お便り最新観光ニュース、メディア情報、イベント、キャンペーンのお知らせ

ゲント「神秘の子羊」パネル修復現場を見学してみよう

(C) lucasweb.be

(C) lucasweb.be

ゲントの聖バーフ大聖堂にあるファン・アイク兄弟作の祭壇画「神秘の子羊」は初期フランドル絵画の最高傑作と言われる作品。 15世紀に描かれたとは思えないほどみずみずしく、そして精緻な細部の描写は見るものを圧倒します。

2012年9月より約5年間にわたり、修復作業が進められています。その過程はおおまかに3つに分けられれ、それぞれの回に1/3程度の絵画パネルが入れ替えでゲント市美術館内の作業場へ運ばれ、修復されていきます。 残りの2/3は修復中のパネル部分のレプリカとともに、聖バーフ大聖堂に展示され一般公開されています。 そしてゲント市美術館では修復過程を(ガラス越しにはなりますが)実際に間近に見ることができます。 歴史的絵画の修復という貴重な場面ですので、聖バーフ大聖堂と合わせてぜひご覧ください。

(C) Visit Gent

(C) Visit Gent

詳しくはこちらもご参照ください
「神秘の子羊」をたっぷり楽しむおすすめコース

ページトップへ