Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ガーデンとアートでリラックス、オランダ、ハーグ郊外のフォーリンデン美術館

オランダの第3の都市ハーグの観光といえば、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」など黄金時代の傑作が観られるマウリッツハウス美術館や、モンドリアンの遺作「ビクトリーブギウギ」で知られるハーグ市立美術館、だまし絵のM.C.エッシャーに捧げられたエッシャー美術館、360度広がる巨大な風景画1点のみを公開するパノラマ・メスタグといった魅力的なミュージアムが集まっています。

さらにもうひとつ、アート好きな方に足を延ばしてほしい新しいスポットが、オランダの有名なアートコレクター、ヨープ・ファン・カルデンボルフ氏が50年かけて収集した約5000点のアート(主にコンテンポラリーアート)を展示するフォーリンデン美術館です。

フォーリンデン美術館のあるハーグ郊外のワッセナー地区は、グリーンシティと呼ばれるハーグを支える緑地のなかにあり、オランダ王室の居城も含まれる高級住宅地です。美術館とその周辺も広々としてリラックスできます。

オランダのフォーリンデン美術館の外観

フォーリンデン美術館 Photo by Pietro Savorelli

ハイライトとなる作品には、金沢21世紀美術館でも観られるレアンドロ・エルリッヒの傑作「スイミングプール」、ジェームズ・タレルの「スカイスペース」、ロン・ミュエクの「パラソルの下のカップル」、奈良美智さんの「犬、Screen Memoryより」などがあります。

フォーリンデン美術館所蔵レアンドロ・エルリッヒのスイミングプール

常設展示 Leandro Erlich’s Swimming Pool (2016) Museum Voorlinden Photo by Antoine van Kaam

常設展示以外にも、コレクションから様々な現代アートの作品が、企画展の形で展示されています。2019年9月22日までは、日本の草間彌生さんの特別展が開催されています。

自然に溶け込むよう、低く設計された建物はところどころガラス張りで、周囲の豊かな自然を感じることができます。初代館長は、アムステルダム国立美術館で館長を務めたウィム・パイベス氏。大きな構想のもと、新しい美術館が誕生したことが伺われます。

 

フォーリンデン美術館の常設展示リチャード・セラの作品

常設展示 Richard Serra’s Open Ended (2007-2008) Museum Voorlinden, Photo by Antoine van Kaam

フォーリンデン美術館の展示風景

館内の展示風景(2018年秋)

多くの国際的な賞を受賞し、オランダ他、ガーデニングの本場英国やアメリカのニューヨークで活躍しているオランダで最も旬で有名なガーデン&ランドスケープデザイナー、ピート・オウドルフさんが、フォーリンデン美術館のためにクラシックな庭園を造りました。

オープン初年度は1年草を中心に植えられ、カラフルな花の波が芝生や草の緑と近い高さで調和し、風通しのよい庭が誕生しました。2年目以降は、多年草を新たに植え込み、四季を通じて楽しめる工夫がされています。建物の中と外、どちらにいても穏やかな自然を楽しむことができます。

フォーリンデン美術館の庭園

世界で活躍するピート・オウドルフによる庭園、周囲の自然と穏やかに調和しています

オランダのフォーリンデン美術館の庭園

美術館の隣にあるクリンゲンの森(Clingenbosch)には、ヘンリー・ムーアやソル・ルウィットなどの60点を超える彫刻が屋外に展示されています。気候のよい5月から10月の毎週木曜日(午後3時~6時)に、ガイドツアーでのみ入ることができます。

フォーリンデン美術館のカフェレストラン

レンガ造りの邸宅カフェ・レストラン

敷地内には、モダンなミュージアムとは対照的なレンガ造りのクラシックな邸宅があり、美術館を利用しなくても、ゆったりとくつろげるカフェレストランになっています。素敵なカフェで過ごす時間もおすすめです。さらに時間がある方は、敷地から続く自然散策路で散歩を楽しむこともできます。

フォーリンデン美術館 Museum Voorlinden
住所 Buurtweg 90, Wassenaar
開館 毎日11~17時
ハーグ中央駅からタクシーで15分~20分。
バス利用の場合、43番または44番で8駅のWassenaar, Wittenburgerwegで下車、徒歩15~20分。
公式ウェブ(英語) http://www.voorlinden.nl/?lang=en
あわせて読みたい記事
ページトップへ