お便り最新観光ニュース、メディア情報、イベント、キャンペーンのお知らせ

ラーケン王宮温室2013年の開園

ブリュッセル北部ラーケン地区にあるラーケン王宮。ルイ16世様式の宮殿はベルギー王室居住用のため一般公開されていませんが、同じ居住区内にある王宮温室は毎年春に公開されます。

レオポルド2世がアフリカをはじめ世界中から集めた植物が育てられ、毎年多くの人が訪れます。温室は建築物としての価値も高く、ヴィクトル・オルタの師であるアルフォンス・バラによる設計のアールヌーヴォー建築で、ガラスと鉄骨を贅沢に利用し「ガラスの宮殿」とも呼ばれます。

≪2013年の開園≫
開園期間: 2013年4月19日〜5月12日
火・水・木 9時30分〜16時
金 13時〜16時、20時〜22時
土・日 9時30分〜16時、20時〜22時
*月曜は休園
*4月19日の一般開園は20時〜22時のみとなります。
*4月23日は身体障害者の方対象の日となります。

入場料:
2.5ユーロ(18歳以下無料)

アクセス:
ベルギー国鉄ボックスタル(Bockstael)駅からバス53番(Milirtair / Militaire 行き)に乗り、Serres Royales / Koninklijke Serresで下車。 所要時間:約10分

ページトップへ