Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

盛夏を彩るブリュッセルのフラワーカーペット

ベルギーの首都ブリュッセルには、世界で一番美しい広場といわれる≪グランプラス≫があります。1998年に世界遺産に登録されたこの素晴らしい広場で、2年に1度(偶数年)、夏に開催されるのが「ブリュッセルのフラワーカーペット」です。

2018年8月16日から8月19日にかけて、夏休みの旅行のハイライトを飾るにふさわしいこの華やかなイベントが開催されます。

(c) VISITBRUSSELS M.Vanhulst

フラワーカーペットの大きさはおよそ75mx24m、面積は1800平方メートルです。フラワーカーペットを作るために1平方メートルあたり300、合計60万ものベゴニアの花が使われます。生産農家など100名が早朝から花を敷き詰め始め、なんとたった4時間ほどで美しい模様のカーペットを仕上げていきます。

ギルドハウスなど15世紀に歴史をさかのぼる中世の歴史モニュメントに囲まれたグランプラスに、突然あらわれる生花を使った色鮮やかなカーペット。

その素晴らしいコントラストを一目見ようと世界中の観光客が訪れます。広場をめぐり、無料で楽しむこともできますが、イベント期間中に有料で開放される市庁舎のバルコニーから眺めると、全体がよく見渡せ、上から写真に収めることができるのでお勧めです。ライトアップされる夜も美しいので、ぜひ昼と夜に訪れてみてください。

(c) GastonBatistini

フラワーカーペット豆知識

1950年代にゲントの園芸学校の卒業生Etienne Stautemasがはじめたフラワーカーペットは、ベルギー各地で披露されながら、現在の洗練された形になりました。ブリュッセルでフラワーカーペットが初めて開催されたのは1971年。1986年以降は、2年に1度開催されています。

知る人ぞ知るベルギーは、ベゴニアの世界最大の産地です。フラワーカーペットにも使われるベゴニアは、ゲント周辺で年間6000万株が栽培され、世界で栽培されるベゴニアの80%を占めると言われています。

フラワーカーペットは毎回テーマがあり、それに合わせたデザイン画が作られます。音楽にもテーマがあり、夜になるとコンサートと音と光のショーが行われます。前回2016年の開催では、日本・ベルギー友好150周年を記念して、日本のデザイナーが「花鳥風月」をテーマに素晴らしい絵柄をデザインしました。2018年はどんなテーマになるのでしょうか。

ブリュッセルのフラワーカーペット 前回開催は日本の花鳥風月がテーマ ©Wim Vanmaele

2016年は日本の花鳥風月がテーマ ©Wim Vanmaele

過去のフラワーカーペットの画像はこちらのページでご覧いただけます。

ブリュッセルのフラワーカーペット
公式HP(英語):www.flowercarpet.be
日程: 2018年8月16日~19日
場所:グランプラス、ブリュッセル

このトピックの関連記事
● 春のラーケン王宮の温室の開園
● フランダースで季節の花を楽しもう
● 2018年ベルギーフランダースのイベントカレンダー

ページトップへ