Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

画家レンブラントの故郷ライデン

来年、2019年はレンブラント没後350年。オランダでは年間を通じて、記念イベントが開催されます。

レンブラント没後350年 記念イベント

オランダの黄金時代、17世紀に活躍した画家レンブラント・ファン・ラインが生まれ育った町はライデン(Leiden)。オランダ独立のきっかけとなった歴史ある町で、国内最古の大学があり、実は日本とも縁が深いライデンは、アムステルダムやスキポール空港から電車で約30分と旅の拠点としてもおすすめ。レンブラント年に訪ねる画家の故郷のおすすめスポットをご紹介します。

オランダ黄金時代の繁栄を享受したライデンは、運河沿いに美しい街並が広がっています。運河めぐりのボートは屋根のないタイプなのでお天気を選びますが、水面を渡る風が気持ち良いのでおすすめ。

ライデン駅の改札を出てバスターミナルを横切れば、旧市街は目の前。最初の運河を渡る橋の左手に、デ・ファルク風車博物館があり、かつて製粉などに活躍したライデンの風車での生活を覗くことができます。

1606年、画家レンブラントはライデンの製粉業者の息子として生まれました。14歳でラテン学校から大学へ飛び級進学が認められたほどの秀才でしたが、大学へは進まず画家を志します。地元の画家ヤコブ・ファン・スワーネンブルフに師事し、めきめきと頭角を現したレンブラントは、当時オランダで最も有名な歴史絵画家ピーテル・ラストマンの住むアムステルダムで半年ほど学んだあと、ライデンにもどり最初のアトリエを構えます。1631年に本格的にアムステルダムへ移るまで、故郷で絵画制作に励みました。ライデンの旧市街には、レンブラントの足跡がいくつかあり、徒歩でめぐることができます。

レンブラントは人物研究のため晩年までたくさんの自画像を描いた

レンブラントの生家は残っていませんが、生家のあった場所(Weddesteeg)にプレートがあり、その前にレンブラントを記念した広場があります。修行中の若いころの画家をイメージした彫像が置かれています。

広場の奥には運河が広がり、可愛らしい跳ね橋があります。レンブラントもこのような風景を見ていたに違いありません。

広場から見て跳ね橋の左手に、可愛らしい風車があります。レンブラントの父親が建てた風車は残っていませんが、この風車と同じような場所に建っていたといわれています。

Lokhorststraat通りとSchoolsteeg通りが交わる角に、レンブラントが通ったラテン学校の建物が残っています。当時、授業もテストもラテン語で行われていたラテン学校には、法律家などになる出世コースを目指す優秀な子供たちが通いました。

旧市街の門のひとつに1645年建造のドゥ―レン・ゲートDoelen Gateがあります。門上に模られたドラゴンを退治する聖ゲオルギオスの像は、ライデンの自警団の聖人です。17世紀、オランダの都市部には、健康な男性市民で構成される町を守るための自警団がありました。レンブラントのお父さんも自警団に加盟していたことが記録に残っています。

2018年、レンブラントの一生を7分の映像で体験できる「ヤング・レンブラント・スタジオ Young Rembrandt Studio」がLangebrug通りにオープンしました。無料なのでぜひ立ち寄ってみましょう。1619年、レンブラントは、1歳違いでライデンに生まれ同じく画家を志した友人ヤン・リーフェンスと共にこの建物をアトリエとしていた画家スワーネンブルフの元で、初めて本格的な絵画制作に取り組みました。

ラーケンハル市立博物館Lakenhal Museumは、1640年というまさにレンブラントの時代に建てられた繊維会館の建物を利用したライデン市の博物館です。アート、工芸、歴史と市ゆかりの幅広いコレクションがありますが、レンブラントを始め、ヤン・ステーンやレンブラントが師事した画家作品なども多数所蔵しています。

ラーケンハル市立博物館は現在改装工事中。レンブラント没後350年を迎える、2019年春にリニューアルオープンする予定です。レンブラント記念年の特別展「 若き日のレンブラント Young Rembrandt」が2019年11月3日~2020年2月9日に予定されています。本展では、博物館所蔵のレンブラントの初期作品に加え、約400年の時を経て、絵画40点、版画120点、素描20点が、世界各地から画家の故郷に戻って来ます。師であったスワーネンブルフ、ラストマン、共に学んだリーフェンスの作品も展示されます。

ライデン市立ラーケンハル美術館

ライデンの魅力やレンブラント以外の見どころについて、こちらのページでご紹介しています。あわせてご覧ください。

ページトップへ