Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ゴッホの故郷 オランダを旅する

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh 1853-1890)はオランダが生んだ後期印象派の画家です。本格的な画家として活動したのは約10年と短いものの、油彩画と素描画それぞれ1,000点以上を描き、そのアーティスト魂や生き様から『炎の画家』『魂の画家』などと呼ばれます。

オランダには、ゴッホの世界2大コレクションがあり、生まれ育った南部に、ゆかりの場所が残されています。ゴッホの故郷オランダで画家の人生と作品を訪ねてみませんか?

ゴッホと出会う場所 ゴッホ美術館
Van Gogh Museum

Van Gogh Museum, Amsterdam (Vincent van Gogh Foundation)

世界最大のゴッホの絵画コレクションを収蔵するゴッホ美術館は、素晴らしい傑作ばかりでなく、ゴッホの手紙からの抜粋や、音声で再現したゴッホの言葉などを通して、訪問者をフィンセント・ファン・ゴッホの人生の旅へと誘います。

常設展で「ひまわり」「アーモンドの花咲く枝」や複数の「自画像」といった傑作の数々をご覧ください。 さらに毎年、お楽しみの企画展を開催しています。

ゴッホ美術館のチケットは現在、オンラインでのみ販売しています。各時間の販売枚数に制限があるので、希望の日時に入場するため事前購入をおすすめしています。開館時間及びチケット購入 については、ゴッホ美術館の公式ウェブ(日本語)をご覧ください。

● 春の企画展『ゴッホと日本』2018年3月23日~6月24日
● 秋の企画展『ゴーギャンとマルチニーク島のラヴァル』2018年10月5日~2019年1月13日

季節ごとの魅力あふれる クレラー・ミュラー美術館
Kroller Muller Museum

Vincent van Gogh, Bridge at Arles (Pont de Langlois), mid March 1888

クレラー・ミュラー美術館は、約90点の油絵、180点以上の素描画といった、ゴッホ美術館に次ぐ世界2番目のゴッホ作品コレクションを収蔵しています。ファン・ゴッホ・ギャラリーでは 、様々な時代のゴッホ作品40点が展示されています。さらに、モネ、スラー、ピカソ、モンドリアンといった同時代の画家の絵画も堪能することができます。

欧州最大級の彫刻庭園では、彫刻アートと共に、国立公園という立地ならではの豊かな自然が楽しめます。アリスティド・マイヨール、ジャン・デュビュッフェ、マルタ・パン、ピエール・ユイグといった近現代のアーティストの素晴らしい作品60点を鑑賞しながら散策できます。

レイチェルとジュンが、クレラー・ミュラー美術館を始めた訪れたときの様子を動画でご紹介。彼らが観たかったもの、感動したものは?発見の旅の中で、どのような体験をしたのでしょうか?ぜひご覧ください。

クレラー・ミュラー美術館からのお願い
日本人観光客の方へアンケートを実施しています。詳しくはこちらのページをクリックしてご覧ください。ご協力頂けましたら幸いです。

クレラー・ミュラー美術館 公式HP

画家ゴッホは、オランダ南部のブラバント出身

画家フィンセント・ファン・ゴッホのルーツは、オランダ南部のブラバント地方にあります。彼はここで、生まれ育ち、「馬鈴薯を食べる人々」という名で知られる初期の傑作を描きました。またここで、農地、田園、シンプルな生活といったものへの愛情を育みました。後にアントワープ、パリ、アルル、サン・レミ、オーヴェル・シュル・オワーズなどの外国で生活し、作品を描くときも、故郷ブラバントで培った情熱が、芸術家としてのゴッホを生涯支え続けたのです。

● ズンデルト Zundert
画家が生まれた地。記念館「ファン・ゴッホ・ハウス」(日本語オーディオガイドあり)はゴッホファンならば必ず訪れたい場所。ゴッホの父の教会や兄の墓などのゆかりの地をめぐるガイドツアーがあります。

● エッテン・ルーア Etten-Leur
ゴッホが最初にアトリエを構えたのがエッテン・ルーアです。ファン・ゴッホ教会や歴史地区を案内するガイドツアーがあります。ゴッホの魂を感じよう。

● ヌエネン Nuenen
ゴッホは普通の人を目指していたのですが、画業を磨き、絵画の巨匠となるになる場所。ミュージアム「フィンセンター」(日本語オーディオガイドあり)を訪れたり、絵を描いた場所やゴッホゆかりの地、21か所点在、まるで屋外ミュージアムです。ダン・ロースガールデがデザインしたゴッホの名画「星月夜」をイメージしたサイクリング道が郊外にあります。

≪ゴッホの親愛なる仲間たち Van Gogh’s Intimate Circle≫

2019年秋は特別展が予定されています。ゴッホの人生と作品に大きな影響を与えた人々に焦点をあてた企画展「ゴッホの親愛なる仲間たち」が、ゴッホの故郷ブラバントにある北ブラバント博物館で、2019年9月21日より2020年1月12日まで開催されます。ゴッホが自身の人生に深くかかわった人々を描いた肖像画を中心に、オランダで初公開の作品などが展示される貴重な機会となります。

ゴッホの故郷については、日本語で情報をまとめたウェブ「ゴッホのブラバント地方」www.vangoghbrabant.com もあわせてご覧ください。

ページトップへ