖カトリーヌ広場」 観覧車やスケートリンクが登場し、クリスマス気分を盛り上げます

ブリュッセルの「聖カトリーヌ広場」 観覧車やスケートリンクが登場し、クリスマス気分を盛り上げます

オランダとベルギー・フランダースのサンタクロース伝説  『シンタクラース』って?

子供たち憧れの聖ニコラス(シンタクラース)

子供たち憧れの聖ニコラス(シンタクラース)

オランダ、そしてベルギーには毎年11月下旬になると、子供たちが待ち望む人物がいます。その名は、聖ニコラスこと「シンタクラース」。子供達の憧れのシンタクラースは白馬アメリコに乗り、赤いマントに身を包み、大勢の従者と一緒に、蒸気船でスペインからやってきます。 そして聖人の日の前夜となる12月5日の晩、国中のよい子たちにプレゼントを配り、またスペインへと帰っていくのです。

実はこのシンタクラースこそ、サンタクロースの起源だという説があります。 シンタクラースは、元をたどると4世紀頃の東ローマ帝国の都市ミラ(現トルコ領)の司教聖ニコラスの伝説が起源。 数々の奇跡を行ったとされる「聖(セント)ニコラス」をオランダ語にすると「シンタクラース」となります。 オランダ語圏では14世紀頃から聖ニコラスの命日の12月6日を「シンタクラースのお祭り」として祝う慣習がありました。 その後、17世紀アメリカに植民したオランダ人が「シンタクラースのお祭り」を伝え、年月が経るにつれ、聖人の乗っている白馬がトナカイに代わり、体型が太っちょに・・・名前はシンタクラースから転じて、サンタクロースとなったと考えられています。

ブリュッセルの老舗菓子店ダンドワでは、代々受け継いだ型から巨大なスペキュロースが生まれる

ブリュッセルの老舗菓子店ダンドワでは、代々受け継いだ型から巨大なスペキュロースが生まれる

そしてオランダとベルギーの子供たちには、うれしいことにクリスマスが2回訪れることとなりました。 1つはもちろん世界的なお祭り12月25日の「クリスマス」。 そしてもう1つは、12月6日の「シンタクラースのお祭り」です。 聖ニコラスの日とキリスト降誕祭の両方をお祝いします。 その皮切りが、アムステルダム、ブリュッセルなどで毎年11月に開催される「シンタクラースの到着」と続いて行われるパレードです。

11月のとある日曜日、シンタクラースが従者をお供に連れて、蒸気船に乗ってスペインからやって来ます。 多くの人々が子供達をつれて一行を出迎えようと集まります。 子供たちは声を合わせて歌ったり、シンタクラースの名を口々に叫んだりし、従者は手に持っている袋の中からクッキーなどのお菓子を投げてくれます。 その様子は、テレビでも放映されるほどの風物詩です。 その後、シンタクラースは白馬に乗り、市内をパレードして回ります。 アムステルダムの行列は30万の人々によって迎えられ、約4トンのジンジャーブレッドが、607人の従者によって配られるそうです。

毎年11月中旬、アムステルダムで開催されるシンタクラースのパレード

毎年11月中旬、アムステルダムで開催されるシンタクラースのパレード

シンタクラースが到着する頃、街のショップウィンドーはシンタクラースにちなんだディスプレーで飾られ、徐々にお祭り気分が高まっていきます。 職場や学校にもシンタクラースが現れます。 オランダでは「シンタクラース・ジャーナル」という子供向けの番組が毎晩放映され、国中の子供達のプレゼントを用意する忙しいシンタクラースの様子を紹介します。 子供達は心からシンタクラースを待ち焦がれるのです。

聖人の日は12月6日ですが、一番盛り上がるのは5日の前夜祭。 シンタクラースの存在を信じる子供達はプレゼントを入れてもらうため、暖炉やラジエーターの横に自分達の靴を置いておきます。 靴の側には馬のためにニンジンと水が置かれ、子供達はシンタクラースを称える歌を歌ってから眠りにつきます。 シンタクラースは、単に「プレゼントを持って来てくれるおじいさん」ではありません。 何でも知っていて、良い子には贈り物をくれますが、悪い子にはお仕置きをするのです。 子供たちの集まるパーティーにシンタクラースが現れると、何でも書いてある大きな本を取り出します。 そこには、子供達がその年にやった事がちゃんと書いてあり、1年間良い子でいた子供達は、そのご褒美を受取ることが出来るというわけです。 話を聞けば聞くほど、聖人ニコラス「シンタクラース」の伝説とお祭りはサンタクロースと似ていますね。

オランダ ゴーダ クリスマス

ブリュッセルのグランプラスのライトアップの華やかさはここでしか見られません

ブリュッセルのグランプラスのライトアップの華やかさはここでしか見られません

クリスマスの華やぎも見逃せません

さて、シンタクラース祭りの前後から、オランダ、ベルギー各地では、もうひとつのクリスマス、日本人のイメージするクリスマスの装いが華やかになっていきます。 毎年11月末から1月初旬にかけて、クリスマスマーケットを中心としたクリスマスイベントが各地で開催されます。 クリスマスマーケットが特に華やかなのは、ベルギー、首都ブリュッセルや、フランダースのアントワープ、ブルージュなどとオランダ南部。 これらのエリアではカトリック信者が多いため、クリスマスの伝統が根付いているのです。

アントワープでは聖母大聖堂近くのグルンプラーツ、グロートマルクトを中心に、スヘルデ川までお店が並びます

アントワープでは聖母大聖堂近くのグルンプラーツ、グロートマルクトを中心に、スヘルデ川までお店が並びます

ブルージュでは、マルクトやシモンステファン広場に露店が並びます。ブルージュでは、マルクトやシモンステファン広場に露店が並びます。おすすめはブリュッセルのグランプラス。 夜ごと音楽に合わせて光のショーが行われとても華やか。 ショーのない時でも建物が美しくライトアップされているので夕方から深夜近くまで、イルミネーションをたっぷり楽しめます。 キリスト誕生の逸話にちなんだ馬小屋も立ち、なんと生きた羊やロバたちが住んでいます。 またアントワープやブルージュといった地方都市のクリスマスマーケットもそれぞれ歴史ある町の佇まいに映える温かなもの。 クリスマスのオーナメントやお土産にぴったりの雑貨、手作りグッズなどが購入できるほか、その土地ならではのスイーツやホットドリンクも楽しめます。 オランダ南部のファルケンブルグという町では、長い年月をかけて掘られた本物の洞窟の中で、クリスマスマーケットが開催されます。 冬でも温かい洞窟でゆっくり買い物を楽しむ人々で賑わっています。 現地の人と一緒に歴史ある街をそぞろ歩いたり、ライトアップされた移動遊園地やアイススケートリンクを覗きながら、夜景とショッピングを満喫しましょう。

中世の雰囲気を残すゴーダの町にはキャンドルがよく似あう

中世の雰囲気を残すゴーダの町にはキャンドルがよく似あう

チーズで知られるオランダの町ゴーダでは、地元の名産であるキャンドルをテーマにしたイベントが開催されます。 1年にたった1日見ることのできる「ゴーダbyキャンドルライト」では、たくさんの家の窓にキャンドルがともされ、町の中心広場の市庁舎前に巨大なツリーが立ちます。 讃美歌を歌ったり、歌手が登場してのパフォーマンスの後に、巨大ツリーが点灯されお祭りはハイライトを迎えます。 お店も夜遅くまで営業しているので、自慢のチーズやゴーダ名産のワッフルを頬張りながらブラブラしてみましょう。

——————————————

イメージ

イメージ

 

11月のプレゼント

シンタクラース祭りとクリスマス特集にちなんで、ブリューゲルの作品に登場する生き物をイメージしたオーナメント(ベルギー王立美術館のミュージアムショップから)またはオランダのドロステ社の缶入りココアを合計10名様にプレゼント。

応募受付 2014年11月4日(火)〜11月28日(金)

※賞品の選択はこちらにお任せいただきます。 応募多数の場合は抽選となり、当選者への発送をもって当選発表と代えさせていただきます。

※ 本キャンペーンの応募は締め切りました

ページトップへ