Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

花の王国オランダで花摘み体験

アムステルダムで1月に開催されるチューリップの日

アムステルダムで1月に開催されるチューリップの日

オランダは、チューリップやヒヤシンスといった球根花を筆頭に、たくさんの季節の花を育てています。通常、花畑や農園は大切に作物を育てている場所なので、一般の人の入場は禁止されていますが、なかには農園を解放して、花を摘み採れるようにしている場所があります。チューリップが盛りを迎える春だけでなく、夏のおわりまで、花の国オランダで、花摘みを体験してみませんか?

花摘みのイメージ

● アナミークの花摘みガーデン
Annemieke’s Pluktuin
オーガニック栽培の花畑で花摘みを体験!ここで育てられた花は、アムステルダム、ユトレヒト、ハーレムのオーガニックマーケットでも販売されています。場所はヒレゴムHillegomという町。最寄りの町はハーレムHaarlemで、ハーレム駅から直通のバス50番で20分のバス停Hillegom, Bethlehemlaan下車。アムステルダムからでも、ハーレムを経由して片道1時間ほどです。

春の開園:3月~5月初旬、毎日 午前9時~午後4時30分
メインは温室となりますが、開花状況により外の花畑でチューリップなど春の花摘みが体験できます。

夏の開園:7月~9月、木・金・土 午前9時~午後4時30分
夏の花摘み体験ができます。摘み取った花はブーケにして持ち帰ることもできます。

スタウテンブルグの花摘みガーデン
Pluktuin Stoutenburg in de Vrolijke Mortier
5月以降はティーハウスが営業し、素朴なアフタヌーンティーも楽しめます(要予約)。最寄りの町はアメルスフォールト Amersfoort。オランダ東部の人気観光スポット、クレラー・ミュラー美術館や国立公園デ・ホーヘ・フェルウェとの組み合わせもおすすめです。

アメルスフォールト駅からHoevelaken駅まで各駅列車で6分。Hoevelaken駅から徒歩20分です。またはアメルスフォールト駅からタクシーで15分ほど。アムステルダムからは片道1時間半ほどになります。
咲いている花などナチュラルなガーデンの写真はこちらのページで見られます。

春の開園:4月中旬~5月中旬、木曜日~土曜日 午前10時30分~午後5時
チューリップの摘み取りができます。
夏の開園:7月~9月頃、木曜日~土曜日 午前10時30分~午後5時
ダリア、キンギョソウ、スイートピー、ヤグルマギク、ヒャクニチソウなどの夏の花を摘み取って、ブーケにできます。料金は摘み取った花の量によります。

ゾメルブルーメン花摘みガーデン Zomerblomen Pluktuin
70年以上、花を育てている農園です。摘んだ花でブーケなどのアレンジメントをするワークショップや、自家製エルダーベリーを使ったアフタヌーンティーが楽しめます。最寄りの町はアムステルダムの南にあるアムステルフェーンAmstelveen。アムステルフェーンのバスターミナルから、149番のバスで約15分のバス停 Nes a/d Amstel, Nessersluis下車、徒歩5分。

開園:水曜日~日曜日 午前10時~午後5時 ※通年開園していますが、花の時期は4月~9月

ケアファーム・デ・バイテンホフ Zorgboerderij De Buytenhof
リンゴ、イチゴ、ハーブ、花など様々なものを栽培する農園。ロッテルダムの郊外にあります。花を摘んでブーケにする花摘み体験は、5月末から夏まで。ファームショップ(火曜日の午後、水曜日~土曜日の午前9時~午後5時)では、地産のリンゴ、洋ナシ、オーガニック野菜、自家製ジャム、はちみつ、ジュースなどを販売。カフェではハイティーやファーマーズランチを提供しています。秋冬はクローズ。

ここは知的障がいや精神的な問題を抱えた人達が、安全に安心して土と触れ合える「ケアファーム」にもなっています。寄付やボランティアも受け入れている、多様な機能をもった農園です。ロッテルダムの地下鉄Rhoon駅から、バス602番に乗り、バス停Rivierweg下車、徒歩15分。

オランダ南部ポピーの花畑

オランダ南部 初夏を彩るポピーなどが咲く


以上にご紹介した農園・庭園の開園期間は、その年の花の開花時期によります。

オランダの花屋とフローリスト

明るくてカラフルなブーケが多いオランダのフローリスト

このトピックの関連記事
世界一美しい春の庭園 キューケンホフ
● アムステルダムの秘密の花園 オープンガーデンデイズ
ガラスの宮殿 ラーケン王宮の温室を見に行こう

ページトップへ