Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

エッシャー美術館:M.C.エッシャーの世界を体験しよう

オランダ第3の都市ハーグにあるオランダ王室エマ王太后の冬の宮殿が、グラフィックアーティスト M.C. エッシャーの美術館になっています。

皆さんはすでにM.C.エッシャーのことをご存じかもしれません。錯覚のマスターと呼ばれるエッシャーは世界に広く知られて、たくさんのファンもいます。エッシャーの作品には、最初に見た時に感じる楽しさや遊び心以上のものがあります。アーティストの故郷オランダで、エッシャーの世界を体験してみませんか?

オランダハーグのエッシャー美術館所蔵鳥と魚

鳥と魚 Birds and Fish: 2 motifs, M.C.Escher (1898-1972); © The M.C. Escher Company BV, Baarn

M.C.エッシャーは、数学と自然という2つの世界を、誰も見たことのない方法で結びつけました。例えば、魚と鳥を組み合わせて、美しいテッセレーション(平面充填)を作り出しました。もう少し緩やかな形としては、以下にご覧いただける作品のように、お互いの手を描く2つの手によって永遠を表現しました。この作品でエッシャーは、2次元と3次元の世界を同時に描いているのです。

オランダハーグのエッシャー美術館所蔵作品描く手

描く手 Drawing Hands: Drawing Hands, 1948, litho, M.C.Escher (1898-1972); © The M.C. Escher Company BV, Baarn

エッシャー美術館で初期の作品を観てみると明らかなのが、自然がエッシャーにとって常に創造の源だったことです。本物の冒険者エッシャーは、若い頃イタリアの荒々しい自然を旅しました。春から夏にかけての旅で体験した自然が、寒くなり旅ができなくなった秋と冬に行った版画制作に、大きなインスピレーションを与えました。後にエッシャーは、《3つの世界》に代表される、美しい自然をモチーフにしたコンポジションを生み出しています。こうした作品から、数学的な目の錯覚を狙った遊び心があふれる絵や、エッシャーを世界的に有名にしたテッセレーション(平面充填)が生まれたのです。

オランダのエッシャー美術館は、王室の宮殿だった美しい建物の中で、エッシャーの初期から代表作にいたるまで、その変遷と素晴らしいアートワークを体験できる必見のミュージアムです。

オランダハーグエッシャー美術館所蔵作品3つの世界

3つの世界 3 worlds: Three Worlds, 1955, lithograph, M.C.Escher (1898-1972); © The M.C. Escher Company BV, Baarn

エッシャー美術館 Escher in het Paleis
開館:火曜日~日曜日・祝日 午前11時~午後5時(12月24日と12月31日は午後4時閉館)
休館:祝日以外の月曜日、1月1日、12月25日
入館料:一般 10ユーロ
住所:Lange Voorhout 74, 2514 EH The Hague
アクセス:ハーグ中央駅からはトラム15番・16番利用。Korte Voorhout下車。
ウェブ(日本語)www.escherinhetpaleis.nl

ページトップへ