観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

ベネルクス最大のアンティーク雑貨市 トンゲレン

(c) Toerisme Tongeren

(c) Toerisme Tongeren

ベルギー、フランダース東部のリンブルグ州にある町「トンゲレン Tongeren」は人口は約2万人と決して大きな町ではありませんが、その歴史は2000年以上前のローマ時代にさかのぼります。ガロ・ローマ文化を担ったベルギー最古の町のひとつです。

トングレン アンティーク マーケット フランダース

トンゲレンはいまアンティークと雑貨の町として人気を集めています。古い石造りの遺跡が残る風情たっぷりの町は、日曜日になると国内外からやってくるたくさんの人で溢れます。40軒のアンティークショップと350軒のスタンド(移動店舗)に骨董品、ブロカント、デザイン雑貨、レトロ雑貨などアンティークと雑貨にまつわるあらゆるものが並べられ、大きな賑わいをみせます。

トンゲレン アンティーク マーケット フランダース

トンゲレンのアンティーク雑貨市のはじまりは1976年。町に住むたった7名の発起人からはじまり、瞬く間にベネルクス(オランダ、ベルギー、ルクセンブルク)最大ののみの市(アンティーク雑貨市)に成長しました。

年間を通して、毎週日曜日に開催されます。多くのスタンド(移動店舗)は、駅前にあるEburonenhalホールとJulianus駐車場の2つの会場にあるため、悪天候でも買い物を楽しめます。路上のスタンドは、屋内会場を取り囲むように配置されているため、初めて町を訪れる観光客も見るべき場所を迷うことはありません。

トンゲレン アンティーク マーケット フランダース

ベルギーでは日曜日を休業としているショップが多いのですが、ここトンゲレンは例外。アンティーク雑貨市が終わる午後1時から午後5時まで、日曜日も市内のショップは営業しています。じっくりと時間を有効に使って、ショッピングを楽しみましょう。

市内にはベギン会院、聖母教会、ガロ・ローマ博物館、ローマ時代の遺跡といった町の歴史を反映した美しいスポットがあり、歩いているだけでも豊かな気分を味わうことができます。骨董や雑貨に興味のある方はぜひトンゲレンまで足を伸ばしてみてください。

アクセス: トンゲレンにはベルギー鉄道の駅があります。首都ブリュッセルから鉄道(InterCity)で約90分。オランダ南部のマーストリヒトから直通バスで40分です。

トンゲレン 街並 風景 フランダース

トンゲレンのアンティーク雑貨市
毎週日曜日 午前7時から午後1時まで開催

ページトップへ