観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

世界最古の動くプラネタリウム

フラネケル(Franeker)はオランダ北部のフリースランド州にある人口約1万3000人ほどの小さな町。この町を有名にしているのは、いまも稼働を続けるものの中で≪世界最古≫といわれるプラネタリウムです。

フラネケル 世界最古 プラネタリウム フリースランド オランダ

プラネタリウムがあるのは、18世紀後半に活躍したエイセ・エイシンガという人物の家。「ロイヤル・エイセ・エイシンガ・プラネタリウム」として一般公開されています。

エイシンガの実家は羊毛業を営んでいました。エイシンガは学校へ行くこともままならなかったのですが、独学で数学や天文学を学び、17歳で天文学に関する本を出版したという天才です。アマチュアながらその才能と知識が高く評価され、大学に教授として招かれました。

フラネケル 世界最古 プラネタリウム フリースランド オランダ

1774年、水星、金星、火星、木星と月の軌道が重なるという珍しい天体ショーがありました。当時の人々はこの現象をとても恐れ、オランダでは惑星と月が衝突し、地球が軌道から離脱、太陽に衝突するという本まで出版された程です。

理知の人エイシンガは、人々のパニックを鎮めようと、天体の動向を説明する装置を自宅のリビングルームに作りました。全ての装置が完成したのは、7年後の1781年のこと。惑星の動向を指し示す惑星カレンダーのような装置は、複雑できわめて精密に作られています。200年以上たった現在も、正確に動いているというから驚きです。

フラネケル 世界最古 プラネタリウム フリースランド オランダ

ロイヤル・エイセ・エイシンガ・プラネタリウム
Koninklijk Eise Eisinga Planetarium
住所 Eise Eisingastraat 3, 8801 KE Franeker
公式HP www.planetarium-friesland.nl ※開館日時など英語の情報あり

田舎の小さな町という印象のあるフラネケルですが、1585年、ライデンに次いでオランダで2番目に古い大学が設立されています。1811年、ナポレオンにより廃止されるまで大学の町として知られ、オランダ北方のみならず、東欧からの留学生も多く、国際的な大学として栄えていました。

フラネケル フリースランド オランダ

1852年には、世界最古の公式スポーツトーナメントとされている、フリースランド独特のハンドボールのトーナメントが開催されました。またフリースランドの有名なスポーツ「11都市スケートマラソン」の開催都市となっています。

旅のおすすめルート

フラネケルはフリースランド州の州都レーワルデン(Leeuwarden)の近郊にあります。アムステルダムから出かける場合のおすすめルートは、朝出発し、直通電車で40分のアルクマール(Alkmaar)へ立ち寄り、街の散策または4月初旬から9月初旬にかけての金曜日の場合は、チーズマーケット(午前)を見学。

アルクマール チーズマーケット オランダ

ランチの後、アルクマールからバスで締切大堤防を渡り、雄大な景色を眺めつつ、レーワルデンへ。

締切大堤防 オランダ

レーワルデンは2018年欧州文化首都にも選ばれた注目の街です。だまし絵で知られる、グラフィックアーティスト「M.C.エッシャー」の故郷でもあります。

レーワルデン テラス 運河 計量所 オランダ フリースラント

レーワルデンの市内観光を楽しんだら、郵便局を改装したおしゃれなデザイン・ホテルPost Plaza Hotel に宿泊。

レーワルデン ホテル 郵便局 オランダ

翌朝、電車で25分のフラネケルへ。プラネタリウムのある博物館を訪問します。フラネケルから電車で15分のハーリンゲン(Harlingen)はアイセル湖畔(昔のゾイデル海)にある白い灯台のある港町。こちらで散策&ランチを食べてからアムステルダムへ戻るか、茅葺屋根の農家と水郷に囲まれた村フォトジェニックな村、ヒートホールン(Giethoorn)へ足を延ばしてもいいでしょう。

関連記事
チーズの本場で楽しむチーズマーケット
欧州文化首都に向けて盛り上がるレーワルデン
オランダ最古の町 マーストリヒトの魅力

ページトップへ