観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

アムステルダムでデザイン・雑貨めぐり

スタール通り(Staalstraat)にあるDroog Designのショップ。カフェやギャラリーも併設。

スタール通りの Droog Design のショップ。カフェやギャラリー併設。

アムステルダムは178ヶ国(2014年調べ)の人々が暮らしすコスモポリタンな村。 「村」というのも首都にしては規模が小さい(約82万人)という住みやすさがあるから。 ここに住む人はみんなフレッシュであることやオリジナリティをもっていることを大切にしています。 そんな街だからこそ買い物となれば選択肢は無限大です。

デザイン・セレクトショップFrozen Fountainがある9つの通りエリア(9 straatjes)、中央駅を西に向かったエリアでフェアトレードやオーガニックなど旬のショップが並ぶハーレムメア通り(Haarlemmerstraat)、旧市街中心から東へ並行して伸びるユトレヒト通り(Utrechtstraat)、昔の労働者階級の居住地でアーティストなどに人気の下町感覚のあるヨルダン(Jordan)など・・・絵葉書のように美しい運河に囲まれた旧市街にはアンテナがピンと立った個性的なショップが散らばっています。

国際的なファッションブランドの直営店やセレクトショップはフォンデル公園とミュージアム広場の間にあるPCホーフト通り(PC Hooftstraat)に集まります。雑貨好きには知られたチープで可愛いスーパーヘマ(HEMA)や楽しいキッチン雑貨のブロッケル(Blokker)はオランダ各地に出店しています。グラフィックデザイン的にも価値の高いディック・ブルーナさんが描く絵本の主人公、ミッフィーのグッズ専門店は、その名もナインチェ(小さなうさ子ちゃん)の店(winkel van nijntje)はアムステルダムとマーストリヒトにあります。

ページトップへ