お便り最新観光ニュース、メディア情報、イベント、キャンペーンのお知らせ

オランダの北に知られざる美しい村を訪ねて

不定期連載!? ≪オランダ&フランダース 旅のレポート≫コーナーvol.4です。

今回はユーレイルという鉄道パスを使い、オランダを含む6カ国を旅した方によるレポートです。初夏の気持ちのいい時期に、フリースランド州の知られざる小さな村を訪ねていただきました。その魅力とは?



オランダ北部のヒンデローペンを訪れたのは5月の終わりのことです。前日、夜行列車のCityNightLineでドイツのベルリンを出発し、デュッセルドルフ、オランダのアーネム、ズウォレ、レーワルデンと乗り換えて12時間の長旅の末、ようやく辿り着いたヒンデローペンは、本当に可愛らしい村でした。

ヒンデローペン 風景 オランダ

私が参加したのは、日本旅行業協会(JATA)が選んだ「ヨーロッパの美しい村々30選」のうちの6か所を、ユーレイルパス(Eurail Pass)を使って巡る、というプレスツアーでした。イタリアのチヴィタ・ディ・バノレージオ、スロベニアのピラン、ハンガリーのショプロン、チェコのマリアンスケ・ラズネ、ドイツのクヴェトリンブルク、そして最後に訪れたのが、オランダのヒンデローペンです。1か国1泊ずつ、夜行2泊、という強行軍です。

無人駅のヒンデローペン駅に着いた途端、「わぁー」と皆の歓声が上がりました。村の方角へ続くポプラ並木の葉っぱがざわざわ揺れる音以外何も聞こえません。それまで訪れたところの殆どは「村」と言うよりは小さな「町」だったのですが、ヒンデローペンは、私たちが持っているヨーロッパの「村」というイメージにとても近いものでした。

ヒンデローペン 風景 オランダ

降車したのは我々日本人8名と村の青年が1人だけです。村の中心までは徒歩で20分と若干離れているのですが、観光トラム(Tourist Train)があります。このときは往復貸切で20ユーロでしたが、駅と街を結ぶ路線運行もあり、1名2ユーロで利用できるそうです。

さて、村で一軒しかないホテル(Stadboerderij Hindeloopen)にチェックインした後は、近くのカフェで早速ランチ。何しろ、長旅の後ですから、全員お腹が空いています。この村独特の民族衣装をまとった女性に、温かい野菜スープとオランダ風パンケーキ(パナクックン)を出していただき、あっという間に平らげました。

パネクック フード オランダ

ここのカフェは、アトリエブーツマ(Atelier Bootsma)という村に伝わる「ヒンデローペン塗り」のアトリエ。ランチの後は、2階で伝統工芸を体験!木のプレートへの絵付けを体験させてもらいました。懇切丁寧に教えてもらえるので、初心者でもOK。皆、真剣に取り組んでいます。

ヒンデローペン 絵付け 体験 オランダ

その後、パウンドケーキとアイスクリームのデザートをいただき、村探検へ。オランダの乳製品はどれもとても美味しいのでつい、食べ過ぎてしまいます。

カフェ ケーキ フード オランダ

村の周りを囲む堤防では、羊がゆったりと草を食んでいました。堤防の向こうはアイセル湖。自家用ボートを持っている家も多く、週末はのんびりとセイリングを楽しむ、そんな、贅沢なライフスタイルがここにはあります。

ヒンデローペン 風景 オランダ

1時間もあれば十分見て回れる村ですが、ヒンデローペン塗りの雑貨を売っているお店やレストランなども点在し、絵本に出てくるような家並が美しい村は、散策にちょうど良いサイズです。

ヒンデローペン 散策 風景 オランダ

また、アムステルダムなどの都市部に比べると、物価の安さも魅力です。今回泊まったホテルはなんと一泊55ユーロ!決して豪華な客室ではありませんが、親切なスタッフと清潔なベッドのおかげで、気持ちよく滞在できました。

ヒンデローペン 風景 羊 農場 オランダ

ひっそりとした静かな村ヒンデローペン。まだまだ観光客なんてほとんど見かけませんが、とっても良いところ!オランダへ出かけたら、足を伸ばしてみてください。


スタッフからの一言
ヒンデローペンがあるフリースランド州では、いまでもフリース語が話されるなど独自の文化をもつエリアです。ヒンデローペン塗りを始め、漁師の祭り、民族衣装、スクッチェといわれる伝統船、長い棒で運河を飛び超える競技フィーエルヤッペン、干潟ハイキングのワッドローペンなど、独自の文化が色濃く残っていて、見どころの多いエリアです。アムステルダムから最短だと、鉄道でレリースタッド(Leystad)駅とレーワルデン(Leeuwarden)駅で乗換え、ヒンデローペンは駅まで所要約3時間ですが、おすすめはアムステルダムの北にあるアルクマール(Alkmaar)から、フリースランドの州都レーワルデンに向かう中距離バスです。途中、締切大堤防の雄大な風景が観られます。フリースランドまで行かずボルスワルド(Bolsward)でバスを乗りかえれば、アルクマールから2時間10分ほどです。

≪オランダ&フランダース 旅のレポート≫
● vol.1 ミッフィーを訪ねる旅
● vol.2 蒸留酒ジュネバとファッションの町ハッセルト
● vol.3 リピーターにおすすめ★秋の女子旅


 

ページトップへ