観光テーマオランダ、ベルギー・フランダース地方のみどころをテーマごとに紹介

自転車ロードレースが盛んなベルギー

ツールドフランダース ロンドヴァンフラーンデレン ベルギー ロードレースベルギーの自転車事情

生活のみならず、スポーツとしての自転車人気も高いベルギーは、起伏に富んだ地形を利用した自転車ロードレースが盛ん。 ツール・ド・フランスとジロ・デ・イタリアそれぞれ5回の優勝を含む525の大会で活躍した世界最高と謳われる自転車ロードレーサー、エディ・メルクスを筆頭に、現在活躍中のトム・ボーネンなど世界的に有名な選手を数多く輩出しています。

クラシックレースの最高峰

ロンド・ファン・フラーンデレン ツールドフランダース ベルギー1913年から行われている「ロンド・ファン・フラーンデレン(ツール・ド・フランダース)」は、欧州で最も伝統あるクラシックレースとしてロードレース・ファンにはおなじみの国際大会です。 1日で250kmを超える過酷なルートを走破することで知られ、その様子は毎年世界各国にテレビ中継されます。 ベルギー、北フランス、オランダで行われる自転車クラシックレースの中で一番初めに開催されるため、自転車シーズンに春を告げるレースとしても親しまれています。 2016年は4月3日(日)にレース開催。 前日、4月2日(土)にはロンド・ファン・フラーンデレン(ツール・ド・フランダース)のコースを走る一般参加者のレースが予定されています。

フランダース 旗 フラッグ フランドリエン
ミュール(Muur 壁の意)と呼ばれる、ときに20%を超える急こう配の石畳では毎年転倒者が出るなど、ハードなコースで知られています。 「フランドリエン」という名称はこのレースを戦う不屈のフランダース人の精神に敬意を表したものです。 現地ではたくさんの人が黄地に黒いライオンをあしらった旗をもってコース沿道で応援。 自転車競技はまさにベルギーの国民的スポーツです。

ページトップへ