Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

オランダ 夏を楽しむイベント2018

オランダで夏に開催されるイベントから、おすすめをピックアップ!

●夏のパレード

ウェストランドの水上花パレード Varend Corso Westland

日程:2018年8月3日~5日

花の国オランダでも珍しい、水上で行われる花パレードです。毎年8月の第1週末に開催されます。数十艘のボートが、カラフルな花で飾り付けられ、水上を流れていきます。3日間で、50万人以上の観客がやってくる人気の花パレード。開催地のウェストランドは、温室栽培などでたくさんの野菜が作られている地域でもあり、花と一緒に野菜が飾られた独創的なデザインのボートが登場します。ナールトウェイク、マーススライス、 ハーグ 、デルフトなどを航行。旅行者は、ハーグやデルフトが見やすいでしょう。マーケットやライブ演奏もあり、お祭り気分を盛り上げます。

ウェストランドの水上花パレード

独創的なボートの飾りつけ

ティールの収穫祭 Fruit parade Tiel

日程:2018年9月15日~17日

フルーツで作る山車で知られるティールという小さな町のお祭り。通常の山車によるパレードが行われるのは9月15日。以降、2日間は山車の展示があります。その他、夜のパレード、子供たちのパレード、フルーツで作るモザイク画など様々な趣向を凝らしています。ティールまでは、ユトレヒトからバスで40分。ミッフィーの故郷ユトレヒトから、ちょっと足が延ばして出かけてみたい。

ティール フルーツのパレード 無形文化遺産 オランダ

ティールの収穫祭(フルーツパレード)

その他の夏の花パレード

リヒテンフォールデ(Lichtenvoorde)やラインスブルグ(Rijnsburg)などで夏の花を使ったパレードが行われます。

リヒテンフォールデの花パレード

ラインスブルグ 夏の花パレード オランダ

ラインズブルグの花のパレード

なかでも注目は、ゴッホの生誕地ズンデルトで開催される花パレード。オランダの花パレードの中で最大!周辺は夏を代表する花、ダリアの一大生産地。そんな土地柄を活かし、新鮮で色鮮やかな花をたくさん使った巨大な山車が登場します。有料ですが観覧席も設置され、ゆっくり観ることができます。ズンデルトや近隣のヌエネンでは、ゴッホゆかりの場所をめぐることもできるので、お祭りだけでなく、観光もしっかりと満喫できます。

ズンデルトの花パレード公式ウェブ(観覧席予約、英語)

日程:2018年9月2日

ズンデルトの花パレード

● ノース・シー・ジャズ・フェスティバル

日程:2018年7月13日~15日

オランダで最も有名なジャズイベントが、さわやかな風渡る港町ロッテルダムで開催されます。会場となるアホイ・ロッテルダムの15のステージで、1000人を超えるアーティストたちが熱演を繰り広げます。ジャズの祭典といっても、伝統的なニュー・オリンズ・ジャズから、スィング、ボップ、フリージャズ、フュージョン、ブルース、ゴスペル、ファンク、ソウル、R&B、ヒップ・ホップなど、幅広いジャンルの音楽が演奏され、誰でも気軽に楽しめるプログラムとなっています。伝説的なジャズ奏者はもちろん、ジャズの未来を担う新しい才能をぜひ目撃してください。
イベント公式ウェブ(プログラムなど、英語)

● 運河フェスティバル(アムステルダム)

アムステルダムで、10日間で150以上のコンサートが行われる夏のハイライトとなるイベント。クラシック音楽が中ですが、国内外のトップミュージシャンが参加しながらも、敷居が低く設定されていて、市民に広く親しまれています。なんといっても会場がユニークで、個人の住宅や庭、ルーフテラス、クルーズシップの上、カナルハウス、地下鉄のトンネル、ホテルのスイートルームなどあらゆる場所が開放されます。無料のコンサートも多く、有料のものも手頃な料金となっています。

日程:2018年8月10日~19日

メインイベントは、プリンセン運河の水上コンサート。名門ホテル・ピューリッツァーに面した運河上の舞台で開催されるクラシックコンサートで、運河沿いの道路や橋、そして地元に人は船でかけつけ、みなで演奏を楽しみます。こちらも無料ですから、日程が合えばぜひ行ってみたいもの。

イベント公式ウェブ(プログラムなど、英語)

このトピックの関連記事
オランダ北海のリゾート スヘフェニンゲン200年
ゴッホの故郷 オランダを旅する
エッシャー生誕120年 故郷レーワルデンでの回顧展とエッシャー・ミュージアム

ページトップへ