観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

欧州文化首都レーワルデンの見どころ、エッシャーとマタハリ

レーワルデン(Leeuwarden)はオランダ北部を代表する町で、フリースラント州の州都です。フリースラントは、フリースラント語という独自の言語が話されるユニークな地域でもあります。

レーワルデンは、2018年の欧州文化首都(European Capital of Culture)に選ばれました。このため2018年は1年を通して様々な文化イベントが開催される、いま注目のオランダの町となっています。関連イベントのなかで、日本人に特におすすめの企画展、観光スポット、アムステルダムからの周遊ルートなどをご紹介します。オランダの北へ旅に出てみませんか?

レーワルデン テラス 運河 計量所 オランダ フリースラント

● M.C.エッシャー

M.C. Escher’s “Self-Portrait” (1929) ©the M.C. Escher Company B.V. All rights reserved. www.mcescher.com

M.C.エッシャー「自画像 」(1929) ©the M.C. Escher Company B.V. All rights reserved. www.mcescher.com

視覚の魔術師と呼ばれ、グラフィックアーティストとしていまもなお不動の人気のマウリッツ・コルネリス・エッシャーはレーワルデン生まれ。父親が明治政府のお抱え技師として土木事業で活躍したという日本との縁もあります。

「欧州文化首都」を記念して行われるイベントのハイライトとなるエッシャーの回顧展が、来春レーワルデンで開催されます。芸術活動の初期から晩年までの約50点の作品を展示。各地を放浪したエッシャーの人生の旅を作品を通して辿ります。

エッシャーの旅 Escher’s Journey
会期:2018年4月28日~10月28日
会場:フリース博物館

M.C. Escher’s “Cycle” (1938) © the M.C. Escher Company B.V. All rights reserved. www.mcescher.com

M.C. Escher’s “Cycle” (1938) © the M.C. Escher Company B.V. All rights reserved. www.mcescher.com

M.C. Escher’s “Castrovalva” (1930) ©the M.C. Escher Company B.V. All rights reserved. www.mcescher.com

M.C. Escher’s “Castrovalva” (1930) ©the M.C. Escher Company B.V. All rights reserved. www.mcescher.com

● マタ・ハリ

エッシャーほどの知名度はありませんが、知る人ぞ知るレーワルデン生まれの有名人。とびきりミステリアスで興味深いのが、女スパイの代名詞として知られるマタ・ハリ(本名マルガレータ・ヘールトロイダ・ゼッレ)です。妖艶な踊り子として欧州で名をはせていましたが、第一次世界大戦中にスパイ活動したとされ、二重スパイの容疑でフランス軍に逮捕され、処刑されてしまいます。

生誕の地で初めて開催される回顧展は、ちょうどマタ・ハリが没後100年を迎える前日、2017年10月14日に開幕します。マタ・ハリに関する100点のモノの他、最近になって機密文書から外されたフランス軍のファイルが本展で初公開となります。フランス軍の保管庫に100年眠っていた監視報告書、聞き取り調査の写し、マドリッド駐在のドイツ軍アタッシェとのやり取りを傍受したテレグラムといった、マタ・ハリに関するスリリングな記録が公開されます。

マタ・ハリ:神話と乙女 Mata Hari – the myth and the maiden
会期:2017年10月14日~2018年4月2日
会場:フリース博物館

 

Portrait of Mata Hari, by Reutlinger photo studio in Paris (detail), Bibliothèque nationale de France

Portrait of Mata Hari, by Reutlinger photo studio in Paris (detail), Bibliothèque nationale de France

● レンブラントの最初の妻、サスキア

特別展などは予定されていませんが、オランダ絵画好きにとってはレーワルデンも重要なポイント。この町で生まれ育った名家出身のサスキア・ファン・オイレンブルフは、アムステルダムで画家レンブラントと出会い結婚します。売り出し中の画家の成功を陰日向に支えました。サスキアの父親は、近郊の町フラネケルの大学創設に尽力した人物で、レーワルデンの市長も務めました。

アムステルダム国立美術館所蔵 レンブラント1633年作 妻サスキアをモデルにしたといわれるトロニー

アムステルダム国立美術館所蔵 レンブラント(1633年)
妻サスキアをモデルにしたといわれるトロニー

● フリースランド11都市の噴水

レーワルデンのあるフリースラント州はたくさんの湖水が広がり、これを利用した200kmの距離を走る「11都市スケートマラソン」(Elfstedentocht)という伝統競技でも知られています。こうした競技は水が豊富なことから可能となっており、フリースラント語には、水を表す語彙がパンを表す語彙よりもたくさんあるといわれています。

21世紀に入ってからは、温暖化でスケートマラソンができる環境にないのですが、こうした伝統に倣いレーワルデンを含むフリースラントの11都市に、世界各国のアーティストがデザインした噴水が作られます。フリースラント人気質でもある「オープンコミュニティ」(mienskip)をテーマに、日本からは大巻伸嗣さんが参加。11名のアーティストによる国際的な噴水アート、楽しみです。2018年5月に公開予定です。

レーワルデン 欧州文化首都 イベント 噴水 アート

レーワルデン観光のみどころ

● プリンセッセホフ陶磁器博物館 Keramiekmuseum Princessehof

M.C.エッシャーの作品モチーフが飾られた陶器博物館の壁面

壁面に博物館ゆかりのアーティスト、エッシャーの作品モチーフが飾られている

フリースラントはもちろん、ヨーロッパ、中国、日本などの陶磁器を集めた世界有数の陶磁器専門のミュージアムです。優雅なアールヌーヴォー、地元オランダのデザイナー、ピカソの作品など多彩なコレクションが楽しめます。建物はオランダ王家ゆかりの18世紀の宮殿で、その一部は幼少の頃、M.C.エッシャーが住んでいたこともあります。

● オルデホーフェ斜塔 De Oldehove

オランダ版 ピサの斜塔? 16世紀に教会の塔として建設されましたが、未完のまま残され、その後の地盤沈下で傾いています。塔の上から街が一望できます。
開館:4~10月 午後1~5時

(c)Merk Fryslan 奥に見えるのがオウデホーフェ塔

(c)Merk Fryslan  奥に見えるのがオルデホーフェ塔

● フリース博物館 Fries Museum

オランダのなかでも独自の文化をもつフリースランドを紹介する博物館です。古代の遺跡、17~18世紀に作られた名産の銀器、古代ローマやエジプトをテーマに美しい絵を写実的に描いた19世紀の画家ローレンス・アルマ=タデマ、近隣に残る伝統絵付家具ヒンデローペン塗りのコレクションルームといった多彩なコレクションが展示されています。2018年の欧州文化首都では企画展のメイン会場となります。

レーワルデン フリース ミュージアム オランダ

● 運河クルーズ Praamvaren

5~10月のハイシーズンに運行されるレーワルデン旧市街をめぐるクルーズ。所要50分と90分の2つのコース。屋根のないオープンボートなので、お天気のいい日を選んで。

Copyright @lifestock_yuuki

Copyright @lifestock_yuuki

船から眺める景色は一味違ったものに Copyright @lifestock_yuuki

船から眺める景色は一味違ったものに Copyright @lifestock_yuuki

泊まってみたいプチホテル

● ポストプラザ Post Plaza

昔の中央郵便局を改装した、モダンで居心地のいい4つ星ホテルです。郵便局時代のレトロなインテリアや外観がうまく調和し、オシャレで快適な空間になっています。吹き抜けのカフェが気持ちいいい。立地も便利で観光にぴったり。

Copyright @lifestock_yuuki

Copyright @lifestock_yuuki

郵便局だった当時のまま、重厚感のある外観

郵便局だった当時のまま、重厚感のある外観

● スタッドハウダーライクホフ Hotel Stadhouderlijkhof
1971年までオランダ王家によって所有されていた宮殿を改装した4つ星ホテルです。お姫様気分になれる天蓋付ベッドの部屋もあります。広い部屋と設備に対して料金がお手頃なのも地方都市ならでは。18世紀の宮殿の雰囲気たっぷりのレストランがあるので、ランチやディナーで利用するのもいいかもしれません。

ホテル・スタッドハウダーライクホフのレストラン

ホテル・スタッドハウダーライクホフのレストラン

インスタグラマーが見つけたおすすめカフェ&レストラン

観光に便利な立地で、運河が見えて明るく、旅行者も気軽に入ることができてリーズナブルという条件を満たした、おしゃれなカフェをインスタグラマーが偵察。レーワルデン歩きの参考にどうぞ。

カフェ巡りに夢中になった 〜レーワルデン・ロッテルダム編〜

Copyright @lifestock_yuuki

Copyright @lifestock_yuuki

フリースラントは、アムステルダム、ロッテルダム、ハーグなどがあるオランダの大都市がある西部と比べると、人口密度が低くどこかのんびりしています。町を少し離れれば青々とした牧草地が広がっています。北にはオランダ唯一のユネスコ世界自然遺産「ワデン海」の豊かな生態系があり、夏はワドローペンという浅瀬を歩くスポーツやスクッチェと呼ばれる伝統的な帆船のレースが行われています。

フリースランド 風景 羊 オランダ

フリースラントの州都レーワルデン周辺には、個性豊かな町や村がたくさんあります。アムステルダムから出発する場合は、北へ抜け、締切大堤防を渡り、アイセル湖の南を回ってもどる周遊コースがおすすめです。

● 往路
アムステルダム中央駅からチーズマーケットで有名なアルクマールまで電車で40分。アルクマール発の路線バス350番の終点がレーワルデンです。途中、締切大堤防を渡ります。堤防の中央にある展望台では休憩、撮影などができます。レーワルデンで1泊し、ミュージアム探訪や町散策をしてみましょう。

30kmにわたり海を締め切った大堤防はオランダならではの景観

30kmにわたり海を締め切った大堤防はオランダならではの景観

● 帰路
レーワルデン駅からSteenwijk駅まで電車で40分。Steenwijkからバス70番で15分のところに、水郷の村ヒートホールンがあります。ランチ休憩をかねてのんびり散策。SteenwijkまたはMeppelまでバスで戻り、電車でアムステルダム中央駅へ。

茅葺屋根の家々が並ぶヒートホールン 車が禁止されているため、この村では静かな時が流れる

茅葺屋根の家々が並ぶヒートホールン
車が禁止されているため、この村では静かな時が流れる

このトピックの関連記事
※メールマガジン掲載の過去の記事が含まれます

ヨーロッパ美しい村30選 伝統工芸の村 ヒンデローペン
スタッフ・レポート これから注目のレーワルデンを旅しました
美しい水郷の村ヒートホールン
世界最古の動くプラネタリウムを訪ねてフリースランドへ

ページトップへ