観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

サイクリング・ルート〜フランダース編

ベルギーにもサイクリングに適した環境が揃っています。 各地にサイクリングルートが設けられ、ベルギー国鉄の主要駅17の駅で自転車やマウンテンバイクをレンタルできます。 サイクリング振興団体のプロ・ヴェロ社がブリュッセル発の様々なガイド・ツアーを実施。 レンタサイクル店では変速ギアの付いた自転車を借りることもできます。自転車に乗って、果樹園、森、牧草地帯を抜けて走り風光明媚な景色を楽しんでみませんか?

(c) J.J. Soenen

(c) J.J. Soenen

■ モデルルート(1) 気軽にブルージュからダムへ
一方通行など交通規制が多いブルージュでは自転車が便利。 街中の観光にもおすすめです。 ブルージュから8kmほどの町ダムは中世にはブルージュの外港として栄えたところ。 ブルージュからダムへ向かう運河沿いの道はのんびりサイクリングをするのにぴったりです。 ブルージュ〜ダムは船でも行き来できるので(所要35分、4月〜10月中旬)、往路はサイクリングで、復路は自転車を船に乗せてクルーズを楽しんでも。

自転車ルート案内板 (c) Westtoer

自転車ルート案内板 (c) Westtoer

■ モデルルート(2) ブリューゲル街道(ブリュッセル郊外)
ブリュッセルの南西10km〜30kmには、16世紀の画家ブリューゲルが愛したフランダースの原風景が広がっています。 特に秋の黄葉がきれいな地域。 ブリューゲルが描いたような景色や建物があり、作品の案内板とともに見られます。ルートは全長45kmと長めなので、「盲人の寓話」に描かれたシント・アナ・ペーデの教会、「絞首台のカササギ」に描かれたシント・ヘルトルディス・ペーデなどポイントを絞ってまわるのがおすすめ。

アントワープ市のレンタサイクル

アントワープ市のレンタサイクル

■ モデルルート(3)アントワープ
アントワープでは、7〜9月の週末に3時間で市内を回るサイクリングツアーがあります。 15名以上の団体の場合、上記期間外もツアーを予約できます。 またアントワープ市内各所にあるレンタサイクルで自転車を借りてまわるのもお勧め。 自転車なら、アントワープ南部のインテリアショップが立ち並ぶおしゃれなレオポルド・デ・ワールプラーツ周辺やザウド地区、また北部の新しいミュージアムMASへの移動も簡単です。

■ 自転車関連スポット:ロンド・ファン・フラーンデレン博物館

往年のレトロな自転車なども見られる

往年のレトロな自転車なども見られる

ブリュッセルから西70kmの町アウデナールデ(Oudenaarde)には、ロンド・ファン・フラーンデレンの博物館があります。 歴代のレース勝者を写真入りで紹介したパネルやレースシーンの映写室、石畳の道を自転車で走る疑似体験が出来る自転車などが展示されています。 ショップではオリジナルジャージや、プロチームのグッズも販売。 アウデナールデまではブリュッセル中央駅から直通列車で約50分。
施設名 Cetrum Ronde van Vlaanderen
ウェブ(英語) www.crvv.be/en/308-museum

ページトップへ