Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

アントワープ 夏から秋にかけてのおすすめイベント

ベルギー第2の都市 ファッションとアートに彩られたアントワープで開催される夏から秋にかけてのイベントをご紹介します。

アントワープ市庁舎 (c) Antwerp Tourism & Congres

● 王立芸術アカデミーのファッションショー

アントワープ王立アカデミーの卒業イベント

(c) Antwerpen Toerisme & Congres

アントワープ王立芸術アカデミーでは、ファッション科の生徒の卒業作品の発表を兼ねたファッションショーを毎年公開で行っています。
卒業できるのは10人程度といわれるファッション科で厳しいレッスンをこなし、独創性を育んできた生徒たちの作品は素晴らしく、ファッション好きな方もそうでない方も、観ていて思わず称賛してしまうレベルの高さです。会場には素晴らしいグラン・デフィレの雰囲気があり、毎回ヨーロッパ各地から6,000人の観客が集まるファッションの祭典として盛り上がります。

アントワープ王立アカデミーの卒業イベント

(c) Antwerpen Toerisme & Congres

ファッション好きやデザイナーだけでなく、未来の金の卵を探すファッション業界の人や、スタイリングエイジェンシー、文化人、報道関係者などもやってきます。とはいえ、一般の方も気軽にチケットを買って、観覧できる敷居の低さがあります。アントワープ・シックスなど著名デザイナーを生み出したアントワープで、ファッションショー観覧デビューしてみませんか?

王立アカデミー・ファッション科のあるMOMU (c) MoMu Antwerp Stany Dederen

2019年6月7日(金)、6月8日(土)
公式ウェブ(英語) antwerp-fashion.be
※上記ウェブでオンラインチケットを販売

● ビール・パッション・ウィークエンド

アントワープを観光しながら、ベルギーの誇るビール文化に触れられる好評のイベントです。町の中心グルーンプラーツ広場に、ベルギー各地から醸造所が集まり、約200種類のビールが並びます。新しいビールの開発に熱心な醸造家が多く参加するため、今年もたくさんの新作が並ぶ予定です。醸造家自らブースに立って説明してくれる気安さ、楽しいライブ演奏、見て回るのにちょうどよいスタンドの数といった点から、旅行者でも短時間で楽しめるビールフェスティバルです。

ビール・パッション・ウィークエンド (c) bierpassion.com

2019年6月28日(金)午後5時 スタート
2019年6月29日(土)午後1時~深夜0時
2019年6月30日(日)午前11時~午後8時
公式ウェブ(英語)www.bierpassieweekend.be

● ルーベンスマーケット

アントワープの守護聖人である聖母マリアが天に召されたことを記念するキリスト教の祭日「聖母被昇天祭」に合わせて、毎年8月15日に開催されるユニークなお祭りでは、アントワープを代表するもうひとつの大事なアイコン、17世紀の画家ルーベンスの時代を再現します。聖母大聖堂が見下ろすグルーンプラーツ広場で、ルーベンスの時代の衣装に身を包んだ人たちがマーケットを開催します。

アントワープのルーベンスマーケット

(c) Visit Antwerp

(c) Visit Antwerp

開催日:2019年8月15日
会場:グルーンプラーツ広場

●「フーケからブリューゲルへ」展 From Fouquet to Bruegel

ピーテル・ブリューゲル(父)の傑作「悪女フリート」を所蔵するマイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館で、ブリューゲル没後450年と「悪女フリート」が美術館のコレクションに加わって125年を迎えることを記念して、特別展が開催されます。

マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館所蔵のブリューゲル作「悪女フリート」

修復を終えて、マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館に戻ってきた「悪女フリート」 foto Ans Brys

特別展「フーケからブリューゲルへ」では、ブリューゲルの「悪女フリート」、15世紀のフランス画家ジャン・フーケの「聖母子」、15世紀のフランドル画家ロヒール・ファン・デル・ウェイデン、ヘラルト・ダヴィトなどの作品が展示されます。
アントワープ王立美術館は現在、10年以上にわたる長期改修工事に入っているので、その所蔵作品が観られる貴重な機会でもあります。

フーケ作「聖母子」

マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館は、19世紀末の貴族マイヤー・ヴァン・デン・ベルグのコレクションを展示する小さいながら珠玉のアートが観られる美術館です。
ハイライトはブリューゲルの「悪女フリート」と「12の諺」ですが、ほかにもブリューゲルがアントワープで名声を広めることとなった版画約30点を所蔵しています。凝った装飾の建物や13世紀から19世紀にわたる絵画、彫像、陶器、ステンドグラス、タペストリーなど芸術的価値の高いコレクションが観られます。

会期:2019年10月5日~2020年12月31日
会場:マイヤー・ヴァン・デン・ベルグ美術館
公式ウェブ(英語)www.museummayervandenbergh.be

ページトップへ