お便り最新観光ニュース、メディア情報、イベント、キャンペーンのお知らせ

今春公開のオランダ&ベルギー映画

2016年春、オランダとベルギーを舞台にした映画が日本で公開されます。
どの作品もちょっとファンタジックで、独特な魅力のある世界観を持っています。
素敵な3つの作品をご紹介します。

(1)孤独のススメ
– 2013年ロッテムダム国際映画祭観客賞をはじめ、世界各国の映画祭で観客賞を中心に多数受賞
– オランダ映画
– 4月9日より、新宿シネマカリテにて公開中(全国にて順次公開)

© 2013, The Netherlands. Column Film B.V. All rights reserved.

© 2013, The Netherlands. Column Film B.V. All rights reserved.


ストーリー:信仰篤いオランダの田舎町、単調で振り子のような毎日を生きる男やもめのフレッドのもとに、ある日突然言葉も過去も持たない男テオが現れます。やむなく始まった奇妙な共同生活のおかげで、ルールに縛られた日常が鮮やかに色づいていきます。すべてをなくした男が、何も持たない男から学んだ幸せとは?人間の孤独と愛、自由をユーモアたっぷりに描いた作品です。

≪スタッフからひとこと≫
美しい牧歌的な田園風景が印象的。登場人物も優しく癒されます。最後はあっというハッピーなエンディングです。オランダでは少数派となった敬虔なカトリック教徒の姿が描かれているのも興味深く、またクッキー缶のやり取りなどからオランダ文化が垣間見えます。

監督・脚本:ディーデリク・エビンゲ
出演:トン・カス、ルネ・ファント・ホフ、ポーギー・フランセ、アリアネ・スフルーター
2013年/オランダ/86分/カラー/シネスコ/原題:Matterhorn
提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム
映画公式HP kodokunosusume.com

(2)神様メール
– ベルギーの異才ジャコ・バン・ドルマル監督
– ブリュッセルの街に暮らす神様と、その娘が引き起こす騒動を描いたファンタジックコメディ
– 5月27日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ ほか全国ロードショー

© 2015 - Terra Incognita Films/Climax Films/Après le déluge/Juliette Films Caviar/ORANGE STUDIO/VOO et Be tv/RTBF/Wallimage

© 2015 – Terra Incognita Films/Climax Films/Après le déluge/Juliette Films Caviar/ORANGE STUDIO/VOO et Be tv/RTBF/Wallimage


ストーリー:神様はブリュッセルのアパートに家族と一緒に住んでいて、パソコンでいたずらに世界を支配している。ある日、神様の娘10歳のエアは人間に運命に縛られずに生きてほしいと思って、神様のパソコンから人々に余命を知らせるメールを送ったから、さあ大変・・・!

≪スタッフからひとこと≫
主人公の女の子がとっても可愛く、強く、やさしい。彼女が出会う人々の一風変わった物語に引き付けられます。小さな奇跡が心を温かくして、未来を輝かせてくれる素敵なコメディでした。舞台はベルギーのブリュッセル。所々で街の風景に出会えます。「日本ベルギー友好150周年記念映画」に認定された貴重な作品です。

監督 ジャコ・ヴァン・ドルマル
脚本 ジャコ・ヴァン・ドルマル、トーマス・グンズィグ
主演 ブノワ・ポールヴールド、ヨランド・モロー、ピリ・グロワーヌ、カトリーヌ・ドヌーヴ
2015年フランス、ベルギー、ルクセンブルク/カラー/115分/スコープサイズ/5.1ch サラウンド/日本語字幕:松浦美奈
後援:ベルギー大使館 配給:アスミック・エース
公式HP kamisama.asmik-ace.co.jp

(3)素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店
– オランダで大ヒット!エキセントリックだけどチャーミングな、サプライズ満載のコメディ!
– 『オランダのウェス・アンダーソン』と呼び声高いアカデミー賞®受賞監督マイク・ファン・ディム
– 5月28日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国公開

 © 2015 SURPRISE FILMPRODUCTIE VOF / VARA / PRIME TIME/ RIVA FILM / FASTNET FILMS


© 2015 SURPRISE FILMPRODUCTIE VOF / VARA / PRIME TIME/ RIVA FILM / FASTNET FILMS

ストーリー:ヤーコブは、オランダの貴族で大富豪のひとり息子。広大な敷地にあるお城に住んでいるが、一切感情を持たず、楽しみを感じない人生に嫌気がさしている。母親の葬式を済ませた後に自殺を試みるが、常に邪魔が入り自殺に成功できない。そんな時、偶然出会った隣国ベルギーの謎の『代理店』は“最終目的地への特別な旅”のプランを提案するといい、事故に見せかけた自殺ほう助を行うサービスを提供しているとして、ヤーコブは【いつ、どこで、どうやって死ぬか分からない“サプライズ”コース】に申し込む。思いもよらない人生最大のサプライズとは?

≪スタッフからひとこと≫
オランダ人監督による、オランダの富豪を主人公に据えた映画ですが、大富豪の邸宅の撮影地やサプライズが起こる街はベルギーという設定です。ふたつの国の共作のような映画と感じました。品の良く憎めない主人公とキュートでミステリアスな女性が登場。ハラハラするアクションあり、美しい豪邸や海辺の風景あり、サプライズありと盛り沢山の作品です。

監督:マイク・ファン・ディム 『キャラクター/孤独な人の肖像』(97/第70回アカデミー賞®外国語映画賞受賞)
撮影監督: ロヒアー・ストファース
2015年/オランダ/オランダ語、英語、ヒンディー語、仏語/105分/配給:松竹/原題:De Surprise
配給:松竹
公式HP sutekinasurprise.jp

ページトップへ