Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ベルギーでブリューゲル没後450年を祝おう


2018年~2020年、ベルギー・フランダースでは「フランダースの巨匠たち」と題して、ベルギー・フランダースから生まれた絵画の巨匠と現代に続くその影響を探るイベントが行われています。

来年は、ピーテル・ブリューゲル(父)にフォーカスした数々のイベントを開催します。2019年は、ブリューゲルの没後450年という記念の年です。画家が活躍したアントワープとブリュッセルを中心に、ブリューゲルをめぐる旅をしてみませんか?

ブリュッセルでブリューゲルを体験

ブリューゲルが結婚し、出世、活躍したのがブリュッセルです。作品や縁の場所で記念イベントが開催されます。

● ベルギー王立美術館(ブリュッセル)
ベルギー王立美術館の古典部門で「ベツレヘムの戸籍調査」「叛逆天使の墜落」などのピーテル・ブリューゲル(父)の傑作があります。また父の作品を模写したり、独自の才能を開花させ画家として活躍した息子たちの作品も集められたブリューゲル・ルームは必見です。

《特別展》目に見えない傑作

ブリューゲル作品世界をバーチャルに体験できる「目に見えない傑作展(Unseen Masters)」が開催中です。細かい部分まで細密に描かれたブリューゲルの絵を、超高解像のデジタル画像で投影することにより、肉眼で見る以上の細部を体感することができます。まるでブリューゲルの絵の中に入ったかのよう。

● ブリューゲル時代の城門を訪ねて(ブリュッセル)

ブリューゲルは当時の下町、マロール地区に住んでいました。この地区にあるノートルダム・デュ・ラ・シャペル教会にブリューゲルが眠っています。教会の敷地にブリューゲルの銅像が、内部の小さなチャペルに埋葬されたことを記すプレートが残っています。

《特別展》16世紀ブリューゲルの時代を体験
BACK TO BRUEGEL,  EXPERIENCE THE 16TH CENTURY
会場:ハルの門 Hallepoort
会期:2019年6月22日~2020年6月21日

ハルの門は、当時の建築として唯一現存するブリュッセルの城門。内部は、ベルギー王立軍事歴史博物館となっています。特別展の期間はVRにてブリューゲルの世界が体験できるようになります。ブリュッセルの町が一望できる城門の上から町を見下ろすと、ブリューゲルの時代のブリュッセルの街並が再現されます。VRゴーグルをつけて今と昔を同時に体感します。

ハルの門

● その他のブリュッセルでの特別展

白黒のブリューゲルの世界
THE WORLD OF BRUEGEL IN BLACK AND WHITE
会場:シャルル・ド・ロレーヌ宮 Palace Charles of Lorraine(ブリュッセル)
会期:2019年10月15日~2020年2月16日

ブリューゲル年を記念して、ベルギー王立図書館に所蔵されているブリューゲルなどの版画を特別に公開します。ブリューゲルの時代には、版画作品は額に入れて飾られていたのではなく、壁に立てかけたり机に置いたりして、気軽に家族や友人と楽しまれていました。本展では、ベルギー王立図書館所蔵の作品をブリューゲルの時代と同じ形で展示します。会場はベルギー王立美術館に隣接したシャルル・ド・ロレーヌ宮。18世紀の美しい宮殿の建物もぜひご覧ください。

ブリューゲルの版画展が開催されるシャルル・ド・ロレーヌ宮

シャルル・ド・ロレーヌ宮

べルナルド・ヴァン・オルレイ:ブリュッセルとルネサンス
BERNARD VAN ORLEY: THE ROAD TO BRUEGEL
会場:BOZAR(ブリュッセル)
会期:2019年2月20日~5月26日

当時ブリュッセルで最大のアトリエを持ち、16世紀初頭の芸術の礎を作ったベルナルド・ヴァン・オルレイ の企画展です。オーストリアのマルガレータやハンガリーのマリーの宮廷に仕え、同時代のデュラーやラファエロとも交流があったとされています。

ブリューゲル時代の版画制作
PRINTMAKING IN THE AGE OF BRUEGEL
会場:BOZAR(ブリュッセル)
会期:2019年2月20日~5月26日

現代は様々なメディアでブリューゲルの作品に触れることができますが、16世紀では、作品を広めることができる最も効果的な手段は版画でした。ブリューゲルも、その名と作品が知られるよう、自身の作品を印刷しました。本展では、ブリューゲルの時代の南ネーデルランドにおける版画制作を紹介します。新聞から政治のプロパガンダまで、様々な視覚コミュニケーションに使われた版画全てが、芸術作品とされたわけではありませんが、ブリューゲル時代の版画の繁栄には、素晴らしい職人技と大胆な企業家精神が重要な役割を果たしたのです。

ブリューゲルがみた風を訪ねて

ブリューゲル街道

ブリュッセル郊外にあるパヨッテンランドという地方に、ブリューゲルが描いたフランダースの原風景が広がっています。実際に絵を描いたとされる場所をつないだルートが、ブリューゲル街道と呼ばれ、徒歩、自転車などでめぐることができます。ブリューゲル街道について、詳しくはこちらをご覧ください。

ブリューゲル街道ビジターズセンター
ブリューゲル街道にある「シント・アナ・ペーデ教会」のなかにビジターセンターが2019年4月上旬に開館予定

ブリューゲルの目:風景の再構築
BRUEGEL’S EYE: RECONSTRUCTING THE LANDSCAPE
会期:2019年4月7日~10月31日
ブリューゲル街道にブリューゲルの作品にインスピレーションを受けて作られた現代アートが設置されます

ブリューゲル街道:ブリューゲルが描いたシント・アナ・ペーデの教会

愚の饗宴:ブリューゲル再発見
FEAST OF FOOLS: BRUEGEL REDISCOVERED
会場:ガースベーク城(ブリューゲル街道の一部、ブリュッセル郊外)
会期:2019年4月7日~7月28日「

ブリューゲルに魅せられ、影響を受けた20世紀のアーティストの絵画、音楽、文学などの作品を集めた企画展が、歴史あるお城で開催されます。風刺的なユーモア、隠れたメッセージ、農村の賛美といったブリューゲルの作品にみられる気風を再発見しましょう。ガースベーク城の庭園からは、ブリューゲルの描いたとされるフランダースの原風景が広がっています。

ガースベーク城からの眺め

ガースベーク城からの眺め

画家初期に活躍したアントワープへ

ブリューゲルは画家としての修行や初期の画用をアントワープで行いました。貴重な作品やゆかりのミュージアムを訪れることができます。

● マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館(アントワープ)
かつての邸宅の中に、個人のコレクションを中心に14~16世紀の彫像、銀器、陶器など幅広い芸術品を収蔵するミュージアム。ブリューゲルの貴重な傑作2点、「12の諺」「狂女フリート(現在修復中。2019年、展示予定)」を展示します。

マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館の「狂女フリート」と「12の諺」

ブリューゲルの農民の風景を探して

ベルギー東部の野外博物館に、ブリューゲルの絵に描かれたような農民の家が保存されています。緑豊かなエリアにぜひ足をのばしてみて下さい。ブリュッセル中央駅からベルギー鉄道ICで約90分。

● ボクレイク野外博物館
100年以上前のベルギー・フランダース地方の農村を再現した野外博物館。博物館の創設者はブリューゲルの絵に対して、深い思い入れを持っていました。ブリューゲルの絵を研究し、その絵に描かれた農家を再現したエリアがあります。牧歌的な風景は、まさにブリューゲルの世界。馬車で広い園内を移動することができます。

《特別イベント》
ブリューゲルの世界
THE WORLD OF BRUEGEL
会期:2019年4月6日~10月20日
当時の農民の生活道具と現代の道具を並べ展示したり、ブリューゲルの絵をモデルにした家の展示説明、巨大な納屋を使ってのブリューゲルの絵のプロジェクション(納屋に入った人は絵の中に入ったような体験が可能)、劇団によるパフォーマンスなど様々なイベントが開催されます。

ブリューゲルが描いたような農村の風景が見られるボクレイク野外博物館 (c) Bokrijk

ブリューゲルが描いたような農村の風景が見られるボクレイク野外博物館 (c) Bokrijk

ブリューゲルが描いたような農家が見られる (c) Bokrijk

*上記の日程、情報は2018年10月現在のもので、変更になる可能性があります。

ページトップへ