お便り最新観光ニュース、メディア情報、イベント、キャンペーンのお知らせ

オランダ観光の人気スポット1位発表、混雑を避けるには?

オランダで2015年に外国人観光客が最も訪れたスポットが発表されました。

● 1位

ザーンセスカンス 風車 オランダ

ザーンセスカンス 家屋 オランダ

160万人が訪れたザーンセスカンス Zaanse Schans が堂々の1位です。ザーンセスカンス・・ちょっと覚えにくい名前ですが、ここではオランダのイメージを代表するものの一つ「風車」が観られます。また伝統家屋が移築され、昔ながらの牧歌的なオランダの雰囲気が味わえる保存地区となっています。
アムステルダムから鉄道で20分、車で30分と首都から近く訪れやすいことも人気の理由でしょう。入場は無料。敷地内にはチーズ工房や木靴工房などがあり、伝統の技を見学したり、お土産を買うこともできます。
青空に映える緑色の家屋が絵になる、とても気持ちのいいスポットです。ハイシーズンは多くの観光客で混み合っていますが、風景を楽しんだり写真を撮るだけなら、朝や日の長い夏の夕方以降に訪れるのがいいかもしれません。

関連記事 オランダで風車を見る〜 風車の日、保存地区、世界遺産

● 2位、3位

Photo by Jan Kees Steenman

ゴッホ美術館 Photo by Jan Kees Steenman

アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館

ゴッホ美術館 Van Gogh Museumが2位、アムステルダム国立美術館 Rjksmuseum Amsterdam が3位です。どちらもアムステルダムの文化の中心として知られる「ミュージアム広場」にあります。国立美術館は大改修工事が行われ、2013年に生まれ変わったばかり、ゴッホ美術館は、日本の黒川紀章建築都市設計事務所の設計による新エントランスが昨年完成し、入場口の混雑が解消されつつあります。それでも心配な人は、美術館の公式HPで予めオンラインチケットを購入しておけば安心です。

● 4位

アムステルダム アンネの家 オランダ 

世界で最も読まれている日記、「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクが第二次世界大戦中に家族と暮らした家がミュージアムになっています。世界中からの見学希望者によって長い行列ができることで有名でしたが、2016年5日1日からは、オンラインチケットを持っていないと入場できない時間帯と、当日売りのチケット(窓口販売)で対応する時間帯に分けられます。「隠れ家」(生活スペース)という限られたスペースを、少しでも多くの方に見学していただくための措置となります。

● 番外

国内・国外の訪問者数を合わせて堂々1位となったのは、470万人が訪れたテーマパーク「エフテリング Efteling」です。ここはオランダの子供たちに大人気で、家族で訪れる夢のスポットとなっています。他のどこにもないファンタジックな世界観は、誰が訪れても観て、楽しいめるものですが、日本人にはまだ知られていない隠れたスポット。オランダ南部のブラバント地方(最寄りの街はデンボス)にあります。デンボスで中世の街の雰囲気を味わってから、幻想的なエフテリンクを訪れてみてはいかがでしょう?

参照記事(オランダ語)
http://nos.nl/artikel/2099106-zaanse-schans-populairst-bij-buitenlandse-toeristen.html

ページトップへ