Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ベルギー最大のチョコレートスポット「チョコレートの国ミュージアム」誕生

アントワープに、新しいアトラクション「チョコレートの国ミュージアム」が誕生しました。4,000㎡のエリアすべてが、ベルギーの一大産業であるチョコレートに捧げられています。1月中旬のオープンから2か月半で入場者数25,000人を超える、ベルギーでいま話題のスポットです。

チョコレートの展示と試食だけでなく、オリジナルのビーントゥバーのチョコレートを作っていたり、チョコレートを使ったメニューをレストランで食べられたり、ショコラティエと一緒にチョコレート作りが楽しめる、チョコレート尽くしのスポットです。

アントワープのチョコレートネーション

(c) Chocolate Nation

ミュージアム

14のテーマの部屋で、カカオ豆を育てるところからチョコレートができるまでの様子を展示しています。チョコレート作りのデモンストレーションもあります。

チョコレートの歴史、伝統、ブランド、種類、最新のテクノロジーなど、ベルギーがチョコレートの国となった秘密もここで学べます。カカオの香りに長い時間包まれた後は、もちろん美味しいチョコレートの試食が待っています。

アントワープのチョコレートネーション内観

(c) Chocolate Nation

アントワープのチョコレートネーション

(c) Chocolate Nation

ワークショップ

熟練のショコラティエが指導するチョコレート作りのワークショップに参加できます。高級なプラリネから、チョコレートキャンディ、シンプルなメダル型チョコレートなど、さまざまなチョコレートの作り方を学び、一緒に味わう体験が楽しめます。

アントワープのチョコレートネーション

(c) Chocolate Nation

オリジナル・チョコレート

有名なピエール・マルコリーニの右腕として14年間チョコレートに情熱を捧げ、バリー・カレボー社の最新作ルビー・チョコレートの開発担当をつとめたパトリック・オブリオン(Patrick Aubrion)が、「チョコレートの国ミュージアム」のマスター・ショコラティエに就任しています。

アントワープのチョコレートネーション

(c)Chocolate Nation

ここで作られるホームメード・チョコレートもマスター・ショコラティエ監修のもと、ビーントゥバーで作られています。館内のレストラン「オクターブ」のランチで、チョコレートを使った独創的なメニューを味わうことができます。ディナーは本格的なグルメ向けです。

アントワープは、ベルギーで最初のチョコレート工場ができた歴史ある町。アントワープ港はいまも世界最大のカカオ豆の物流拠点になっています。そんな町だからこそ、チョコレートの世界にどっぷりと浸ってみたいものです。

チョコレートの国ミュージアム(ベルギー、アントワープ)
公式ウェブ www.chocolatenation.be
開館 午前10時30分~午後9時 ※最終入館は7時30分まで
料金 一般 16.50ユーロ
(英語オーディオガイドとチョコレート試食つき)
住所 Koningin Astridplein 7, 2018 Antwerp
アントワープ中央駅の北側、徒歩4分

あわせて読みたい記事

ベルギーでチョコレート体験 2019.01.17

ページトップへ