Markt毎月1回最新の観光ニュースや日本でのイベント、メディア情報などをお知らせ

ブルゴーニュ公国の栄光を伝えるグルートフーズ博物館

ベルギーのブルージュにある「グルートフーズ博物館」が2019年5月25日、約5年の大改装工事を終えてリニューアルオープンしました。

ブルージュのグルートフーズミュージアム

グルートフーズミュージアムの中庭から建物を望む (c) Stad Brugge

グルートフーズ博物館は、ブルージュがヨーロッパの交易の中心として繁栄した中世の時代に作られた建物を利用し、当時のタペストリー、レース、銀製品、木彫刻といった手工芸品を中心に、ひとつひとつにストーリーがあって、歴史を物語る文物を展示したユニークな博物館です。旧市街そのものが世界遺産となっているブルージュの、最盛期から現代までの歴史を伝える貴重なモニュメントでもあります。

博物館の建物は、中世のビール醸造に欠かせないグルートという配合されたハーブを専売したグルートフーズ一族の所有でした。一族のなかで最も繁栄を極めた人物が、ブルゴーニュ公国の宮廷にも出入りした貴族ローデワイク・ファン・グルートフーズ卿でした。グルートフーズ卿は、この街の中心にある自邸に私財を費やし、今日残る美しい館へと改装を行いました。

19世紀末にはブルージュ出身の建築家でアントワープ中央駅の設計で知られるルイ・デラサンセリが、グルートフーズ家の館をネオゴシックスタイルの博物館へと改築しました。

グルートフーズミュージアムの礼拝室

聖母教会を望む家族用の礼拝部屋 (c) Jan D’Hondt

グルートフーズ博物館には、ブルゴーニュ公国時代から現代にいたるまでの600の作品が、時代ごとに展示されています。こうしたコレクションに加えて、美しい床や螺旋階段などのインテリアにも見どころが多く、そのハイライトと言えるのが、ブルージュ最大の教会「聖母教会」を望む、グルートフーズの家族のためだけに作られた礼拝部屋です。教会へつながる通路が作られたことに、当時の一族の勢いを感じます。

展示品は、地図の銅版、印鑑、ステンドグラス、装飾が施された手稿、タイル、楽器、硬貨、家具、食器、靴、衣類、宝飾品、タペストリー、絵画、彫像、彫刻など多岐にわたります。純粋なアートだけでなく、手工芸が好きな方におすすめのミュージアムです。

グルートフーズミュージアムの天井彫刻

(c) Jan D’Hondt

グルートフーズミュージアムの窓

(c) Jan D’Hondt

ブルージュは14世紀から15世紀にかけて、交易の中心として、またブルゴーニュ公国の首都として繁栄しました。北ヨーロッパと南ヨーロッパをつなぐ町には、ポルトガル、イタリアのヴェネチアやフィレンツェ、英国、ドイツなど欧州各地から商人たちが集い、豊かな文化がもたらされました。文化の興隆と共に、貴族や芸術家の集う町へと発展。市内にはいくつもの館が作られるようになりました。そのひとつがグルートフーズ邸です。

グルートフーズ博物館 Gruuthusemuseum
入館料 一般12ユーロ
開館 火曜日~日曜日 午前9時30分~午後5時、
休館 月曜日、12月25日
住所 Dijver 17C, Brugge
ウェブ(英語) www.museabrugge.be/en/visit-our-museums/our-museums-and-monuments/gruuthusemuseum

ブルージュが富み栄え、一族が栄えたのと同じ時代に、不世出の画家ファン・エイクがこの町で活躍しました。ブルゴーニュ公国を治めたフィリップ3世がパトロンとなり、ファン・エイクはフランドル派の最高傑作のひとつ祭壇画「神秘の子羊」をはじめ素晴らしい作品を世に残しています。
ブルージュにあるグルーニング美術館 Groeningemuseum ではファン・エイクの作品や初期フランドル派の作品を観ることができます。遥か遠いブルゴーニュ公国の時代に思いを馳せてみませんか?

ブルージュのヤン・ファンエイク広場

(c) Jan D’Hondt

 

ページトップへ