観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

2018年のイベント・ベルギー編 現地でしか味わえない体験に参加してみよう

2018年、ベルギーの首都ブリュッセルおよびフランダース地域で開催されるイベントをご紹介します。ベルギーの旅、現地でしか味わえないイベントにも参加してみましょう。

アントワープ 聖母大聖堂 ルーベンス キリストの降架 アート フランダース 

2018年から2020年までの3年間、ベルギー・フランダースは「フランダースの巨匠たち」をテーマにフランドル絵画に焦点を当てたイベントを開催します。1年目、2018年はバロック芸術が栄えた都アントワープと画家ルーベンスで盛り上がります。詳細はこちらをご覧ください。

ゲント・ライト・フェスティバル(c) Visit Gent

ゲント・ライト・フェスティバル(c) Visit Gent

※イベント名からのリンクは現地のウェブ(英語、オランダ語)になります。

2018年

1月31日~2月4日 ゲント・ライト・フェスティバル
3年に一度の光の祭典。街の各所に光のアートが繰り広げられます。日本語情報あり
2月11日〜13日 アールストのカーニバル
ユネスコ無形遺産に登録されたファンタジックな祭り。町をあげて準備された盛大な山車と楽しい仮装のパレード。日本語情報あり
2月25日 ヘラールツベルヘンの祭り
14世紀にさかのぼる歴史ある祭り。2500年前のケルト人の時代から、現代までの歴史や武勇伝など様々なエピソードを紹介するパレードを行います。ユネスコ無形遺産。日本語情報あり
3月2日〜4日 サロン・ド・ショコラ・ブリュッセル
チョコレートの国ベルギーの首都で開催されるチョコレート・フェスティバル。
3月2日〜3月11日 アントワープ・チョコレート・ウィーク
3月3日 死んだネズミの舞踏会、オステンド
3月10日~25日 ブリュッセル・アールヌーヴォー・アールデコ・フェスティバル
個人宅や学校など普段は入れないアールヌーヴォーやアールデコ建築を特別に公開。建物内でのコンサートなど文化イベントも楽しめます。ブリュッセルにはアールヌーヴォーの立役者ヴィクトール・オルタの建築があり、デザイン好きは見逃せません。
3月17日〜25日  ユーランティカ・アンティークフェア、メッヘレン
4月1日  ロンド・ファン・フランデレン(ツール・デ・フランドル)自転車レース
開催102回を数える欧州で最も伝統ある自転車のクラシックレース。ミュール(壁)と呼ばれる石畳を含む約250kmの過酷なルートを1日で走破。前日には一般参加者がコースの一部を走るレースも開催されます。
4月2日(復活祭の翌月曜)馬行列、ハーケンドーバー

フロラリア・ブリュッセル (c)www.kasteelgrootbijgaarden.be

フロラリア・ブリュッセル (c)www.kasteelgrootbijgaarden.be

4月6日〜5月6日  フロラリア・ブリュッセル
ブリュッセルから公共交通期間で約30分の郊外に広がるフロートベイハールデン城(グランビガール城)の庭園が春の花で彩られます。城内のフラワーアレンジメントも見事。
● 参考記事 フランダースで季節の花を楽しもう
4月9日 ジャズ・ミデルハイム、アントワープ
モダンアートの彫刻を屋外に展示するミデルハイム・ミュージアムの敷地にあるデン・ブラント公園では、1969年からジャズの祭典が開催されています。
4月中旬〜5月上旬 ラーケン王宮温室の一般公開、ブリュッセル
ガラスの宮殿と呼ばれるベルギー王室の温室が特別に公開されます。日本語記事あり
4月22日 アントワープ・マラソン
4月28日〜29日 ZYTHOS ビール・フェスティバル、ルーヴェン
世界最大のビール会社AB InBevが本社を置くなど、ビールの生産地としても知られるルーヴェンで開催されるベルギー最大のビール祭り。
4月  花祭り、シントトラウデン
4月〜10月  フランダース音楽祭、フランダース各地
5月上旬 フードトラック・フェスティバル、ブリュッセル
ヨーロッパ最大のフードトラックの祭り。王宮前のブリュッセル公園に厳選された100を超えるフードトラックが並び、その年の最高のフードトラックが選ばれます。国際都市ブリュッセルらしく各国の美味しいものが安く味わえる人気のイベント。
5月1日〜6月4日  エリザベート王妃国際音楽コンクール、ブリュッセル
ピアニスト、ヴァイオリニスト、声楽家、チェリストの4部門を年替わりで競う国際コンクール。2018年は声楽。音楽に造詣が深かったベルギーの王妃エリザベートの名を冠して創設された。
5月5日~9月16日 トリエンナーレ・ブルージュ
3年に一度、古都ブルージュで開催されるコンテンポラリーアートと建築の展覧会。国内外のアーティストが市内各所でインスタレーション、映像、写真などを使った作品を展示します。今回のテーマは変化し続ける、予測の難しい現代を反映して「Liquid City」。
5月6日 ハンスワイクの行列、メッヘレン
ブリュッセルとアントワープの間にある古都メッヘレンに1272年から伝わる祭り。ハンスワイクはメッヘレン郊外の村。聖母マリアの木像を運んだ船がハンスワイク村のそばで動かなくなり、像がここに留まったという10世紀の伝説があり、13世紀にペストに襲われた市民をこの像が救ったと言われています。聖母マリアをたたえるメッヘレンでは、感謝を込めて、1年に一度当時の様子を再現したパレードが行われます。同種の祭りの中でベルギー最古。
5月10日 聖血の行列、ブルージュ
ユネスコの無形遺産に登録。中世を華麗に再現するこの祭りは、12世紀の出来事に端を発する古いもの。日本語記事あり
5月13日 イーペルの猫祭り
ベルギー西部の歴史ある町イーペルで3年1度開催される、猫をテーマにしたユニークなお祭り。日本語記事あり
5月11日~13日、10月上旬 ガーデン・デイズ・ベールフェルデ、ゲント郊外
5月15日〜10月 コロマバラ園の開園、ブリュッセル郊外
広大な敷地の中に世界各地のバラを集め、栽培展示しているヨーロッパ有数のバラ園。
5月25日~27日  ブリュッセル・ジャズ・ウィークエンド
6月中旬  アントワープ王立芸術アカデミー ファッション科ファッションショー
アントワープ・シックスなど著名デザイナーを輩出しているファッション名門校の学生によるファッションショー。将来の金の卵を見つけに、海外のファッション関係者なども見学に訪れます。
6月8日~10日 ヘックス城  庭園の夏の公開
6月下旬 ビール・パッション・ウィークエンド、アントワープ
グルーンプラーツ広場に数十の地元ビール醸造所が出展。新作ビールなどをにぎやかな音楽演奏などと一緒に楽しめます。

ブリュッセルのオメガング (c) Emilie Bertrand

ブリュッセルのオメガング (c) Emilie Bertrand

7月3日、5日(7月第1木曜とその前の火曜)オメガング、ブリュッセル
「オメガング」とは「輪になって歩く」という意味。14世紀にサブロン聖母教会に祀られたマリア像の周りを人々が行列したことが起源。現在は16世紀に神聖ローマ皇帝カール5世とその息子フェリペがブリュッセルを訪問したときの盛大な歓迎式典を再現しています。
6月29日~7月8日 ゲント・ジャズ・フェスティバル
7月13日〜22日  ゲント・フェスティバル

(c) Tomorrowland

(c) Tomorrowland

7月20日~22日、27日~29日 トゥモローランド、ボーム(アントワープ郊外)
世界最大の動員人数を誇る音楽フェスティバル。独特な作り込んだファンタジックな世界観、各国から集う多彩なミュージシャンと参加者が作り上げる雰囲気、フェスティバル会場での美味しい食事まで、若者から大人までトータルに楽しめるフェス。
7月下旬〜9月中旬  ブリュッセル市内の王宮一般公開
ベルギー国王の執務宮ならびに迎賓館として使われている「王宮」は、夏休みの時期(7月下旬から9月上旬)に特別公開されます。絢爛豪華な王宮内部を無料で見学できるチャンス。日本語記事あり
7月29日  懺悔者の行列、ヴールヌ
8月3日~12日  古楽器祭、ブルージュ
8月9日  メイブーム、ブリュッセル
700回を超える開催記録のあるブリュッセル最古のお祭り。伝統的に守られてきたメイブームの植樹と巨大人形のパレードが観られます。ユネスコの無形遺産。
8月15日 ルーベンス・マーケット、アントワープ
ルーベンス時代の衣装に身を包んだ人たちがマーケットを開催します。

ブリュッセルのフラワーカーペット 前回開催は日本の花鳥風月がテーマ ©Wim Vanmaele

ブリュッセルのフラワーカーペット 2016年開催は日本がテーマ ©Wim Vanmaele

8月16日~19日 フラワーカーペット、ブリュッセル
ブリュッセルのグランプラス広場で、2年に1度開催される花のお祭り。近隣から運ばれたベゴニアの花で精緻な花の絨毯が作られます。市庁舎のバルコニーが開放され(有料)そこからの眺めが素晴らしい。
9月7日~9日  ベルギービールウィークエンド
日本でも開催されるベルギービールウィークエンドの本家本元。ブリュッセルのグランプラス広場で様々なローカルビールが楽しめます。
9月上旬 食の祭典 eat!ブリュッセル
9月上旬 ヘックス城 庭園の秋の公開
9月中旬〜12月初旬 ミュージアム・ノクターン
期間中の毎木曜日、ブリュッセルのミュージアムが夜間開館し、各種イベントが開催されます。芸術の秋を楽しみましょう。
9月中旬 オーデ・ゲント
9月15日~16日 ブリュッセルのオープンモニュメント・デイ
普段は非公開の歴史的建造物などが一般公開される日。前後してフランダース地域のオープンモニュメント・デイもあります。
9月下旬 モデスト・ビール祭り、アントワープ
10月上旬 ブリュッセル・マラソン&ハーフマラソン

秋のベールヴェルデ公園(c) Park van Beervelde

秋のベールヴェルデ公園(c) Park van Beervelde

10月上旬、5月中旬 ガーデン・デイズ・ベールフェルデ、ゲント郊外
10月中旬 ジュネヴァ祭り、ハッセルト
ジンの元祖といわれる蒸留酒ジュネヴァの祭り。飲むジュネヴァだけでなく、ジュネヴァを使ったスぺキュロース(シナモンクッキー)やチョコレート、ジュネヴァ入りのパテなども売られます。ハッセルトにはジュネヴァ博物館もあります。
11月11日〜12日  シントリーヴェンスハウテムのマーケット
ユネスコの無形遺産に登録された東フランダース地方のお祭り。たくさんの馬の売買に人が集まります。

ブリュッセル、グランプラスの音と光のショー(c)Eric Danhier

ブリュッセル、グランプラスの音と光のショー(c)Eric Danhier

11月下旬~1月上旬 ウィンターランド・ハッセルト
11月下旬〜1月上旬 クリスマスマーケット、ブルージュ
11月下旬~1月上旬 音と光のショー&クリスマスマーケット、ブリュッセル
12月上旬〜1月上旬 クリスマスマーケット、ゲント
12月上旬~1月上旬 クリスマスマーケット、アントワープ
12月上旬~下旬 クリスマスマーケット、ルーヴェン
12月中旬~1月上旬 メッヘレンのクリスマス

※情報は2017年11月現在のものです。最新情報は現地のウェブなどでご確認ください。

このトピックの関連記事
2018年オランダで開催されるイベント

ページトップへ