観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

ザ・グレート・ウォー100年(フランダース・フィールズ)

©Hans Kerrinckx

(C) Hans Kerrinckx

第一次世界大戦(ザ・グレート・ウォー)においてフランダースの家々や野原が戦場となったのは1914年から1918年にかけてのこと。ヨーロッパ各国とその同盟国の戦士たちがここで戦いました。 100万人の兵士が戦傷・死し、町や村は破壊され、数万の市民が故郷を追われました。

フランダースフィールドを象徴する赤いポピー

フランダースフィールドを象徴する赤いポピー

2014年に開戦100年が経過した今日も、最初の世界戦争の傷跡や戦地の風景は、私たちに語りかけ平和を希求します。 いまも毎日、戦没者を慰霊するイベントが行われる激戦地イーペルのメニン門に代表されるように、フランダースには第一次世界大戦を戦った世界各地の人々とつながりのある数多のモニュメントが残されています。 また、当時の様子を伝え残し、悲惨な戦争を繰り返さないよう次世代への教訓とするために、関連地域にミュージアムが新設されるなど、第一次世界大戦が開始100年(2014年)から終戦100年(2018年)にかけて、フランダース政府の一大プロジェクトとして多くの記念行事が計画されています。

ザ・グレート・ウォー100年 関連スポット
※(   )内は地名

イン・フランダース・フィールド・ミュージアム

イン・フランダース・フィールド・ミュージアム

イン・フランダース・フィールド・ミュージアム(イーペル)

戦いの翌年、戦場となった野に赤いポピーが一面咲いたことから、ポピーの花で哀悼するイーぺルの街。 大戦中、激戦地として悲しい歴史を味わったこの地に2012年6月オープンしたのがイン・フランダース・フィールド・ミュージアム。 様々な企画展が行われています。

タルボット邸(ポッペリンゲ)

イーペルと並び激戦地となったポぺリンゲ。 この地の富裕な醸造家カメリンクが戦時中、階級問わず平等に兵士が休養できる場所として自邸を提供しました。 当時の本、ピアノ、家具等が配された館は一般公開されているほか、宿泊も可能。
住所:43 Gasthuisstraat, Poperinge

タルボット邸

タルボット邸

パッシェンダーレ・メモリアル・ミュージアム1917(ゾンネベケ)

イーペル近郊のこの地では1917年英兵による侵攻で100日間に50万人が戦死しました。 軍隊による大量殺戮への非難と戒めとして、当時の様子を記録展示。 2015年8月24日〜12月15日:帝国の子供たち展

≪参照≫ ザ・グレート・ウォー100年イベントリスト(英語)

ページトップへ