Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

3年に一度、猫好き必見、ベルギーの猫祭り

ベルギーで開催される世にも珍しいお祭りをご存じでしょうか?イーペル(Ieper)はベルギー西部にある人口4万人ほどの静かな町ですが、3年に1度、5月の第2日曜日になると猫たちに捧げられた「猫祭り(Kattenstoet )」が盛大に開かれます。街中に猫の仮装をした人々が溢れるこの日を目指して、各地から猫好き、お祭り好きの人たちがイーペルを訪れます。

(c) City of Ypres-Tijl Capoen

イーペルは、中世のころ、英国から輸入した羊毛を国内で加工し、高級な毛織物として輸出することで栄えた町です。ウールを扱う繊維業にとって猫は不可欠でした。貴重な羊毛製品を保管しておくため、イーペルの人々はネズミなどの害獣を退治する猫を保護し、大切にしていたそうです。

羊毛で織られた繊細なタペストリー (c) MechelenJan Smets

そんなイーペルでも一時、町の繊維協会の塔の上から猫を放り投げるという慣習がありました。はっきりとした理由はわかっていませんが、中世のころ、ヨーロッパ各地に広まった迷信のひとつとして、悪事をなす魔女と猫がセットで考えられていたためという説があります。一方で、大切にしていた猫たちが増えすぎてしまい、ペストなどの病気をもたらす危険があるという風説が高まって、仕方なく一部の猫が捨てられたのだという説もあります。

いずれにしても、イーペルの人たちにとって、猫は切っても切れない縁の深い動物。こうした歴史を記憶に留めるため、本物の猫の代わりにぬいぐるみを繊維会館の上から投げるという形に変えて、平和と友好を願うお祭りとして1938年に猫祭りをスタートしました。

(c) Stad Ieper, Tijl Capoen

当初は子供たちがパレードする小さなお祭りでしたが、1955年から大きなパレードが開催されます。イーペルは第一次世界大戦で激戦地となった場所。戦争の傷跡から立ち直るという意味もあり、当時の市長や町の有力者が猫祭りを華やかなパレードに仕立てることに賛成しました。町の人たちがひとつのプロジェクトに向けて力を合わせることで、地域のきずなを深めてきました。いまでは愉快で楽しい『猫の町イーペル』は世界中に知られるようになりました。

マルクト広場 右奥に繊維会館 (c) Westtoer

猫祭りの中心となる「パレード」は、お祭り当日の午後3時頃からスタート。猫の仮装を中心に、魔女の扮装や中世の衣装を身にまとった数千人の市民が参加します。なかには世界各地の猫のキャラクターが登場するなど、猫尽くしの微笑ましい演出が続きます。

パレードのフィナーレを飾るのは、6mにもなる巨大な猫の人形です。CIEPER(シーペル)と呼ばれる頭に王冠を授けられた猫の王様と、白色の猫の女王様が登場します。お祭りの最後に、鐘楼の上から猫のぬいぐるみが投げられます。マルクト広場で待ち構える大勢の人の中から、見事、人形を手に入れることができた人には、大きな幸運が訪れると言われています。毎回、たいへんな争奪戦となります。

(c) Stad Ieper, Tijl Capoen

第45回 イーペルの猫祭り

日程:2018年5月13日
イベント公式ウェブ(英語) www.kattenstoet.be

イーペルへのアクセス:
ベルギーの首都ブリュッセル中央駅からイーペル(Ieper)駅までは、ポッペリンゲ(Poperinge)行きのIC(Intercity)に乗車し、約1時間45分

観覧方法

パレードが通行する道路わきなど、路上での観覧は無料です。
また、ゆっくり見たい方の為に見晴らしの良い中心部に特別観覧席(有料)が作られます。有料席(16~22€)は事前予約制となっていて、オンライン購入が可能。詳しくはは下記のイベント公式HP(英語)をご覧ください。2018年1月中旬より販売が始まっています。
http://www.kattenstoet.be/en/page/494/tickets.html

日本発おすすめツアー

猫祭りの見学はもちろん、ベルギービールや食文化に造詣の深い作家/写真家・相原恭子さんの同行で、ビール醸造所を見学したり、教会をリノベーションしたホテルに泊まる、往復直行便利用のツアーがあります。
https://www.hollandflanders.jp/tour/12067/

ページトップへ