観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

サイクリング・ルート〜オランダ編

■ アムステルダムでサイクリングを楽しむ

オランダ サイクリング ルート全長400kmの自転車道路が整備され、市民1人につき1.5台の自転車をもつアムステルダムは、世界で最も自転車にフレンドリーな首都。 旅行者がオランダで気軽にサイクリングを楽しむには、まずアムステルダムでレンタサイクルをし、主要観光地を回ったり、レンタルサイクル店が主催する市内および近郊の日帰りサイクリングツアーに参加するのがおすすめです。 料金は1日9ユーロから13ユーロ程度。
レンタサイクル店はアムステルダム中央駅にあるMac Bikeをはじめ、市内のあちこちにあります。 またYellow Bike社などではガイドと自転車レンタルを組み合わせたツアーがあり、各国の旅行者と一緒に観光を楽しめます。

アムステルダム 自転車 駅 駐輪場アムステルダムのレンタサイクル店リスト(英語)

なおレンタルサイクル店の自転車の大部分は旧式の一速自転車になります。 ブレーキは日本で見かけないバックペダル式(後ろに漕ぐことでブレーキがかかるもの)となりますが、これは簡単に慣れるできるでしょう。 ツーリスト・インフォメーションでアムステルダム自転車観光マップ(英語)を入手しましょう。 各ルート、修理店、立ち入り禁止区域など、サイクリングを開始する前に知っておくべき事項が網羅されています。

オランダ デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園 レンタサイクル 無料 ゴッホ■ 森林浴をしながら気軽に無料サイクリング

ゴッホの森として知られるデ・ホーヘ・フェルウェ国立公園の中に、誰でも無料で利用できる白い自転車が置かれています。 画家ゴッホのコレクションで有名なクレラー・ミュラー美術館や狩猟の館など園内の見どころをサイクリングしながら観光できます。 公園内の交差点にキノコのような形の道案内ポストが立っていて、方向や距離を教えてくれるので迷うことはありません。 街の喧騒を離れて1日ゆったりと過ごしてみましょう。

オランダ 球根 花畑 サイクリング■ 花畑をサイクリング

オランダといえばチューリップ。 チューリップをはじめとした春の球根花で人気のキューケンホフ公園内でレンタルサイクルを行っています。 周辺は球根栽培地帯、一面の花畑を眺めながら走ることができます。 5キロから25キロまでのサイクリングコースを掲載した地図付。 開園は春のみ(3月下旬から5月下旬の約2か月)となります。

■ 世界遺産キンデルダイクへ

オランダ キンデルダイク 風車 サイクリングユネスコの世界遺産であり、19基の風車がいまも残るキンデルダイク周辺を自転車で観光することができます。 最寄りの大きな都市はロッテルダムですが、ルートを取りやすいゴーダ(Gouda)からがおすすめ。 ゴーダからキンデルダイクまで片道約20kmのコースです。 ゴーダチーズで知られる町は中世の面影を残した可愛らしい古都。 4月初旬から9月初旬まで、毎週木曜日の午前中に伝統的なチーズマーケットが開催されています。

■ 自分でルートを見つける
英語になりますが www.holland-cycling.com では代表的なサイクリングコースのマップがPDFのほかGPS機器用にGPXファイルにてダウンロードできます。
観光案内所などでANWB(オランダ自動車協会)が発行しているサイクリングマップが手に入ります。エリアごとの詳細な道路地図とすすめの自転車ルートが掲載されています。

ページトップへ