観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

オストダンケルクのエビ漁

(c) Toerisme Oostduinkerke, Westtoer

(c) Toerisme Oostduinkerke, Westtoer

ブルージュから約50km北西の海岸沿いの町オストダンケルク(Oostduinkerke)では、古来より馬を使った「エビ漁」が行われてきました。 現代まで綿々と受け継がれてきたこのエビ漁は、2013年12月ユネスコの世界遺産会議で「世界無形文化遺産」に選定されました。

オストダンケルクには、新鮮な魚介類やそれを使ったグルメを求めて一年を通してたくさんの観光客が訪れますが、灰色の小エビ(crevettes grises)と呼ばれるのエビの産地として特に知られています。 伝統的なエビ漁が見られるのは6月中旬から9月中旬にかけて(週末中心に特定日に開催)。 大きな引き綱をつけた馬たちがダイナミックに海に入って行く様子は、夏の風物詩として人気があります。

(c) Toerisme Oostduinkerke, Westtoer

(c) Toerisme Oostduinkerke, Westtoer

木製の鞍にまたがり伝統漁に携わる漁師たちは、代々エビ漁を受け継いできた限られた漁師一家たち。 漁の後は、あっという間に殻をひとつずつ剥き、新鮮なまま茹でて振舞ってくれます。 茹でるとピンク色になる小エビは体長4cmほどと小さいながらも、旨みが凝縮されていて独特の深い味わいがあります。

オストダンケルクでは、毎年6月の最終週末にエビをテーマにしたユニークな「エビ祭り」が行われています。 エビやムール貝に仮装した子供たちの行列やエビの山車が練り歩きます。 最後にはエビ漁に欠かせない馬が登場、町をパレードします。 もちろんとれたてのエビを使った料理も味わえます。

◆エビ漁見学
6月中旬から9月中旬に開催されます。スケジュールは現地観光局HP(英語)をご覧ください。

◆オストダンケルクへのアクセス
ブルージュから鉄道でOostende(オステンド)へ。(所要時間 約15分)
オステンドからクストトラム(海岸沿いを走るトラム)でオストダンケルクへ。(所要時間 約55分)

フランダースの北海沿岸地方ではトロール船を使ってのエビ漁(近代的な漁)も行われています。 こちらは3月から11月頃までと長期間の漁が行われ、新鮮な小エビの料理は冬季を除き味わうことができます。 小エビのコロッケ、小エビのスープ、トマトに詰めた小エビのカクテルサラダなど。 ベルギーの家庭料理でもある伝統料理、ぜひ現地のレストランでも味わってみてください。

ページトップへ