Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

デザイン、教会、電車、船…ユニークなホテルに泊まってみよう

来春に向けてそろそろ旅行を計画されている方もいらっしゃるかもしれません。今月は、ベルギーでちょっと変わった体験をしたい、めずらしいホテルに泊まってみたいという方におすすめの宿泊施設をご紹介します。

アートっぽい、素敵な夢が見られそう

(c) La Mancha Studio – Joris Prikken

ブリュッセルとブルージュの間、どちらからも電車で30分のゲントという町にある、ちょっと変わったホステルKaBa(カバ)。低予算で泊まれるホステルスタイルですが、グラフィックデザインが斬新で、アートな気分にも浸れると人気上昇中です。シェアルームのほか個室もあるので、プライバシー重視の方も安心。ゲントの旧市街という便利な立地も魅力です。アート好きなら聖バーフ聖堂にあるベルギーの至宝「神秘の子羊」は見逃せません。そして、学生の町でもあるゲントはストリートアートが名物です。ゲントでストリートアートを楽しむガイド(英語)のチェックをお忘れなく。

キャンプ気分、でも雨の心配なし

(c) Eveline Van Vlaenderen

ゲントには、もうひとつ低予算で特別な体験ができるホステルTreck(トレック)があります。部屋はなんと、キャンピングカーやテント。しかもインドアなので悪天候の心配はいりません。それぞれのキャンピングカーは、禅、ジャングル、ハワイ、レトロ、ビーチ、キリンといったテーマでペイントされていて目にも鮮やか。近くのPatersholという中世の雰囲気を残した小路にはアートギャラリーや多国籍レストラン・カフェが集まり、カジュアルなご飯や刺激的な散歩が楽しめます。

 鉄道ミュージアムと合わせて体験

ベルギー鉄道の過去・現在・未来を紹介するミュージアムトレイン・ワールドは、ブリュッセルのスカールベーク駅(Schaerbeek)の駅舎の一部を利用しています。1913年当時のコンコースや券売ホールが残され、レトロな雰囲気がたっぷり。8,000平方メートルの館内に、ベルギー最古の機関車や1939年に世界最高速度を誇ったベルギーの蒸気機関車、王族専用車両、欧州大陸横断に使われた高速列車TEEなどが展示されています。世界各地の鉄道員の制服、駅舎や汽車の絵・写真などのコレクションも鉄道ファンに魅力です。

この鉄道博物館(トレインワールド)の隣にまさにぴったりの宿泊施設がオープンしました。通常のホテルタイプ、長期滞在用キッチン付の部屋、グループ旅行や節約旅行向けのシェアルームがあり、料金も1名25ユーロから、6人まで滞在できるリビングルーム付250ユーロまでと幅広い設定です。どの部屋も列車の客車や寝台車をイメージしたポップな内装で飾られています。鉄道ファンでなくても泊まってみたくなるユニークなTrain Hostelへようこそ。

中世の時代へ時間旅行


ベルギー最古の大学を擁するルーヴェン。歴史あるこの町では、その昔神聖ローマ皇帝 カルロス5世が滞在し、多くの人々が静養に訪れた歴史的な場所に泊まることができます。Martin’s Klooster(マーティン・クロースター)は風格ある修道院の建物を利用。歴史の重みとともに上流階級のエレガントさも味わえるチャーミングなホテルです。

ルーヴェンには「石のレース」と呼ばれる繊細な後期ゴシック様式で知られる市庁舎やミュージアムM、「世界一長いバー」と呼ばれるカフェが並ぶアウデマルクト、隣の醸造所ができたてのビールをパイプで提供するカフェDOMSなどがあります。ブリュッセルから鉄道で20分。静かな町なのでブリュッセルの観光拠点として泊まるのもおすすめ。


同じ系列のホテルで、メッヘレンにマーティンス・パーテルスホフという教会をリノベーションしたホテルもあります。歴史ある教会の雰囲気を残しつつ、おしゃれに生まれ変わった4つ星ホテルです。メッヘレンはルーヴェンとはまた違った雰囲気の可愛い古都で、ブリュッセル、アントワープそれぞれから30分と便利な立地。ルーヴェンの修道院ホテルと合わせて滞在するのもおすすめです。

 

水上のコテージで船長気分

(c) Homeboat

ベルギーの北海沿岸エリアには、のんびりとしたリゾートの風情があります。ブルージュからオステンド経由で約80分のニューポールト(Nieuwpoort)にあるHome Boat Loftで、あなたの船長になる夢がかないます。プライベート桟橋から渡ることのできる、モダンなインテリアの快適な船で1夜を楽しんでみませんか?海を眺めながらの休日は、心からゆったりとしたひとときが過ごせるでしょう。近隣のディクスムイデという歴史ある町の散策もおすすめです。観光地の喧騒を離れて1日、西フランダース州の水辺の町へ足を延ばしてみましょう。

このトピックの関連記事
ゲントの郵便局がヨーロピアン・シックなホテルに

ページトップへ